2014年09月09日

【フィールドレビュー】ラム・ラム Ver1.0

F-03 です。
一介のゲーマー視点による、サバゲーフィールドの個人的レビューです。

各項目毎に「」「」「」の三段階でざっくり評価。
その他に特記事項と個人的印象を記載しております。





■フィールド情報

名称=ラム・ラム(Airsoft GameStudio lamb-lamb)

所在地=京成立石駅より、徒歩15分。神奈川からのイメージだと「スカイツリーよりちょい奥」。

フィールドタイプ = 箱庭型インドアバリケードフィールド。イメージ的には・・・お?意外とあるようで似たフィールドが思いつかない。

最適収容人数 = 10~20人(推定)





■条件別評価

・立地条件(アクセス) ⇒ 

最寄り駅は「京成立石」。そこからは手ぶら状態の徒歩で15分程度。
ホームページの「アクセス」に分かりやすい行き方が掲載されているので、それを見れば基本的にはたどり着けるハズ。
また、距離はあるものの「JR総武本線 新小岩」からも行ける模様。

橋本から九龍に歩いて行くイメージがあれば、概ねそれと同じくらいですね。多少頑張れば行ける。道中は坂も無い平坦な道ですし。



・戦場内の構築内容 ⇒ 

フィールドの構造としては、概ねテトリスのコレ ⇒

この中を、ASOBIBA(八重洲時代)にあったような、背丈ほどのバリケードが程よい感覚で配置。
百聞は一見にしかず。


・オフタイム イメージング(360°)

葛飾某所にて。 フィールドの構成然り、フィールドマスターの思想然りと非常に遊びやすそうです。 - Spherical Image - RICOH THETA





・テストプレイ(タイマン) (Movie:Wegener)




適度な距離でバリケードを配置。
流石に面積の関係上連射出来る銃があると圧倒的に有利なことは変わりないですが、それでも他のフィールドと比べて射線を切りやすく、動線もある方だと思います。
ギリギリ、デリンジャーでも電動を倒せるイメージが湧けますね。



・セーフティ内設備環境 ⇒ 

相棒が確認した限りでは「水道、トイレ、女性用更衣室、5mレンジあり」らしい。
物販やその他の設備はこれから随時追加されるらしいので、ここからどれだけ増やせるか。

広さ的には九龍の1Fセーフティと概ね同程度。収容人数はそこそこ入れられそうです。



・価格設定 ⇒ 

定例会については他のインドアフィールドと概ね同じくらいの、デイゲーム3500円(平日は3000円)。
貸切については平日・週末と時間割によって料金が細分化。これは個人的には嬉しい設定。狭めなインドアで一日遊ぶのは、結構大変。

特筆すべきは「アフター5ゲーム会」。九龍やBLAM、遊べz・・・ASOBIBAなどで行われている「夜の誰でもゲーム会」と同じもの。
価格は2200円と安く、概ね18:00あたりから22:00まで遊べるとのこと。

また、フィールドの運営方針(後述)でもある「エアコキ推し」により、エアコキ持参で割引サービスもアリ。



・運営の質(ゲーム回し・マナー対策・ノリ) ⇒ (未確認)

現時点ではまだ見学だけのため、未確認。
(但し悪くはならないことは、直感的にほぼ確信)。



■所感

現段階ではまだ見学(+テストプレイ・対談)だけですが、それでも個人的には「推し」なフィールドですね。

その大きな理由としては、フィールドマスターが「動くゲーム」を強く推進していること。
動線と射線のバランスに強い拘りを持たれているため、「バリケードの配置」についてはかなり工夫が見られます。
前述の通り現段階ではまだ「連射が強力」な配置ではあるものの、今でもまだ動線はある程度は確保されています。あとはこれから徐々に洗練されていくことでしょう。

またココの最大の特徴は「エアコキハンドガン推し」である点。
定例会でのエアコキハンドガン戦導入はもとより、価格面においてもエアコキハンドガン持参者に対する割引やエアコキハンドガン無料貸し出しなどを設けているので、その点からもかなり「動くゲーム」をプッシュしていることが分かります。


夜には九龍やASOBIBAと同様に「平日+土曜」にフリーでのゲーム会も開催されているので、仕事終わりや日中に用事があった時、はたまた日中からの連戦など、いつでも幅広く遊ぶことが出来るのもいいですね。


また個人的には「ストイックな運営方法」も好印象です。
敢えて知人や業界業者、特定のSNSといった「限定されたコミュニティへの告知」を避けた告知活動は、素人の私から見ると商売としては決して上手ではないと思ってしまします。
が、逆に言えば「誰とでも対等な関係を希望している」ということの現れでもあるので、その考え方がむしろ安心感を与えてくれたとも思いますね。



私の現住所からですと中々行き辛いところではありますが、ここは九龍同様「通いたい場所」として、今後利用させて頂く所存です。
まずは千葉遠征からの「延長戦」といった活用の仕方がメインとなりそうです。  

2013年07月06日

【フィールドレビュー】OPS Ver1.00

F-03 です。
一介のゲーマー視点による、サバゲーフィールドの個人的レビューです。

各項目毎に「」「」「」の三段階でざっくり評価。
その他に特記事項と個人的印象を記載しております。

コメントは「なるべく異論」を望みます。





■フィールド情報

名称=OPS(公式の呼び名:オーピーエス)

所在地=よみうりランド付近。車(タクシー含む)では「新ゆり 天望の丘墓苑」を目指すとほぼジャスト(「天望の丘」の道路奥地)。

フィールドタイプ = 起伏のある自然型フィールド。ブッシュ・立木やバリケードが点在。但しブッシュは薄く割と見晴らしは良い。

最適収容人数 = 60~90人





■条件別評価

・立地条件(アクセス) ⇒ 

文字通り、神奈川との県境(ナビで走ってても「神奈川」「東京」が道中でよく変わるw)にある、都内唯一の屋外サバゲーフィールド。
最寄り駅の「新百合ヶ丘」(小田急線)からだいぶ離れるものの、それでもバスやタクシー、自家用車で行けるこの立地条件はあまりにも魅力的。その力、「あらゆるマイナス要素」を覆すほど。



・戦場内の構築内容 ⇒ 並

形は強いて言えば「長方形」。
丘の起伏もある意味アンバランスで、フィールド中央の片方が「坂上」、片方が「坂下」となり、一応はどちら側からのスタートでも「坂上」・「坂下」の両方を楽しめるようになっている。

フィールド設立当初はバリケードが少なく、「ブッシュ・立木」や「起伏」などといった「自然環境」を利用した戦いが出来たが、最近ブッシュが大幅に少なくなってしまい、代わりに人工バリケードが点々と設置されるようになった。

また、戦場とセーフティの距離も若干離れているのが地味にマイナスポイント。



・セーフティ内設備環境 ⇒ 

設備自体はそこそこ整っているものの、それらの多くが「セーフティから離れている」のが一番の問題。

セーフティにはテーブルとイス、喫煙所しかなく、木々のおかげで日陰にはなっているものの屋根は無し。
セーフティにスタッフ席もあるのでそこで物販(ジュース・BB弾・ガス)はあるものの、セーフティの設備としてはここまで。

他の設備(電源・トイレ・更衣室・自販機・駐車場)はセーフティから更に離れており、しかも道中起伏も結構あるので、トイレや充電、カップ麺のためのお湯を取りに行くにも一仕事。



・価格設定 ⇒ 

定例会(土日祝)= 3,500円
定例会(平日)= 2,500円
貸切(平日のみ対応)= 2,500円 x10名より

車 = 500円 / 台
バイク = 200円 / 台



週末の定例会では強気の「3,500円+駐車場台」で、車は勿論バイク(原付含む)までしっかり徴収。



・運営の質(ゲーム回し・マナー対策・ノリ) ⇒  → 並

基本的にはゲーム全体の運営はアルバイトに一任。その為か、運営の行動が完全に「運営目線」。
最近までは「朝礼時の説明が不十分な上、節々で余計な小言が多々発生」・「ゲーム回しがあまりに遅い」・「ルールが徹底されていない、ルール違反者に対して注意などをしていない」と言った「管理者」としての面や、「無制限デーでセミオート戦」・「弾数制限デーで無制限復活戦」など、その日の趣旨に反したゲームルールが実施されるなど、あらゆる面において「参加者の趣旨に反する行動」が多々見受けられた。

が、最近になりスタッフが増員され、それに伴い今までの目立っていた悪い点も少しづつ改善。
ゲームルールはほとんど「フラッグ戦」のみとなり、復活制限やセミオート戦なども概ね定期的に実施。内容の統一化が図られる。
また管理面においても時間管理やルールの徹底及び違反者への注意なども行われ、ようやくもっともらしい運営として機能し始める。



但し、フィールド撤収時間は今でも早い(16:00 ゲーム終了)。



■所感

一言で言えば「立地条件が全て」のフィールド。
たとえゲーム代が高くても、運営に多少問題があっても、フィールドの設備が悪くても、それでも「都内でサバゲーが出来る」場所はここしかない。

その場所柄、来る客層も比較的ライトゲーマーが多め(学生・ルーキー・中々遠出出来ない方や家庭の事情で頻繁にゲーム出来ない古参の方など)で、ゲーム開始位置が狭いこともあり参加者同士でのコミュニケーションが比較的取りやすい。

その客層もあってか、逆にサバゲーをがっつりやるベテランゲーマーからはOPSを「初心者が集まるフィールド」と思われやすいが、最近では人気が伝播したのか、「今時のベテラン」と思われる方も多く参加されている模様。土日祝の定例会では、ほぼ毎回100人前後の人が集まる。



また、毎週土日(祝日含む)の全てが定例会になっており、平日も定例会が隙間無く予定されている。
最近のサバゲーブームによりゲーマーの絶対数が多くなっているので参加者数の分散のためにもこれはありがたいところではあるが、逆に定例会優先志向が非常に強くなっており、土日祝の貸切が完全に不可になっている。
(かつては「土日祝における貸切の条件」も明示されていたのだが、実際は依頼したところで「理由無く」拒絶されていた。商法上の「履行義務違反」が懸念される)。



かつては「OPS」の名の通り「特殊作戦」を意識したゲームが多く、フラッグ戦は午前のみ実施し、午後は全て「攻防戦」「ポリタンク戦」「ターミネーター戦」など、特殊作戦を意識した特別ルールが多かった。

これがベテランからは「緊張感が無くてつまらない」と敬遠されていたが、逆に初心者やルーキーからは「初心者やルーキーでも楽しく遊べる」とウケが良く、リピーターが多かった。
特殊ゲームルールは荒いところ・穴があるところが多々あったものの、「特殊ルールで目一杯遊ぶ」という活動コンセプトがはっきりしており、またゲーマーの意見も取り入れながら「この時この場を、ゲーマーも含めてみんなで作り上げる」というワクワク感・一体感もあった。
また一部の古参ゲーマーからは「ブッシュが刈られた」として不評だったものの。バリケードやネットの新設・ブッシュの刈り取りによる視界の拡大、セーフティにおけるシューティングレンジや雨対策用の屋根やテーブル・イス・物置用パレットの増加など、一部の点においてはゲーマー目線だったところも見受けられた。

それもここ最近では「そつなくこなす」感が非常に強く、ゲームは毎回同じ内容・ゲーマーの意向は聞き入れず・フィールド環境も変えないなど、「ゲーマー目線」での工夫が全く見られない。



それでもやはり人は集まるでしょう。だって「近い」んだから。





なお、このフィールドの最大の特徴として、雨天時は集まったゲーマーに金額以外の「全て」を委譲します。
これにより「ゲーマー主導」にてゲームの時間から内容、ルールに至るまで自由に決めることが出来ます。
雨天だけあって集まるゲーマー数も非常に少ない(大抵20人前後)ので、通常では味わえないゲームを実施することが可能です。




■フィールド攻略法

このフィールドの肝となるのは「観覧場前」の広場。いかに開幕でここを占拠出来るかでそのゲームの展開が大きく変わる。

赤フラッグ(通称「上」)開始の場合は、観覧場前を通過しフィールドエンドの坂下まで確保し、ホーチミンルートから上がってくる敵を抑えることが最初の目標。
それが出来たなら順次やぐら周辺まで味方を召集し、ホーチミンルートを中心に扇状に包囲をし、そこからじわりじわりと戦線を上げていくのが王道のやりかた。

逆に黄フラッグ(通称「下」)開始の場合は、先ず右側の通路を一気に駆け上がり、その後ホーチミンルート出口前を経由してやはり坂下の一帯を確保する。
その後坂下で一度待機し味方をそこへ大量に召集、人数が揃ったところで坂下から一番右端の人を基軸に扇状に前進し、順次バリケードを前進していく。


これらの制圧時間と人数・戦力状況によってその後の展開が大きく変わってくるので、ここでの戦い方を知らない方は先ずこれらを実践してみることをオススメします。  

2013年06月28日

【フィールドレビュー】SPF-第二フィールド Ver1.00

F-03 です。
一介のゲーマー視点による、サバゲーフィールドの個人的レビューです。

各項目毎に「良」「並」「悪」の三段階でざっくり評価。
その他に特記事項と個人的印象を記載しております。

コメントは「なるべく異論」を望みます。





■フィールド情報

名称=SPF(さがみ湖プレジャーフォレスト) 第二フィールド

所在地=相模湖駅より車で10分程度東へ。プレジャーフォレスト自体は郊外型複合アウトドア施設

フィールドタイプ = ブッシュ・バリケードが半々

最適収容人数 = 40~50人





■条件別評価

・立地条件(アクセス) ⇒ 並

住宅地からは離れた場所にあるものの、高速IC(相模湖IC)・電車(JR中央本線 相模湖駅)からのアクセスは多少容易。
団体でまとまっていくのなら車、ピンで来るなら電車+バスで来るのが望ましい。

また現時点では、神奈川県下で唯一サバゲーの実施が公に認められているフィールドであり、そのためかここをサバゲーのデビュー戦に選択する人も多い。



・戦場内の構築内容 ⇒ 並

縦長っぽい形に見えて実は菱形になっているフィールド。
中央に十字型の通路を備えた簡易砦があり、その前後に一定感覚でバリケードが配置。そして両脇はブッシュの生い茂った丘となっている。



・セーフティ内設備環境 ⇒ 

屋根・テーブルとイス・電源・更衣室・トイレ・水道・自販機と、設備自体はかなり整っている。
但し数が少ないのと、古くからありあまり整備されていないため、全体的にボロ気味なのがタマにキズ。



・価格設定 ⇒ 並→

料金形態が分かり辛いので、整理して表記。



~最低限かかるもの~

SPF 入園料 = 1,000円
定例会 参加費 = 2,000円

貸切費用 = 2000円 x10名より。(別途SPF入園料が1,000円)


要するに、一人当たり計3,000円(入園料 1,000円 + ゲーム代 2,000円)ということ。



これに、自家用車で来る者については以下の料金が追加で必要となる。

車 = 1,000円 / 台
バイク = 500円 / 台

上記の車両料金は「駐車場台」の名目にて別途入園前に徴収される。



・運営の質(ゲーム回し・マナー対策・ノリ) ⇒ 

ゲーム回しが若干アンバランスで、ゲーム時間は20分と長いのに対し休憩時間は5分程度と短い。これはつまり「休憩したいなら早めに突撃して早く死んで次に備えろ」とのことを意味する(確かオフィシャルの見解がそう)。ゲーム時間が長いのでこれでもまだ間延びしてしまうけど、この方針自体は個人的には好き。

定例会開始前には毎回戦場の案内を行うので、初参加であっても事前に戦場の中を把握出来るのも他には無い利点。

マナー対策についても目に付いたところについてはフィールドマスターの性格故か「腰の低い」注意なので、空気を壊すことも無くて好印象。ただノリはいまいち。



これだけ見れば比較的良い方ではあるが、それらを覆してしまうほどのマイナスポイントがあるのが現状で、根本的な原因は「運営スタッフが一人」であること。


先ずゲーム開始時間が遅い。
SPFへの入園開始自体が9:00と遅く、そこから入園支払い渋滞と園内移動で時間を食い、さらにフィールドに到着してからまた別途サバゲー専用のエントリー・支払い作業があるので二度手間になっている。

次に戦場の案内。
本来は利点になる「ゲーム前のフィールド案内」も、通い慣れた者から見ればただの時間潰しで、ゲーム時間をさらに圧迫。

そして監視の甘さ。
運営が一人だけなので、試射ゾーンの場所や位置、その他違反行為があっても運営が他の作業にかかりきっている場合が多く、注意しきれていない。
これによりマナーの低下が伝播しやすく、それに伴いセーフティ内での事故やトラブルも発生しやすくなっている。



フィールドマスター自体は非常に真面目な人なので、単純に「人手不足で回っていない」状態と言える。





■所感

ここもサバゲーフィールドでは老舗の部類に入り、数は少ないものの今でも定例会には安定して人が来ている。

また、レギュレーションも特殊で、
「弾速=92m/s(0.85J)(セミオート限定銃のみ、94m/s 0.9J)」
「弾数=約240発」

と、銃の性能による「撃ち合い」ではなく、「動き」のあるゲームにしようとする内容なのもまたいい。


運営が若干頼りない面があるものの、人数とレギュレーションとフィールドの内容からみて、トータル的にはまだ「ゲームとして」楽しみやすい環境にあると言える。



が、ネックなのは料金における「駐車料金」。
2013年2月までは入園料に含まれていたので必要無かったのだが、同年3月より温泉施設が開設されて以降は追加で徴収されるようになる。
なんらかのメリットがあるのであればまだ納得出来るものの、執筆時点において徴収前と比較して特に利用上のメリットは無く、むしろこれの追加徴収により入園するまでの時間が遅くなってしまった。

園のスタッフ曰く「以前からも本来は徴収するできものであって、それが今回より徴収が徹底されるようになっただけ」とのことであるが、少なくとも以前まで利用していた時は料金表にその旨の表示は無かったので、邪推するに「温泉施設」の売り上げが伸びないことを予想しての不採算事前防止策としてしか受け止められない。


ゲームの運営自体も円滑とは言い難く、それに拍車をかける形で最近ではサバゲー人口の増加に伴うマナーの低下が見受けられるようになりつつあり、コストパフォーマンスは急降下。某フィールドと同様に「割高感」が急激に増してしまっている。





■フィールド攻略法

ズバリ!このフィールドの肝は「左右の丘」の占拠。
フィールド中央に位置する砦及びバリケード郡は左右の丘の上から見ると丸裸であるため、開幕から中盤にかけては先ずは左右の丘の占拠を最優先とし、中央の砦付近にはむしろ敵を集めさせる。
敵が中央に寄ってきた段階で順次側面攻撃で掃討していき、敵の人数がある程度減った段階で中央砦を中心に戦線を上げ、残りの敵を中央砦の部隊と丘の部隊が同時に前進しながら駆逐していくのが理想的。



左右の丘は両方とも確保する必要は無く、最低限どちらか片方だけでもいい。但しその場合は相手も同じことを仕掛けてくるので反対側の丘からの攻撃に警戒が必要。



フィールド自体が菱形となっているため、左右の丘を占拠しようものならあとは殆ど殲滅戦に等しくなるので、あの敵を攻め立てる様は一度したら病み付きになること間違いなし。但し残弾だけは注意。  

2013年06月22日

【フィールドレビュー】(旧)相模原オールスターズ Ver1.02

F-03 です。
一介のゲーマー視点による、サバゲーフィールドの個人的レビューです。

各項目毎に「良」「並」「悪」の三段階でざっくり評価。
その他に特記事項と個人的印象を記載しております。

コメントは「異論のみ」求む。





今回は「今は亡き」相模原のフィールド「SAS」(オールスターズ)の個人的レビューです。



■フィールド情報

名称=相模原オールスターズ(通称:SAS)
(旧名称=オールスターズ城山フィールド)

所在地=相模川の河川敷。相模原市立湘南小学校の真隣に位置。




フィールドタイプ = ブッシュ

最適収容人数 = 40~50人





■条件別評価

・立地条件(アクセス) ⇒ 

幹線道路や高速ICからはかなり離れる位置にあるため決して来やすい場所ではなく、しかも帰りはほぼ確実に渋滞に巻き込まれるという状態。

だが当時は「野良でなく安全にサバゲーが出来る場所はここしかなかった」という状態であったため、良くも悪くも神奈川近辺の人がサバゲーをやるにはここくらいしか選択肢が無かったという状況。



・戦場内の構築内容 ⇒ 

戦場はほぼブッシュや木々がメインであるが、ところどころに廃棄されたタイヤや家電・コンテナなどがバリケード代わりとなり、起伏のあるところも存在。さらには中央にバスとやぐらが存在し、ここが戦略的重要拠点として攻防が繰り広げられる。
総じて面積自体はやや狭いものの、非常にバリエーションが豊富で飽きが来ない。



・セーフティ内設備環境 ⇒ 

屋根はおろかテーブルやトイレすら無く、施設らしいものは一切無い文字通り「空き地」状態。レビュー現在の状況と比較するとセーフティ内の設備はかなり劣悪。



(追記)・価格設定 ⇒ 

定例会参加費 = \2,000円(「エクセル製 0.2g弾 1700発入 一袋」 含む)
貸切費用 = (貸切は不可)

運営メンバーが営利を目的としていないため、非常に安価。加えてBB弾が参加時に必ずもらえるので、実際の参加料はほぼ気持ち程度のもの。
集まってくるメンバーの戦い方もあり基本的にはこれでも余ってしまい、参加者同士で「中々弾が減らねぇよ」なんてこぼすこともしょっちゅう。



・運営の質(ゲーム回し・マナー対策・ノリ) ⇒  → 

ゲームの回転以外は最上級。この運営を味わったら、もう並の運営では満足出来ない身体にさせられる。
その力、正に「参加者の評価を逆転させる」ほど。





■所感

かつて神奈川にて大人気を博した、神奈川県下屈指のアウトドアフィールド。
サバゲー黎明期から存在していた老舗フィールドで、長らくは運営の態度が高圧的であったためにフィールドとしての評判は芳しくなかったが終盤になり運営メンバーが変更され、それに伴い状況は一変。

テンポが良くノリも爽やかで、かつルールやマナーに対しては誠実に対応。
同時期に立ち上げられたブログのゲームレポート記事の内容の秀逸さもあり、口コミなどにて評判が広く伝播。気がつけば「また行きたくなる様なフィールド」へと変貌。



ゲームはほぼ全て弾数無制限のフラッグ持ち帰り戦で、更に中央フィールド中央に陣地制圧を意味する「コロ」が二つあり、この「コロ」が二つとも制圧状態で無いと勝利とならないのでゲームの難度が上がる。

また唯一の特徴として「0.2g弾のみ使用」(終盤は例外アリ)であるが、参加されていたゲーマーが黎明期からの古参の方が多かったためか、現代における「バラ撒き」の類の人間はほぼおらず適所へ適量のみ撃ち込むスタイルが大多数を占めており、膠着を変えるのは「連携」や「潜伏」などといった戦術を駆使されることが多い。



フィールドの噂を聞いてか、回を追う毎に訪れる人数はうなぎ上りの如く増加していき、運営の人望もあり非常に個性的かつ人の出来た方ばかりが集まり、圧倒的に収容人数を上回る状態でもトラブルらしいトラブルはほぼ皆無。むしろここで集まった見知らぬメンバー同士が次々と繋がっていくという交友の連鎖反応が次々と発生。



運営メンバーが元々営利や商売を目的としていない「一介のゲーマー」からなるサークルであるためか、実施内容についても色々とチャレンジャブル。
昼休みのハンドガン戦から始まり、朝練やフリマ、キャンプに土日連日での定例会の開催(朝連含む)なども、他のフィールドに先駆けて実施。特に朝練については未だに他のフィールドでも実施はされていない。





こうして運営変更から約二年ほどで大変貌を遂げたフィールドではあったものの、悲しいかな元々の地権者の都合により2011年3月に止む無く閉鎖、現在は更地となってしまっている。
(なお、閉鎖前の最終ゲームは「更地の上に即席フィールドを作成」という稀有な状況にてゲームを実施。一見の価値アリ。)





「運営次第でフィールドの評価を逆転させた」といういいお手本。願わくば、またあの日が戻らんことを・・・。