2013年02月25日

【ゲームレポ】13.02.24 ボーナスデー @ SPF定例会(第二F)

F-03 です。

SPF定例会へ行ってきました。安定の二連戦です。



■今回の戦友■

・新 SPFの相棒 達



新しき相棒「銭無」さんを加え、新生「SPFの相棒」勢となりました。
気の毒に。新しい相棒「銭無」さんは、早くも「開幕特攻」によるヘッドオン戦闘の甘美な毒に侵されてしった様ですw



・十六夜団子 勢

(若干撮影するのに気後れしたので今回は無し)

相変わらずWWⅡ装備が決まってらっしゃる。用事が無ければ俺もM1A1持ってきたんだけどなぁ~・・・。





■全体の流れ■

-人数-

概ね50人前後でしょうか。
常連もいれば、他のフィールドで見かけた方もちらほらいたりして、あまつさえゲーム中にケツを撃たれてしまったり。中々上手です。



-展開-

全体的には赤軍(自軍)の圧倒的優勢。

開幕で赤軍(自軍)の極数名が突撃し、真っ先に中央砦を制圧。
その後中央砦の先やラジコンの反対側の丘から登ってくる敵を迎撃しつつ増援を待ち、人数がある程度揃ったら
足並みを揃えて再度突撃・・・といった戦法が見事にハマった様子。


思うに、
・青軍の開幕ダッシュ勢が少なめだったことと砦に張り付いたところで迎撃されっぱなしだった。
・今日は一日通して風が強かったため、山から砦へ向かって狙撃をしようにも風で流されるので意味が無い。

この二点から、砦の確保がいつもと比べて容易だったことが最大の要因でしょうね。





■個人的な動き■

メインアームは「P90」。

結論から言えば、「なんだかんだでP90は優秀な子」と再認識することに。

今回は久々に悪評高い多マグを使用。
相変わらず0.25gだと「愛のハンマーナックル」でも中々改善しないものの、重量を0.2gに変えると何故か給弾が改善。
たまに軽いジャム・息継ぎはあるものの、0.25g弾使用時の多発・どうにもならない状況ではなく、一発気合を入れてあげれば以降は安定して使用出来ました。

弾の重量からブッシュ戦には使い辛そうですが、0.2gなら再度ガチのメインアームへと復帰出来そうです。ぁぁ、これで今度はSCARが要らない子に・・・。



ゲーム内容においては、「ボーナスデー」。開幕特攻の犯人は完全に私ら一派。

先ず開幕でミツさんは山へ青軍狩りに、私と「銭無」さんは砦へ強襲しに行き、ヘッドオンで砦に張り付いた青軍(敵軍)を迎撃。
ある程度砦の安全が確保出来た段階で左右の山を見たり迎撃したりしつつ味方を召集し、ある程度味方が上がってきたら足並みを揃えて再度前進・・・と言った流れを作る。

ゲームによって多少の差はあれど、基本的には上記の流れがほとんどのゲームでピタリと当てはまり、体感的には大体のゲームがこれで勝利を呼び寄せた感じがします。なんて言うか、「ずっと俺のターン!」的な。



・皆で取ったFG動画(x2戦)





この日の動画は他のゲームのもそこそこいいものが録れてます。クソ長いので暇人専用。







昨日のOPS-300発とSPFで感じたのが、つくづく「弾数制限はイイ」ということ。
このときのSPF定例会時も、ラストだけは弾数無制限となり、その途端に一定以上前に進めなくなってしまいました。

そう考えると、良くある無制限戦も多マグを禁止にするとか、多マグ使用時は一本だけにするとかで制限をかければ面白くなるような気がします。そうすればLMGの優位性も引き立てられますしね。





次回の出撃ですが、現時点では未定です。   

2013年02月25日

【ゲームレポ】13.02.23 歪み無ぇ♂達の挽歌 @ OPS-300発

F-03 です。
連日の寝不足と前日にMojya氏からお誘い?があったので、行き先をOPS定例会へ変更しました。遠くの芋より近くの凸屋。



■今回の戦友■

・歪み無きアタッカー 共





・どこかで見た某古巣の残党 勢

(なんとなくタイミングを逃し気後れしたので撮影せず)

本日のメインチーム。
さすが古巣の残党だけあって、この方々がいる軍が勝っているという納得の強さ。





■全体の流れ■

-人数-

およそ70人前後でしょうか。300発の土曜とは言え、結構集まりました。



-ゲーム内容-

午前=純正フラッグ戦・復活型フラッグ戦・セミ戦
昼 =ハンドガン戦x2
午後=殲滅戦・純正フラッグ戦・スパイ付殲滅戦・純正フラッグ戦

珍しく、復活ゲームが少なめ且つ純正フラッグ戦が多めです。300発制限なので、今回のゲームの選択はGJ。



-展開-

基本的には赤軍(敵)が勝ち気味。
開幕に黄軍(自軍)の歪み無きアタッカー共が開幕速攻を仕掛け、割と早い段階で山頂を確保。
しかしその後続く味方が我ら「歪み無き」勢と他極少数のみのため、途中まで攻め入ったところでアタッカーが迎撃されてしまい逆にそこから赤軍(敵軍)がカウンターからそのまま押し切られる・・・という、よくあるカウンターのパターン。


あまりにそれが続いたため、中盤以降に屈辱の戦力調整が適用。
どこかで良くお会いしていた某残党勢が黄軍へ転籍された途端に状況が一変し、黄軍が終始赤軍(敵軍)を圧倒するように。



・某残党移籍後のフラッグ戦







■個人的な動き■

メインアームは「G36K」。
本来はオート9を稼動させるハズだったのですが、対策用のオイル式カイロが思いの他役に立たなかったので普通の銃を使用。
マグの携行のし辛さから携行弾数が更に落ちて、終日3マグ(計150発)で戦ってました。


使用していて更に実感したのが、「ダットの位置が高い」こと。
フラットレールに変えているとは言ってもまだ若干サイトが高く感じてしまい、必要以上に頭が出てしまっているように感じますね。
また、マグを連結することでストックが畳めなくなることもあるので、ここ一番って時に自由に動けないことがありました。


が、なんだかケチがついているものの基本性能はやはり高い(初速90m/s HOP適正)ので、ハイサヨナラと潔く手放すことも出来ず。
M4マグパイプ使用者(長生きはっち 氏)からの「次世代と旧マグの使用はやはり給弾的に難アリ」との情報もあるので、SCAR-Lの導入はしばらく見送りですね。マジで純正でショートマグ出してくれないかな。





次回の出撃は、翌日24日(日)のSPF定例会(第二F)に行ってきました。   

Posted by F-03 at 01:38Comments(0)ゲームレポ OPS

2013年02月25日

【スノボー】13.02.17 順調に滑走 @ 会津高原だいくらスキー場

F-03 です。

今シーズン二回目のスノボーレポートです。
ちなみに出発直前まで、サバゲー(02.16 AGITO定例会)で走り回ってました。



■スキー場の内容





主にMAP一番右の「Cコース」を中心に滑走。
この「C」コースは急な斜面と緩やかな斜面が順に続いておりダラダラした緩い斜面が無いため、短い距離でそれなりの斜面を一回の滑走で数多く滑れます。それなりにターンが満足に出来るようになった初級者クラスの練習にはもってこい。


・「Cコース」での連続練習







また、「Jコース・Cコース」から入れる「D・Eコース」(オフピステ)は、超短距離による急斜面。
ここで満足に滑れるようになれば、立派な中級者以上と言っていいでしょう。

・「D・Eコース」でのハイサイクル滑走







また、中央の「F・Gコース」及び「H・Iコース」は比較的緩やかな長距離斜面なので、初心者の特訓やのんびり滑走するにはもってこい。

・「H・Iコース」での穏やかなひととき







利用客は、全体的としてはそれなりに盛況。
特に「F・Gコース」が、このスキー場の全ての開始地点でありかつ滑りやすいこともあってかなり混雑。
代わりに「Cコース」は午後の中盤以降になってからようやく人が集まる感じなので、ガッツリ練習したい初~中級者にはオススメ。



なお、最上級の「Bコース」は今回はリフトが稼動しておりませんでした。残念。





■今回の動き

今回も夜行バスによる日帰りツアーを利用。
今回は最初からハング同期と出発。

さすがに今シーズン2回目ということもあり、前回の様な謎の痛みや疲労は無し。
加えて適正レベルの「Cコース」が人が少ないこともあったので思いっきり滑ることが出来、おかげで感覚的にはかなり上達した感があります。


また、前回ゴーグルが盗難にあったことを受けて今回は押入れに眠ってたサングラスを試用。
結論から言えば、「晴天時は問題なく使用可能」。
滑走中の振動や転倒などしてもズレたり外れたりするようなことは無く、雪や水滴・曇りなども無く外気で顔が冷えることも無し。
もっと気温が低かったりナイターや曇天などで暗かったりした場合は分かりませんが、普通に晴れていれば問題なく使用出来ますね。ようやく倉庫のサングラスが活躍出来る時が来たよ・・・。





次回は3/16(土)か3/17(日)あたりで計画してます。  

Posted by F-03 at 00:42Comments(0)スノボー

2013年02月18日

【ゲームレポ】13.02.16 リボルバーの反撃 @ AGITO定例会

F-03 です。

前日に飲み過ぎて寝不足と二日酔いが酷かったのですが、なんとか宣言通りAGITO定例会に行ってきました。
やはり今回も「サバゲー万能薬」が見事立証されました。



■今回の戦友■

・いつもの遊び仲間 勢 富士支部







■全体の流れ■

-人数-

およそ70人前後でしょうか。
インドアとしては多いですが、AGITO自体の知名度から言えば予想よりは少な目です。



-ゲーム内容-

午前=ダッシュ禁止の殲滅戦 x4戦
午後=陣地交差型の殲滅戦(ダッシュ禁止令は継続) x4戦・フラッグ戦(ダッシュOK)x4戦?


ルールとしてはチームでの勝ち負けを競うより、フィールド内で思う存分撃ち合ってくれ的なルールが多め。

1ゲームの時間は10分と短めで休憩時間も長くは無かったので、非常にゲーム回しが早かったです。
おかげでゲーム開始が10:30過ぎと遅かったのに関わらず、非常に多くゲームを実施することが出来ました。



-展開-

フラッグ戦を除いてはダッシュ禁止なので基本的には展開はゆっくり。
フィールドの構造的にかなり複雑なので連携を取るにも一苦労で、どうしても局地的な戦闘になってしまいがち。

これといった常連さんがいなかったのか、両軍共にアタッカーが少なかったように思われます。もっとも、姿が見えていないだけで本当は別ルートから進軍してたのかもしれませんが。





■個人的な動き■

メインアームは「三種の神g」・・・もとい、三種のリボルバーです。
⇒ マルシン アナコンダ 6インチ(8mm Xカートリッジ)
⇒ マルシン M29 約8インチ(6mm Xカートリッジ)
⇒ マルイ コルトパイソン6インチ(ノーマル)


これら三種のリボルバーのうち、基本的にはマルイのパイソンをサブとし、マルシン製をメインに稼動。

結論から言えば・・・「ハンドガン(リボ)最高!」

極一部の重大な欠陥さえ許容出来れば、AGITOでのハンドガンは長物よりも圧倒的に有効となります。
先ずは各動画を2本続けて。



・通常殲滅戦(1.3.4戦目。4戦目がボーナスステージ)





・陣地交差型殲滅戦 x4戦全て(4戦目で短期無双モード発動)





どちらの動画も最終戦がかなり調子が良かったのですが、同時に問題も発生。
と言うのが相手が弾着に全く気付いてくれない・・・?


この日、マルシン製リボは0.2gと0.34g(8mm)で、マルイ製リボは0.25gを使用。
8mmなら気付いてはくれますが、8mmはそもそもが性能的に厳しくこの日は気温の問題もあって不調気味。

ではと6mmリボで行くものの、相手の気付いてないところからの射撃だと無視されることが多く、私が完全に相手を捉えて射撃している姿相手が確認して初めてヒット宣言することが多かったですね。

極めつけは、FFと誤認して騒ぎ、FFではなく敵からの射撃だったと認識して初めてヒット宣言される方も。

おかげで必要以上に弾を消費せざるを得なく、そのせいで死なないハズだった戦闘も何度かあったり。こちらの弾数、基本6発なんですが。マジでマルイ製持って行ってて良かった・・・。



リボルバー道とはこんなに厳しいものなのですね、は○ねさん。





次回の出撃ですが、23日(土)にDSKへ、24日(日)にSPF(第二F)へ行く予定です。  

2013年02月11日

【ゲームレポ】13.02.10 漢♂達の性条器 @ Seals定例(リアカン)

F-03 です。
予告通り、Sealsのリアカン定例会に行ってきました。二連戦+睡眠時間三時間なんて関係ありません。

一体どんな「アレ」が待ち受けているのやら・・・。



■今回の○○ども■

・Mojya 勢



凄く・・・アツいです。


また、現地でSAS残党の「DEVGURU#2」さんご一行・OPS設立初期でみかけたムロイさんの相方様・DSKでよく見かけるベテランゲーマーさんなどもいらっしゃいました。奇しくも全員同じチームとか。





■全体の流れ■

-人数-

およそ100人前後でしょうか。リアカン戦としては異例の大人数らしいです。



-ゲーム内容-

全ゲーム復活無しの純正フラッグ戦。一往復だけセミ戦をやり、昼休みはハンドガン戦も実施しませんでした。
ゲーム間の休憩時間が10分程度と短く、しかも時間で区切るので時間になったら問答無用にゲームを開始。

そのためゲームのサイクルが非常に早く、午前6ゲームの午後8ゲームほど実施したような気がします。是非これは他のフィールドも真似して欲しいですね、個人的には。



-展開-

こんなこともあるんでしょうか・・・全14ゲーム?ほどやって、全ゲーム決着が付かず。

展開としては、赤軍の一部が開幕で速攻をかけ多少前進したところで停止。
以降赤が少しづつ攻め上がろうとするものの、黄軍の防衛ラインを突破することまでは出来ずに時間切れ。

黄軍からカウンターが来ることは無い様子だったので戦局としては終始赤軍が攻め気味だったみたいなものの、如何せん「大人数でのリアカン戦」ってところなので最後の一押しが仕切れなかった・・・と言ったところか。





■個人的な動き■

メインアームは「P90」。ノマグなんて全然揃えてない・・・。


午前はMojya勢の後ろに引っ付いてのSeals現場OJT。先ずはフィールドの内容の把握に努める。そして午後からは恒例の開幕ダッシュ。
が、午前も午後も相変わらず単独行動が目立ち、相互連携が大して出来ておらず。

リアカン戦ということもあり、いつも以上に単独突入の意味が無い。
ちょっとこれは本格的にリミッターの装着を考えなければならないかもしれないなぁ。





一緒に行ったコバ吉さんが素晴らしい動画を作ってくれたので掲載。

・全然連携出来ていない1マンセルx2 @ 突入の様子





・ショートフラッグ戦での全力疾走





・午後の様子。Seals新人なので、先ずは声出しから始めましょう。







次回の出撃は、翌週の16日(土)にAGITOへ遠征してきます。大月・・・遠いなぁ(土曜前後が日程的にタイト)。  続きを読む

2013年02月11日

【ゲームレポ】13.02.09 気分特上 @ OPS定例会(無制限)

F-03 です。
連休の予定が組み立てられなかったので、OPS定例会へ行ってきました。



■今回の戦友■(多いです)

・思う存分に弾を撒きたい 勢



知人二名は勿論のこと、松口閣下のお連れ様がまた最前線MINIMI過ぎて頼もしいったらありゃしない。



・Baby Seals 勢



この日のウメさんは見事に煽り屋過ぎた。



・haruna 勢



haruna氏がいよいよBHD装備にて本稼動・・・なのに、早速歯を負傷。ドン☆マイ。



・nakatoshi 団



間違いなく、本日のメインチーム。
ビギナー揃いのはずなのに、テンションは勿論ゲーム中もアゲアゲの押せ押せで、味方にいて非常に楽しかったです。





■全体の流れ■

-人数-

およそ80人前後でしょうか。無制限戦としては予想より少なめ。






-ゲーム内容-

午前=純正フラッグ戦・復活型フラッグ戦・セミ戦
昼 =ハンドガン戦x3
午後=キルカウント戦・ポリタンク戦

またも以前のゲーム内容に戻りました。まぁ無制限戦ですからいいとしましょう、セミ戦以外はね。



-展開-

基本的には黄軍が押し気味。
BabySeals勢の煽り屋「UMETs」氏がビギナー大集団のnakatoshi団を上手くノせて、開幕から知人共々で一斉に駆け上がる。
そしてその勢いのスキの部分・中盤以降の攻め上がるタイミングをベテランが埋め、全体を誘導・・・と言った感じ。
あまりに序盤数ゲームが一方的だったので途中からnakatoshi団が赤軍に渡り、若干勝敗が付きにくくなるものの基本的には黄軍攻勢のまま。

が、ラストゲームにて煽り屋「UMETs」が赤軍へ転籍。そのせいか、ラストゲームだけは状況が一転し赤軍が猛攻をかける形に。
元々ポテンシャル自体は赤軍の方が高かったため、それをUMETs氏が上手くまとめた・・・と言ったところか。







全体的にテンションが高く和気あいあいの雰囲気で、トラブルらしいトラブルは皆無。最早これは「大当たりデー」と言っていいでしょうね。定例会でここまで盛り上がれるのは恐らく年に一度あるか無いか。



・純正フラッグ戦







■個人的な動き■

メインアームはチップスt・・・もとい「G36K」。




昼休みに頂いた某ポテチの空き筒を見て、何を思ったのか銃に装着。
するとどうでしょう!?午前まで1ゲーム1.2KILL程度だったのが、午後になってからは3.4KILLペースに変わったじゃないですか!!





・・・それはさておき、最近「ショートマグ熱」が急騰しており、「SCAR-CQC+旧世代ショートマグ」の導入を検討中。
そこでG36K(≒ノーマルサイズマグ)がどこまで有効なのかを再認識するべく使用。

結論から言えば、「ブッシュ潜伏時でやはり邪魔」という結論に。

普通に攻め上がる分については問題無い(むしろ残弾が確認出来ていい)が、ブッシュに潜ったり匍匐して戦闘をする際はやはり地面にマグが付いてしまい上手く狙えず。


とは言え、わざわざ買ってまで必要か?とも思えるため、とりあえずは現状維持でしょうか。
P90の多マグジャムの問題も解決しそうなので、とりあえず「SCAR貯金」をしつつ様子見でしょうかね。



・ハンドガン戦





・セミ戦







次回の出撃は、翌日10日(日)のSealsリアカン戦に行ってきました。  

Posted by F-03 at 16:43Comments(5)ゲームレポ OPS

2013年02月02日

【ゲームレポ】13.02.02 原点回帰 @ OPS定例会(600発)

F-03 です。
OPS定例会へ行ってきました。なんだかここへ来るのは久々な気がします。



■今回の戦友■

・haruna勢 他



俺と「つ」氏の顔が変に見えるのはきっと日光のせい。





■全体の流れ■

-人数-

およそ40人前後でしょうか。予想よりかなり少なめです。





-ゲーム内容-

午前=純正フラッグ戦・復活型フラッグ戦・殲滅戦(往路)
午後=殲滅戦(復路)・セミ戦・大将付フラッグ戦・純正フラッグ戦

珍しくルールが変更。しかも全体的に復活無しのゲームが多めでした。イイネ!



-展開-

珍しいことに、午前の殲滅戦になるまでのフラッグ戦4戦は全て引き分け。
殲滅戦も全滅になることは一度だけで、その後も基本的に勝敗は引き分けばかり。僅かに黄軍(自軍)が1.2回くらい勝った程度。

内容としても決して膠着する訳ではなく、両軍ともに終始動きのある展開。開幕からそれなりの人数が速攻をかけ、陣取り終了後は微速前進。
黄軍(自軍)の速攻の人数が割と多めだったため比較的黄軍が前線を上げ、赤軍(敵軍)がそれを迎え撃つような格好。
なお、本日も守護神の「某SOCOM使い」を敵チームに発見。おかげで何度この方々にFGを止められた事か・・・。



人数は動き回る上では適正、戦力比もこれ以上無いくらい均衡し、展開も動きがある・・・と、今回も「当たりデー」でした。





■個人的な動き■

メインアームは「M14」。

前回のOPS定例会参加時にあまりにブッシュが禿げていたため、「スコープ使えば丸見えじゃね?」と言う目論見でした。

・・・が、結果は散々。
あまりにブッシュが禿げ過ぎているので木々やブッシュに移動しようものなら一斉射撃を受け、バリケードに移れば結局いつもと変わらない戦い方に。

特にM14にはスコープが載ってましたが、これのせいで咄嗟の時のエイミングが出来ず敵を逃したりスコープを覗くのにモタついたりゴソゴソ体勢を変えたりしたせいで敵に発見されたり。

午後になってマウントがズレてしまったのでマウントごとスコープを外す羽目になりましたが、かえって光学機器が無い方が取り回しが良く、午前まで0KILLだったのに午後から早速KILLを稼げるように。もうスコープなんて使わない・・・。





なお、今回動画は「芋」動画と、特攻ですらない「開幕でただ直線に走っただけ」動画しか無かったのでありません。





次回の出撃ですが、直近では10日(日)のSealsリアカン戦に誘われたのでそちらを予定しております。
久々の千葉上陸、一体どんな「アレ」が待っていることやら。  

Posted by F-03 at 21:48Comments(2)ゲームレポ OPS