2013年01月31日

【スノボー】13.01.27 今シーズン初滑り @ いいづなリゾート

F-03 です。

数少ない、スノボーレポートです。
今回も前年同様、夜行バスによる日帰りツアーを利用。
例の如く単独行ですが、現地でハング同期と合流。



■今回の動き

先ずは今シーズン初なので慣らし。怪我には十二分に気を付けつつ、ゆっくり滑走し、徐々に感覚を戻します。

久々と言うこともあってか、序盤は足に負担をかける滑り方をしていたらしくかなり激痛。感覚的には疲労骨折でも起こすかというほど。
が、何とか午後からは慣れてきた様で、違和感無く滑られるように。



■スキー場の内容





主に「E」コースを中心に滑走。と言うか、このスキー場だとボーダーが満足に滑れるコースはここしかありませんでした。
基本的に画像左側の「B・Cコース」はコブばかりなので、中央の「Fコース」や右側の「Eコース」がボーダーや通常滑走のコース。





右上の「Aコース」は未圧雪コースなので、熟練者ならなんとか滑れる感じ。






利用客は全体的に少なめ。
昼時になっても混雑する様な感じではないので、割とノビノビ滑ることが出来ました。





ちなみにこの日、昼食後にトイレからボードを取りに行く間のものの5分でゴーグルを置き忘れ。
直ぐに探しに戻るも既にものは無く、その後頻繁に忘れ物チェックに行くも結局見つからず。
購入価格自体はそれほど高くはないものの、結構厳選したものだったので地味に痛い。



次回は2/16の夜発、「会津高原だいくらスキー場」を予約してます。  

Posted by F-03 at 23:01Comments(1)スノボー

2013年01月26日

【ゲームレポ】13.01.26 それでもやはり強かった @ DSK定例会

F-03 です。

昨晩の飲み会がつつがなく終わったので、DSK定例会へ行ってきました。



■今回の戦友■

・haruna勢









■全体の流れ■

-人数-

体感、200人前後でしょうか。土曜の冬なのに、やはり集まりますね。
ちなみに今回は「鬼の馬一勢」は来てない模様。


-展開-

ゲーム内容はいつも通りのフラッグ戦多め+攻防戦一往復。

両軍共に出足は遅め。鬼の常連一団「馬の一族」は今回不在だったため、「仕様」とはならず。
が、なんだかんだで赤軍(チーム配分時道路側)が強くなる傾向のようで、全体的に赤軍の押し気味。この辺りは両軍における「DSK慣れ」の人数比による差と思われます。





■個人的な動き■

メインアームは「G3A3」。ストーナーは準備時間不足のため持参出来ず。

いつもながらの開幕特攻ですが、今回は「馬の一族」が不在のため日曜定例会のような犬死は無くそれなりのKILLには成功。
が、ここで昔患っていた持病「敵がいないとどこまでも突っ走る病」が再発、単騎敵陣へ突入してしまい、自ら四面楚歌状態となるばかり。中には最前線にたどり着いた時に味方が遥か60m以上後方だったことも・・・。


本日参加された方と観戦場で話しましたが、とかくDSKは「声を出して前進を煽る人」が必要とのこと。
「馬の方」然り、今日の私の後半然り、声を出し続けて前線の状況や前進を煽る声がないと、全体としてはまとまりませんね。
それを証拠に、「馬の人」が開始早々に死亡したゲームについては見事に動きが止まっております(馬さんが早々に死ぬこと自体があまり見ないけど)。





・通常戦(ハイサイ死亡、開幕KILL付)







次回の出撃ですが、現時点では未定です。
さ、これからスノボだ。  

2013年01月21日

【ゲームレポ】13.01.20 立ち回りの変化 @ SPF定例会(第一F)

F-03 です。

SPF定例会へ行ってきました。二連戦です。第一Fで遊ぶのは数えてピッタリ半年ぶりです。



■今回の戦友■

・いつもの相棒達+御相席の方







■全体の流れ■

-人数-

概ね20人超。なんだかんだでそれなりに集まるのがSPF定例会の不思議なところ。



-展開-

開始時は青軍に所属するものの、早々に二連戦してしまいすぐさまスタッフより転籍の依頼。なんだか昨日と同じだねぇ。
その後はそれなりに均衡したようで、勝敗は概ね五分。若干赤軍の方が押し気味か。

展開としては、基本的には下界での撃ち合いがメインとなり、登山部隊はごく少数。
足元が雪と泥にまみれているせいか展開速度は比較的遅めで、特に山岳部隊は足元の状況をモロに受け微速。


人数と足元の環境のせいか、全体としては比較的穏やかにゲームが進行。





■個人的な動き■

メインアームはSPF定番の「M14」。今回も当然の如く山岳部。

足元が非常に不安定だったため、M14を担いでの登山にいつも以上に四苦八苦。そのため今回は味方との連携を重視したり、先手を取られていることを見越して厳戒態勢を取りながらとそれぞれ微速で前進。らしくないです。
が、こういう時に限ってもんじゃヒルでの交戦はあまり無く、どちかと言うと登山途中で対空砲火に倒れたり敵陣側で撃ち合うことが多かったです。ぁぁ、マーフィーの法則がこんなところで発動するなんて・・・。





・通常戦(内容は結構間延びしてます)







・ハンドガン戦 モーゼルM712が今回も活躍。







次回の出撃ですが、現時点では未定です。  

2013年01月19日

【ゲームレポ】13.01.19 当たりデー @ OPS定例会(無制限)

F-03 です。

昨晩予定されていた飲み会に参加出来なかったので、OPS定例会へ行ってきました。



■今回の戦友■

・ご相席の方。





・SASの残党 ミヤライさん





今回ピンでの参加でしたが、行けば誰かしら知り合いはいるもんですね。





■全体の流れ■

-人数-

概ね60人前後。ほぼ最適な人数と言えるでしょう。



-ゲーム内容-

午前=純正フラッグ戦・復活付フラッグ戦
午後=キルカウント戦・ポリタンク戦

通常運転でした。
まともなフラッグ戦が少なく、お楽しみの特殊ルールもさほど人気の無いものが固定・・・。



-展開-

基本的には赤軍(午前は自軍)の圧倒。午前は6戦中5戦が赤軍の勝利、1戦は押し気味のタイムアップ。
午後もタイムアップと赤軍の勝利が半々と言ったところです。


全ゲーム通して、赤軍が開幕を集団で坂の上を早々に制圧し、そのままなだれ込むような感じ。ただいつもと違うのは、その速攻をかける集団が各々別の所属の方ばかり。
つまりチーム全体が概ね一体となって団体で行動し、しかも各自戦況を報告しあい、タイミングを合わせて前進する・・・という見事な連携。素晴らしい。

対する黄軍(午後は自軍)についても、午前は赤の猛攻に引き篭もり状態でしたが午後は何人かで坂の上へ進出。制圧するまではいかないものの、午前の赤軍のようにそれぞれ連携しあいなんとかしよう、と言う行動が見えました。


全体を通して、非常にメリハリのあるゲーム展開だったのではないかな、と。
無制限戦であるにも関わらず、通常の無制限戦のような弾幕ゲーでは無くセミやバースト撃ちでの撃ち合いが多く、さほど膠着はせずに戦局が動くことが多かったですね。





■個人的な動き■

メインアームは、午前が「P90」・午後が「G3A3」。相変わらずP90の多マグが愛のハンマーナックルをしないと動きません。
今回は久々に全ゲームを真面目にプレイ。が、個人戦績ではパッとせず。

チームとしては、午前は赤軍での素晴らしい上がりっぷり・連携っぷりに乗じて行動し、おかげで連戦連勝。

そして午後は黄軍へ転向。(元々は今日は移動する気はさらさら無かったのですが、スタッフからの依頼なのでさすがに受諾)。
赤軍ほどではないものの黄軍も前進しだしたのでそれに合わせて自分も前進し、程好く連携。


参加人数が適正ということもあるでしょうが、全体的にノリが良くて前に出てくれる方がかなり多かったように思えます。今日は「当たりの日」でしたね。
今回のような方々ばかりであれば、通常の定例会も非常に楽しいんですが。



それにしても、中央ブッシュはスカスカ。
今回ピン参加だったので潜伏するためにP90を持参したのですが、丸見えなようで遠くから撃たれる事多数。このままではP90が要らない子になってしまう・・・。





・ハンドガン戦 (本戦の動画は、いつもにも増して見所が無いので割愛)







さて。
明日、SPF-1にて会いましょう。  

Posted by F-03 at 20:51Comments(3)ゲームレポ OPS

2013年01月14日

【ゲームレポ】13.01.13 最前線LMG @ DSK定例会(日)

F-03 です。

あまりにOPSが通常のフラッグ戦をやらなさ過ぎるので、DSKへ行ってきました。



■今回の戦友■

・某、相棒 @ 色々なアレにうなだれるの図。





■全体の流れ■

-人数-

運営曰く、全260人超。仮に全員が会員だったとしても売上高は65万超ということですね。
ちなみに今回は2チームにて運営。これだけいれば3チームでも良かったかもしれませんが、ゲーム数が少なくなることを考えるとどっちもどっち・・・と言ったところでしょうか。



-ゲーム内容-

午前=純正フラッグ戦・セミ戦
午後=純正フラッグ戦・攻防戦・キルカウント戦

安心のフラッグ戦重視。ゲーム間の休憩時間も程よく、参加者人数を考慮するとペースとしては良好。



-展開-

定番の「常連組による開幕速攻型蹂躙劇」。この仕組みは最早DSK定例会の「仕様」と考えるのが吉。

遠征組(当日で言う黄軍)も若干名は開幕突撃するものの、如何せん人数と連携の質が違いすぎる。恐らく常連組は押さえるべきポイントを全て押さえているでしょうし。

それが良く分かるのがこの日のハンドガン戦。
開幕で突撃しなかったばかりに、あっという間にフラッグ周辺全てを囲まれリスキルの嵐。リスポン位置に100名以上の人が固まっている姿は壮観。


唯一と言えば、攻防戦で一矢報いたことか。
息抜きゲームとは言え、過去最速のフラッグダウン(スタッフ談)が出来たことは素直に嬉しいですね。フラッグを落とされた方、マジナイスです。





■個人的な動き■

メインアームは「ストーナーMk23」。
支援宜しく「相手の出鼻を挫き友軍の前進を援護」するつもりでバラ撒いたのですが、先述の通り常連組の猛攻によりさほど活躍できず。





常連組常勝となっている「仕様」の原因ですが、一番の原因は馬の人率いる「チーム刹那の残党」による猛攻。
この方々を軸に開幕から展開され、ポイントを先に複数押さえつつ敵軍の様子を観察、その情報を味方へ共有し進軍を促す・・・と言った流れ。

そのため、先ずはこの「刹那軍」を何とかしなければ話にならないわけですね。
今回は同志が少なかったのでしょうがありませんが、次回は知り合い一派をなんとか引き連れて「仕様」を打破したいですね。





■その他■

-安全意識の問題-

某氏の報告による、休憩時間内における「セーフティ内の天空撃ち」・「トリガー指かけ」の他、私自身にて銃の「セーフティかけ忘れ」も見掛けました。
十中八九は、「これくらい大丈夫でしょ?」と言う安全意識の低認識か、そもそも安全意識が欠落しているかのどちらか。

明らかにセーフティ内では人口密度が高いので軽い対人衝突なんかはいつ発生してもおかしくない状況。
こんな状況下で、もし対人衝突と上記三点のいずれかがタイミング良く合わさってしまったら・・・後は推して知るべし。



-受付の並列化-

これだけの人数が集まっているにも関わらず、受け付けの処理は一人ずつ行われている状態。
せっかくスタッフも大勢いるので、「会員」と「一般」の二列にして受付をすれば迅速に処理できると思うのですが。





なお、今回の反省会は「調布食肉センター」でした。やはり良質なたんぱく質は体力と筋力の超回復には必須ですね。ウマウマ。

次回の出撃ですが、20日(日)のSPF-1定例会は確定しております。久々に登r・・・って、来週だと今日の雪が残ってるんじゃねーの?。  

2013年01月14日

【イベントレポ】13.01.12 NFR主催貸切 @ IBF八王子

F-03 です。

昨年の忘年会での酒の話から出た、IBF貸切ゲームを実施しました。



■今回の戦友■




今回はテストプレイ的な要素もあったので、告知を控えめにして人数を絞りました。





■全体の流れ■

-人数-

写真の通り、計8人。
もう少し増えるかと思いましたが、どうやらブログの告知だけでは全く集まらないようです。



-展開-

ルールは「センターフラッグ押し込み戦」・「タイムアタック型殲滅戦」・「潜伏型攻防戦」が中心。
戦力比は概ね五分。モスカートがダークホースで超強力なことが判明。ありゃぁおっかねぇよ。

午前が手前のBフィールドを使用。こちらは全体的に明るく見通しもいいのでほどよい感じ。
大して午後は奥側のAフィールドを使用。こちらは午前のBフィールドとうって変わって、全体的に非常に暗く構造もかなり入り組んでおり、非常に遭遇戦に陥りやすい。
おかげで午後はモスカート祭りとなり、あまりに強力だったので後半はモスカート禁止令が出されるほど。出会い頭のモスカートは心臓にも悪い。




>・モスカート被弾集








■個人的な動き■

メインアームは、午前が「モーゼルM712」、午後は「M29-8インチ」。この時期ガスガンはやはり固定がなんとか稼動出来る・・・と言ったところ。

今回はFFを避けるため味方との連動を心掛けました(前回のIBFより復習)。
そのため、非常におとなしい動きとなっております。










こうして遊んでみたところ、IBFの最適な人数は片面で10人前後ですね。全面なら単純に倍の20人。
これ以上多くなると、おそらく前が詰まったり膠着したりして展開が進まないことでしょう。

意外にインドアでも盛り上がったので、密かに定例化しようか、との声もあります。
もし次にやるとしたら、早くて春先。きっと恐らく梅雨の時期での実施が濃厚ですね。  

Posted by F-03 at 01:53Comments(3)貸切レポ

2013年01月07日

【ゲームレポ】13.01.06 OPS定例会 続:弾上がり不調

F-03 です。

携帯を紛失、フィールドへ置きっ放しにしたかもしれなかったので、とりあえずOPS定例会に参戦しました。三連戦です



~今回の戦友~

・haruna 勢
・Mojya 勢

(共に撮り忘れにより、割愛)





~全体の流れ~

~人数~

ざっくり70人程度でしょうか。昨日の無制限からは若干少ないですが、300発制限でと考えるとやはり多め。



~ゲーム内容~

午前=純正フラッグ戦・復活付フラッグ戦・セミ戦
午後=キルカウント戦・ポリタンク攻防戦・メディック戦


最近ゲームの内容がワンパターンで何の工夫もありません。無制限戦と弾数制限戦でゲーム内容が同じとか・・・絶句。



~展開~

昨日と変わって、概ね赤軍(敵軍)が優勢。
戦い方は昨日と同様、haruna勢が無線を使いながら連携を取るも、相手の方が上手な様子。

途中赤軍(敵軍)から数名移動黄軍(自軍)へ移ってくるが、押されている状況に変わりは無し。なんたる屈辱か。





~個人的な動き~

メインアームは「G3A3」。が、これも昨日と同様調子が微妙。
今回はノマグを3本持参するものの、どれも弾上がりが不安定。300発制限なので多マグは今回持参せず。

そのため、昨日と同様必要以上にトリガーハッピーで弾が出るのを信じるのみ。叩いても変化がない分P90よりタチが悪い。
しかも、最終ゲームのメディック戦直前にシリコンオイルを塗布することで2/3は改善。が、そう言う時に回ってくるメディック役。





本日の動画はコチラ。純正フラッグ戦より。調子良く上がっていくが先にFGされる。







次回の出撃ですが、12日(土)はWegenerと共同運営のIBF貸し切り。
翌13日(日)は久々にDSKへの出撃を目論んでます。  

Posted by F-03 at 21:39Comments(4)ゲームレポ OPS

2013年01月06日

【ゲームレポ】13.01.05 OPS定例会 通常運転、再稼動

F-03 です。

新年初のOPS定例会に参戦しました。二連戦です。



~今回の戦友~



・いつものOPSピン 勢



・haruna 勢

(諸事情により、割愛)

・どこかで見たSAS残党 別働隊 勢





~全体の流れ~

~人数~

ざっくり90人弱でしょう。予想よりは少なかったような印象



~ゲーム内容~

午前=純正フラッグ戦・復活付フラッグ戦・セミ戦
午後=キルカウント戦・ポリタンク攻防戦・キルカウント戦



~展開~

全体的には終始黄軍(自軍)が優勢。
知り合い一派が無線を使いながら各自連携を取り、常に戦況をみて臨機応変に対応。
途中で何名か赤軍(敵軍)に移った様で、以降勝ち星は頻繁には上がらなくなり、若干押されることもありましたが、蓋を明けてみれば結局黄軍(自軍)が勝っていた・・・なんて状態。





~個人的な動き~

メインアームは昨日に引き続き、「G36K」と「ストーナー Mk23」。
が、G36Kについては調子が悪化。弾速が低下かつ初速幅にバラつきが見られ、更に多段マグの弾上がりも不調。
リコイルもあるもんだから、もはや弾が正常に飛んでいるのかが完全に不明。なので、G36K使用時は必要以上に連射しまくりました。もはや相手の反応からしか判断出来んわ。





相変わらずまともなフラッグ戦・復活無しのゲームが少ないこともあり、概ねはストーナー Mk23で出撃。
昨日と違い、定例会ならストーナでもそこそこヒットが取れたり。やはり熟練度の差?


そしてハンドガン戦。
相変わらずBoysで何故か「フルオート禁止」令。何故?つくづく冷遇されてます。もっとも今回は敵軍からの要望だったのでしょうがないのですが。

しょうがないので、とりあえずフラッグを取ってきました。久々の裏取りです。







次回の出撃ですが、明日6日(日)のOPS-300発- へ出撃する予定です。   

Posted by F-03 at 01:03Comments(2)ゲームレポ OPS

2013年01月06日

【イベントレポ】13.01.04 ファントム貸切 @ OPS

明けましておめでとう御座います。F-03 です。

新年一発目のゲームは、チームファントム主催のOPS貸切ゲームでした。




~今回の戦友~

・SAS残党の素晴らしき有象無象 勢







~全体の流れ~

~人数~

ざっくり30人前後。詳細は以下

・PHANTOM
・SAS-Core
・Baby seals + Osprey
・富士支部+多摩支部 +富士支部(熊本勢)
・レッドショルダー
・その他へっぽこピン 勢


概ね、チームのメンツは以下の通り
黄軍=PHANTOM・富士支部+多摩支部
赤軍=Baby seals + Osprey・レッドショルダー



~展開~

基本的には五分。
黄軍「ファントム連合」はチームの特性通り、開幕はゆっくり、中盤からじっくりスタイル。
対する赤軍「Babyseals連合」はリーダーウメさんとレッドショルダーなど速攻アタッカー組がいるため、序盤から終始速度のある展開を見せる。

特に赤軍のレッドショルダーとウメさんのアタッカー勢が非常に強力。
マグロ氏の違h・・・いい感じに調整された銃とアタッカー勢の勢いにファントム勢は若干押され気味。
序盤は防戦を強いられ、アタッカーが片付いてからor逆側からのカウンターなどで対抗、と言ったところ。





~個人的な動き~

メインアームは、午前が「G36K」、午後は「ストーナー Mk23」

午前はG36Kが若干不調ながらもそれなりに撃破が取れたりFG出来たりとまぁまぁ。
が、午後のストーナー使用から一変、全くヒットが取れず。何故?

あとは半数が開幕で即死、半数が開幕後ブッシュに潜んで後は芋るなど、行動としても酷いもの。
昨年の忘年会ゲームもそうだけど、やはりSAS勢は強力と言ういい証明ですね。



・FGの様子(熊本の人付)







さて。
スミさんがまた面白そうなことを企んでいるようです。OPSの土日は現状2月までは埋っているので、多分やるとしたら3月になるでしょう。

きっと、<なにごともなかったように>実施されるでしょうから、そうならない様要チェックですね。  

Posted by F-03 at 00:16Comments(2)貸切レポ