2014年04月23日

【イベントレポ】14.04.20(日) 洗練された荒さ @ RCG2014(春)

F-03 です。
ドMのドMによるドMのための祭典「ルリゲー」に、性懲りも無く参加してしまいました。



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数=とりあえず100人くらいじゃね?
気候=休憩してると流石に寒い



-実施内容-

・制圧戦 x4
・脱出戦 x4
・RCG式フラッグ戦(寝返り付)

基本的には前回と同じ。違うのは最終戦だけ相手への寝返りが追加されたこと。



-ゲームの展開-

飛び交う矢。
乱れ舞うUAV
進撃するハンヴィー

このゲーム、正にドMだぜ…。

ええ。見事にいつものRCGでした。





(フリー素材 モデル:Mojya)





■きょうの わんこ■





戦場に迷い込んだわんこ。名前は多分無い。
愛くるしい姿に反した禍々しい装備に、一体何人もの兵士が犠牲になったことかw

ちなみに、BB弾の発射機構は実は何も無かったという見事なダミー。
恐るべし釣り兵器www




■ご褒美を求め彷徨うドM 共■





■個人的な動き■







メインアームは「G3A3」。

ノマグを腹一杯抱えるものの、基本的には2マグ程度しか撃たず。
むしろマグよりも防御面の強化が必要でした。

動きとしては今回もスネークしたり敵軍に潜り込んだり最前線へ切り込んだりと色々遊び倒した感じ。
次は各おっかなびっくりメカをキチンと写真に収めなきゃ。













ちなみにフリー(素材)モデル「Mojya」が持っているAKですが、質感・内部バランス共に超ハイレベル。

持てばリアルな木ストに剥げ塗装・重み。
撃てば次世代以上に抜群かつド安定な飛距離と精度。

くそぅ・・・AKを一丁も持ってなかったらコレ買ってたぜ。ガチ戦闘用として。
それほどまでにこの銃は魅力的過ぎる。



反省会=いつも通り「とんこつラーメン よかろうもん」でした。

次回の出撃は以下の予定です。
26日(土)=OPS-無制限
27日(日)=合同ユニット@V1  

Posted by F-03 at 22:29Comments(0)イベントレポ

2014年04月21日

【ゲームレポ】14.04.19(土) 人数と結束の関係性 @ AGITO定例会

F-03 です。
ガスブロの本格稼働に期待しつつ、AGITOに行ってきました。


■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数=40名程度。珍しく少数。
気候=結局セーフティで暖房を点火。寒い。


-実施内容-

毎度お馴染み、AGITO通常プラン。


-ゲームの展開-

今回は初心者の方やAGITO初の方が多かったためか、展開速度はスロー気味。
人数が少なかったこともあり、前に出ようと思えばいつも以上に前へ出られる機会が多かったですね。



■今回の戦友■

・ガバに取り憑かれし者





・冴えて無い リョウ







■個人的な動き■




メインアームは、午前は「アナコンダ(8mm)」、午後は「SVI」。

人数に関係無く香車戦法、そして午前にまさかの地下室突破に成功。
これでこの日の仕事は終了し、以後午後の戦果はサッパリでした。やはりAGITOにオートマチックは相性がヨロシクナイ様です。



バックアタックだ!







~所感~

今回珍しく40名程度と少人数でのゲーム。
そのためか回を追う毎に少しづつ参加者同士でコミュニケーションが取れ始め、後半では一緒になって行動をするように。
それはさながら「まだサバゲーが日陰者の遊びだった頃」の時のようなアットホームな雰囲気でした。

思えば今もなお続く戦友各位との関係も、最初はこうやって構築されていったっけなぁ・・・なんて思ってしまったり。





翌日は、ドMで有名な「ルリゲー」こと「ルリルリコンバットゲーム 2014(春)」に参加しt・・・犬!!?(悶絶抱腹絶倒wwwww)  

2014年04月16日

【ゲームレポ】14.04.13(日) イメージと現実 @ SEAL’sリアカン定例会

F-03 です。
いつもの惰性で、SEAL’sリアカン定例会に行ってきました。



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数=目測80名程度
気候=肌着にBDUでOK



-実施内容-

終始、通常のフラッグ戦。
セミ戦もやらず終日これは割と珍しい。



-ゲームの展開-

互いに展開速度はぼちぼち。
開幕ダッシュ勢は両軍ともに数名程度で戦局を構築出来るまでには至らない。
基本的には両軍とも中央エリアを突破出来ずに膠着したままタイムアップすることばかりで、派手に戦線を上げることも無し。

戦力比も概ね均等。
僅かに、黄軍(自軍)は前半押し気味で赤軍(敵軍)は引き気味。但し赤軍がカウンターで勝つことが僅かに多め。




■今回の戦友■

N(H)K旅団 @ うなだれるの図







■個人的な動き■




メインアームは「帰ってきたタネガシマ」、時々「G36CV」。

足もほぼ完治したので久々の全力疾走。そして大抵はお約束の即死。

今回は昨日とはうって変わって、タネガシマでヒットが中々取れず午前の戦績は0KILL(代わりに単独潜行で初SEAL’sフラッグゲット)。
午後に入ってようやく一人目を取ることが出来ました。いや~、ツラかった。


経験を元に練られた脳内イメージは、割と現実的で実現することが可能なことがありますね。
ゲーム前に時々ボヤいている「うまくいけそうな気がする」とか「ダメな未来が見えた」とかがそうですね。



イメージ通りとなった「角取りダッシュ」と「ホワイトハウス先行」の様子







~所感~

お酒はゲームが終わってから(「ふかい」意味有)。







反省会会場=「とんこつラーメン よかろうもん」(ラーメンは中の人が美味しく頂きました)。


次回の出撃は以下になります。
19日(土)=AGITO定例会(予約済)
20日(日)=トルネード遠投…もとい、某ルリルリ。
いつでもバックホーム出来るよう、グローブ持って肩慣らさなきゃ。  続きを読む

2014年04月15日

【ミニレポ】14.04.12(土:夜) 正にズタボロ @ 九龍夕方フリー

F-03 です。
FlyingBeans様の貸切の余韻と翌日のSEALsに思いを馳せていたのに、気が付くと九龍に着いてました。



■全体の状況■

人数=体感30名弱。かなり混雑。
実施内容=通常殲滅戦。

全体的には展開速度は非常に早い。
開幕からすぐに角で戦闘、少し経てば2Fでも早々に戦闘。
人数が多いこともあり、終始弾が飛び交う状況でした。



■個人的な動き■

メインアームは「オート9」。

「電動ハンドガンで無双するで!」・・・なんて意気込みが完全に空回り、ひたすら開幕即死の繰り返し。
特に今回は、跳弾やよく分からないポロ弾などで死ぬことが多かったですね。

おかげでヒット取れた数は0。戦果としては燦々たる日でした。



次は翌日13日(日)に、SEALsのリアカン定例会に行ってきました。  

2014年04月15日

【イベントレポ】14.04.12(土) 共通する価値観 @ DSK貸切

F-03 です。
次の戦場を探していたら、ふと「ゲーム間5分・昼休憩30分」と言う単語が目に入り、
気が付いたら「flying beans」様主催のDSK貸切ゲームへ参加エントリーしてました。久々のソロ活動です。



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数=21名
気候=日中は長袖一枚でおk



-実施内容-

基本的には10分程度でのフラッグ戦がメインで、時々セミ限定やメディック戦などを織り交ぜて飽きを防いでます。

特筆すべきはゲーム回しの早さ。
ゲーム間は数分程度、たまに休憩無しで回すこともあり、昼食時間すら30分程度とかなり短縮。
ゲーム終了後の「お疲れ様でしたー。では弾込めの終わった方から移動を(ry)」 のくだりは、まるでどこぞの回し屋か。

またゲームのグダり防止にも随所で配慮。
まず貸切の参加人数自体を25人程度に制限することで移動時間やゲーム展開などのナチュラルグダりを防止。
またフィールド範囲を市街地側半面でプレイすることで諸々の移動時間を短縮。
そしてゲームルールを考える際にも先ず出るのは「グダらないためにどうするか」と言う言葉。

これらの徹底により計20回超ものゲームを実施出来、かつ内容も満足出来るものばかり。


また、このチームでも相手への確定被弾を指摘し合う、言わば「HITCOOL制度」を導入。
そのせいかプレイヤーの皆さんも思いやり精神が高い方が多く、ゾンビ問題は勿論無く近接遭遇戦での対応も非常に優しい。
そして随所に見られる「あの時だけど、俺当たってました?」という被弾に対する意識の高さ。



ヤバい。ここは是非とも毎回参加したいです。



-ゲームの展開-

ゲームも早ければ展開も早いです。一言で言えば、硬直らしい硬直はほぼ皆無。
開幕からガンガン走り回るし配置についてからも右に左に様子を伺う。
前が抜ければすかさずラインを上げるしヤバければ後退してからルートを再検索して即行動。

モラルの高い人はスキルも高い、と言ういい見本でした。
イメージとしては「終始真面目に電動を使ってるHCC」みたいな感じですね。





■今回のとも(好敵手)■

紫パーカー(無所属)

私とほぼ同等のダッシュ速度をもち、私以上に接敵後の対応が上手い。
午前は同じチームだったのでツートップとして最前線を駆け巡り、午後は好敵手として最前線で相対する。一体何度前線で止められたことか。



■個人的な動き■





メインアームは「帰ってきた タネガシマ」、時々「オート9」。

月曜夜にコンビニへ出したのに、まさか金曜昼には退院してきているなんて。
KTW様、本当に有難う御座います。

退院後のタネガシマはすこぶる好調。
以前のように隙間や壁から僅かにハミ出た部位への射撃が当たる当たる。これだからタネガシマはやめられないんですよ。



・踊るタネガシマ







~所感~

今回初めて参加させて頂いた「Flying Beans」様の貸切ゲームですが、
率直な感想としては「ぁ、新しい仲間と出会えた」と言う気持ちでした。

私自身と同じ運営スタイルにHCC並の高マナー・高モラルな参加者。
そして私以上に配慮された気配りとストイックな向上心。



同じセリフになりますが、是非ともここは毎回参加したいですね。





(結局)Ex-Stage=九龍 戦闘市街区。  

Posted by F-03 at 21:41Comments(0)貸切レポ

2014年04月09日

【ゲームレポ】14.04.06(日) 戦場珈琲 @ AGITO定例会

F-03 です。
ふと缶コーヒーが飲みたくなったので、AGITO定例会に行ってきました。



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数=約80名
気候=晴天の降雪



-実施内容-

いつも通りの殲滅戦とフラッグ戦。



-ゲームの展開-

若干ピンク軍(自軍)が押し気味でしたでしょうか。相手に押されたイメージが無かったですね。
あと今回はやたらとスタッフより硬い人がいないかのチェックが入念でした。きっとそう言うことなのでしょう。



■今回の戦友■

NON K 旅団





■個人的な動き■



メインアームは「アナコンダ(8mm)」。

いよいよリボルバーが本稼働。早速そこそこの戦果を上げてくれました。まぁ背中から当てても気付いてくれなかった時は泣きそうになりましたが。
8mmでもダメですかそうですか…(おもむろにオート9を用意)。

今回は旅団と一緒と言うこともあり、いつも以上に前へプッシュ。
そのせいか、大抵は開幕から半分より前へ先に到達してそのまま押しっぱなしの雰囲気でしたね。



ぁ、最前線での缶コーヒー美味しかったです。



・ガチ張り込み





反省会会場=談合坂SA(上り)。ほうとう美味しいよね(蕎麦食いながら。異論は認めよう)。



次回の出撃は未定です。
日曜が野球になってしまった上、6耐の負担が地味に大きい。  

2014年04月07日

【イベントレポ】14.04.05(土) 止まらない歩み、時々飯 @ SPLASH-6耐

F-03 です。
へんたいの一味が耐久戦に出ると言う話が上がっていたのを思い出し、便乗してSPLASHのNONSTOP6に行ってきました。



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数=体感60〜70名
気候=杉花粉舞い散る春の陽気



-実施内容-

いわゆるお馴染みのSPLASH式耐久戦。
今回は捕虜ルールが無いのと高速林道が使用不可。



-ゲームの展開-

これも耐久戦お馴染みの、開幕ダッシュからのライン取り。

開始からしばらくは緊張感を持った文字通りの陣取り合戦が続き、2時間ほどで一度完全に膠着。
(その間にへんたいのリーダーが華麗にFGを2回キめている。)

そこから1時間ほどはお互いに定点射撃となるが、ランチタイム明けあたりから黄軍(敵軍)が一気に猛攻。
気が付いた時には自陣側の防衛ポイントを突破され、1時間程で自陣側ブッシュエリアを完全に包囲される。

あとの最終2時間程はひたすらジワジワと包囲網を狭められ、こちらは防戦一方。
被ブロークンアロー(いわゆるリスキル)寸前のところでギリギリタイムアップ。完全に時間に救われました。



-個人的MVP-

黄軍に一人、戦闘スキル的に突出したアタッカーが存在。
イメージ的には「アラが取れきったコバ吉」。

序盤は戦況報告の声出しをしつつ、時々最前線へ飛び出してこちらにプレッシャーをかける。
その様はまるで「油断したら戦線をヌけるよ?」とでも言わんばかり。

特にランチタイムあたりからは本気を出し始めたようで、手始めに最前線の拠点にいた4名を一人で壊滅。
その後は匍匐で潜行し、最前線のポイントマンを各個撃破。その流れでラインを押し上げ、瞬く間にこちらを包囲。


黄軍の猛攻の流れを作ったのは完全にこの人でしょう。してやられました。
いやはや、お見事!





■今回の戦友■

・いつものへんたいの一味



■個人的な動き■

メインアームは「G3A3」。
スコープつけて多マグ抱えての遠距離バラ撒きスタイル。

今回はひたすら戦闘行動を取ることが目標だったので、体力を考慮し移動は基本的に徒歩。昼食は移動中や前線膠着時に補給。
ラインの維持・押し上げにはこだわり、最前線へ到達以降は隙あらば前進して拠点の確保に努めました。

ランチタイムが過ぎるあたりまではいい感じで押し気味だったものの、ふとHCC勢で「ハイパーエアコキタ〜イム♩」(by まちゃ嬢)なんて言って気を許した瞬間に一気に前線を上げられてしまいました。ええ、戦犯は言い出しっぺの私です。


また、今回「たくさん死んだで賞」として6耐の帽子を頂きました。
実際にはリーダーがトップでしたが、リーダーは純粋にMVPとして表彰されていたので甘んじて受け取りましょう。



さて。後半戦は5月3日(土)。
なんだかんだで面白かったので、出来ればまた行きたいなぁ。





反省会会場=「びっくりドンキー」。動物性たんぱく質は重要だね。

翌日、コーヒーを飲みにAGITO定例会に行きました。  

Posted by F-03 at 22:32Comments(2)イベントレポ

2014年04月01日

【イベントレポ】14.03.30(日) 連携の重要性 @ ASGK Festival

F-03 です。落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。

ひょんなとこからVショー関連イベントのお手伝いさんとして参加することが出来たので、ざっくりばっさりレポします。



■全体の状況■

-実施内容-

今回ASGKさん(いわゆるエアガン業界内の協会みたいなもののうちの一つ)主催にて、
「ASGK FESTIVAL」なるイベントが、Vショーと同時で開催されました。

主な目的は「エアガン体感と異業種交流」。
そのため買い物が出来るブース数はそこそこに、どちらかと言うと色々と実験的な内容が多かったですね。



以下、珍しい展示ブースをざっくり羅列。

-展示-

・いつものマルイ特設ブース
・ステージ場でのトークライブ、声優アイドルのミニライブ
・戦国自衛隊 原画展
・ALPHA 即売会
・ALPHA x coleman コラボ サバゲー&キャンプスタイル展示
・本格写真 記念撮影


-体験ブース-

・モデルガン クイックドロー体験
・リボルバー&オールドガン限定 スピードシューティング体験
・TOP独自 シューティングレンジ
・10m 各メーカー別長物体験シューティングレンジ(私の担当)
・5m ハンドガン体験シューティングレンジ
・未成年者用 銀ダンシューティングレンジ
・WORLD of TANK(一応、ガルパンコラボ) 無料試遊スペース



-イベントの展開-

確か10:00オープン。
オープン前でもそれなりの人数が並んでいるものの、やはりVショーには及ばず。

とは言え、12:00までは少な過ぎず多過ぎずと来場者はほどほどで、12:00以降からはVショーから流れ込んだらしくそこそこ盛況。
以後15:00あたりまでは概ね盛況な人数を保ち続けました。





■今回の戦友■

相棒 ミツ さん & ASGK側イベント関係者 各位



■個人的な役割■



メインアイテムは「たくてぃかる プラメガホン(赤)」。
お客さんの呼び込みに大活躍。



今回は「10m 長物体験シューティングレンジ」を担当。
このレンジでは各トイガンメーカーの担当時間がそれぞれ40分間(某 世界の最大手除く)割り振られ、その時間内でメーカーさんの持参されたエアガンを思う存分無料で試遊出来る、と言うもの(←当日、開場直前に知らされた)。



以下、参加メーカーと試遊出来た銃です。(上から開始順)

・KTW(確か 九九式軽機関銃、スペンサー、確か イサカ ライアット)

・タナカワークス(マウザー、M40かM24)

・東京マルイ(HK416D x2丁、途中から故障の差し替えで DEVGRUカスタム)

・WESTERN ARMS(M4 多分SOPMOD)

・クラウン(SVD、スーパーU10シニア)



某世界の最大手さんを除いて、各社ともメーカーの方が直々に担当時間の最後まで操作方法を説明。
勿論製品に関する問い合わせもその場できっちりと説明してくれたため(世界の最大手除く)、来られた方も満足されていきました(ごく一部除く)。



私はと言えば、基本的にはレンジの管理がてら客引き・声掛け・弾込めやレンジでの撃ち方の説明などといった雑用係。時々、メーカー代わりに操作・トラブル対応。
程よい来場者数だったので極端に忙しいわけでもなく、それなりにスタッフしてそれなりに一来場者として遊んだりと多分一番このレンジを楽しんだと思います。





~所感~(気合入りの長文w)

まず今回の「ASGKフェスタ」イベントについて、個人的には「失敗だったかな」と感じました。
その一番の理由は「宣伝不足」。

シューティングレンジにて来場された方の反応を見ておりましたが、やはり「各体験ブース」がどれもウケてましたね。
特に今回はトイガンを撃ったことの無い方の来場が多く感じ、どなたも楽しそうな反応をしながら体験されておりました。

私自身もスタッフ業の傍ら手の空いたときに各体験コーナーで遊ばせて頂き、いずれも非常に新鮮で面白かったですね。
きっと数年前に行われた「COOL STYLE TOY」のコンセプトを踏襲しているのでしょう。確かにアレも面白かった(私がスピードシューティングに興味を持ち始めたのもこれがきっかけ)。


また、colemanさんとALPHAさん共同展示のコンセプトである「サバゲーxキャンプ」と言うのも今後のサバゲーの遊び方を更に発展させるためのいいものであり、写真撮影なんかもモデルさんの来場が密かにそこそこいただけに一工夫すれば大いに化ける可能性は秘めておりました。
(まぁWORLD of TANKは大コケしてたらしいですが)


こんな感じで内容的には非常に面白い展示をいくつも出しておきながら、結局は「事前の宣伝不足」がせっかくの展示を活かしきれなかったのかな、と感じました。
「スペンサーが無料で撃ちまくれる」なんて事前に告知してれば、絶対もっと人は集まった。


つまるところ、来場者の一人が仰られた
「こっち(3Fの意)の方が面白いじゃん。知ってればもっと早くこっちに来てたのに」
は、ある意味今回のイベントの全てを物語ってます。


あと個人的には、「世界の大手さん」が各レンジで最新鋭のガンを試射させてくれれば、宣伝効果もバツグンだったと思ったり。
長物は今回仕方ないとして、「HK45」をハンドガンレンジに出せば絶対人気と予約受注は稼げたハズ。ぁぁ勿体無い。



いずれにせよ、内容的には悪くない内容だったと思うので、是非次回も開催して欲しいですね。
個人的にはフロアの半分を体験コーナーにしてしまえば面白いかと。
今回みたいな「初心者向けの試射ブース」に追加して、ゲーマーをターゲットにした「PPS、STEEL、UNLIMITEDにIDPA」などの競技系ブースをたんまりと。





~今回の戦利品~



いい加減、それなりに見栄えのいいベルトを買わなきゃと思っていたのだよ。ALPHAさん、マジ感謝。





次回の出撃は未定です。
目下、5日(土)の「SPLASH NONSTOP 6」を狙ってます。










PS:念願の、KTWの和智社長とお話しすることができました。
やはりタネガシマをゲームに使うことは想定されていなかった模様。
あと持病であるディスコネクターのネジが緩いことも認識されておりました。
さ、あとは本格的に入院手続きをしなければ。  

Posted by F-03 at 22:27Comments(0)イベントレポ