2014年08月25日

【ゲームレポ】14.08.24(日) へんたいの通った後には・・・ @ TSP定例会

F-03 です。
「へんたい」に召喚呪文を唱えられたので、トルネードが降ってくることで有名な「東京トルネ・・・サバゲパーク」へ行ってきました。



■全体の状況■

人数=60名程度。きっと「総火演」効果
気候=なんだかんだで熱い

基本的にはフラッグ戦。時々セミ戦を織り交ぜる。
また、PMに「フラッグ持ち帰り戦」(後述w)・「籠城戦」などの特殊ゲームも実施。



-簡易フィールドレビュー-

セーフティから見て左半分は「通称:CQBエリア」。イメージはアウトドア版の 「LA PEOR PRISIO'N」(AGITO レンコンナイト用新フィールド)。
建物っぽく演出しているものの、結局は単なる入り組んでるだけの一本道でごく一部だけ二本道。
このエリア内で裏取りは全く出来ないので基本的には通路の中での遭遇戦で、時々二本道のところで小窓から撃たれる仕様。

閉鎖空間なのでトルネードが非常に有効。ただし上手投げはダメだよっ、絶対ダメだよっ(フラグ)。
また、侵攻にはカッティングパイの技術も試せる・・・と思うものの、結局は閉鎖空間なので
実際は閉鎖空間にありがちな「出待ち勢」や「アレ?」や「跳弾の嵐」に悩まされること多数。


右半分は市街地風エリア。イメージは「fff マッドフィールド」。
巨大なL字型の壁が交互に入り組んでおり、中央付近に2F建の砦。やはりこの中にいると跳弾が怖い、と言うか無制限に撃たれたら絶対死ぬ。
フラッグ片方に砦とバスもあるので、防御に最適。芋型ガンナーに取っては最高のバラマキポイント。
個人的にはこちらの方が「理不尽な死」を受けることが少ないので好き。



-ゲームの展開-

「へんたい」一同、黄軍に所属。
他称「れんけいのすごいちーむ」らしくやたらめったら騒いでたら、連戦連勝。
典型的な「黄軍=ガン攻めからの押し切り」な展開で、ゲームを追う毎にどんどん前に出なくなる赤軍。
が、午後からは集中力が切れたのか次第に押し切れなくなり、時々負けることも。





■今回の戦友■

・「全勝」を目指してた、へんたい一味









■個人的な動き■



メイン防具は「実物装備 各種」(現場仕様)。やっぱり「ミ○リ安全」!これならどんなトルネードが降ってきても大丈夫!

今回トル・・・サバパー初参戦。てっきり「ずっとCQBエリア」だと思っていたので、思いの他広くて予想外。
そのため、「長い家宝」から「短い8mm」、「0.28g入りHW」など、色々な得物で突っ込みました。



・開始40秒で支度した!(ゲームの勝利条件を) [見所:開始から50秒まで]





基本的には市街地風エリアで活動。細かく移動して顔の出せるこちらのエリアの方が好みですね。
CQBエリアにも時々入るものの、長く留まっているほど理不尽死のイメージしか湧かなかったですね。





・見ると思わず戦いたくなるもの




・・・某残党勢なら分かってくれるハズw





■名物事案、発生■

ご存じの方は「ぼうとう」から既にお気付きでしょうが、まさか本当に発生してしまうとは思いませんでしたよ。

「トルネード 上手投げ」


今回は(も?)CQBエリアにて発生。しかも壁を越えて飛んできたと言うじゃありませんか。
しかも、話を聞けば既に過去2回以上発生しているとのこと。勿論一回目は有名なアノ動画。

某氏の「偶然も二回目までは(ry)」じゃありませんが、フィールド開設からこの僅かな間に三回も発生してしまっているとなれば、もはや偶発的事故とは思えませんね。立派な「名物事案」です。









「やっぱり じつぶつそうび ならあんしんだねっ」





■新ダイエット方法■

朝飯





晩飯





「大豆は 畑のステーキ」





次の出撃は未定です。  

2014年08月25日

【ミニレポ】14.08.23(土) 続:リボルバー道(難) @ 九龍フリー

F-03 です。
日中のリボルバーの味が忘れられず、九龍にて延長戦です。


■全体の状況■

人数=30名前後
気候=そこまで蒸しはせず

(確か)赤軍に速攻型の常連勢が固まり、緑軍は進まず、進めず。



■個人的な動き■

メインアームは「M29 ほぼ8インチ&デリンジャー」。
先述の通り、赤軍(敵軍)に速攻型の常連が揃った模様。
おかげで開幕で倒されたり初弾交換会したり、時々倒せたと思った矢先に別から撃たれたり。
おかげで一ゲームにおける発射数はわずか3発程度。リロードすら必要ありませんでした・・・。





翌日24日(日)は、「トルネードが降ってくる」ことで有名な、「東京トルネ・・・サバゲパーク」に行ってきました。  

2014年08月25日

【貸切レポ】14.08.23(土) 一発の重み @ つ企画-IBF貸切

F-03 です。
つっきゃげ工房の「わくわくとれーにんぐ」。今度は「リボルバー道場」です。



■全体の状況■

人数=6名
気候=外の風 涼しい


知人限定による、極々少数による「へんたいゲーム」。



-ゲームの内容-

原則として、時間きまぐれの殲滅戦。「グダった瞬間に即ゲームを終わらせるよっ」は主催談。
実施したゲームは以下。

① 通常リアカン
② 全装弾数6発
③ 全装弾数6発。(但し銃への装弾は「ゲームが開始してから」)
④ 全装弾数6発。(但し銃へ装填していいのは常に「一発のみ」)

①と②については通常の弾数縛り。
特筆すべきは③と④。

③については「ゲーム開始してから初めて装弾が可能」ということ。
面白いほど人によってスタイルが分かれ、「開幕できっちり全数装弾する者」もいれば「とりあえず二、三発だけ入れる者」、「装弾数ゼロでハッタリをかます者」など、人によって様々。

更に④に至っては、一撃のアタリハズレで形成がいい気に逆転。
かと思えば、友軍の弾切れからカウンターに来た敵を迎撃するなどの連携も。

何より、接近戦時に瞬間的に狙うこと・遠距離で側面・背面を取った時の静かな緊張感・撃った直後のリロードの場所とタイミングなど、普通のゲームではまず味わうことの無い楽しみがいくつも発見。

これは・・・クセになる!!!



ちなみに、昨年のOPS並にゆっくり回したハズなのに、総ゲーム数は32ゲームとのこと。
案内とゲームの準備・移動をテキパキやれば、休憩長めでもたくさん遊べるという、いい見本でした。



・戦友「銭無」氏による「わくわく りぼるばぁ戦 ~ダイジェスト:PM版~」

こうも手込めリロードしてる姿が映っているのは、並のリボルバー戦でもそうは無いでしょう。
多分、世界一。



撮影班:ゼニム 氏



■今回の戦友■

・リボルバー大好きっ子 勢(本PHOTO:IBF八王子 様)





・「押収された」風の今回の全持参物





・サバゲーでも十分通用する「安全十訓」







■個人的な動き■



メインアームは「M29 ほぼ8インチ」(6mm)。8mmは二丁とも戦友へ絶賛布教中。

特筆事項は特になし。適当に速攻かけたり裏取りにぐるぐる回ったり。





■高尾の名店を食らい尽くす 勢■






いつもお世話になっている「多花美」(高尾名店街内)。
味良し・量良し・雰囲気良しで、言うこと無し!





延長戦=当日夜、九龍フリーゲーム  

Posted by F-03 at 22:01Comments(0)貸切レポ

2014年08月18日

【貸切レポ】14.08.16(土) 秘密の猛者園 @ 戦「ゆーすけ会」

F-03 です。
ふと「アノ得物をしばらく使ってないなぁ」と思い立ったので、久々に戦へ行ってきました。



■全体の状況■

人数=80名超との情報
気候=蚊の局地的大降り


今回、HITCOOL倶楽部のドSリーダーよりお誘いを受け、スタッフの主催のゲームに参加しました。
「スタッフ経由だから20~30人程度のゆるめなゲームなんだろう」なんて思ってましたが・・・何このEXPERT勢は!!?



-ゲームの展開-

既に当時参加された方からの記事にもありますが、とにかく全員がEXPERT。
開幕ダッシュ、からの声出しによる敵位置の報告、からの牽制射撃&無言の連携。何この一体感。直近ではHCC勢や3Fの集い、昔で言えばSAS勢くらいしか見たことないよっ。

しかも非常にクリーンでゾンビやオーバーキルの類の話は一切出ず、せいぜいFFが散見される程度。腕も良ければマナーも良い!

内容も開幕から終始気の抜けない展開で、しかも戦力は拮抗。
おかげでほぼ勝敗が決まらず、傍目には通常の定例会に似た膠着が発生してました。
しかし参加された人は知っている。「本来なら前に出たいのに、敵がそうさせてくれない」と言うことを。


聞くに、このような人数や内容は普段の定例会ではありえない模様。残念。
と言うことは、また次回「ゆーすけ会(敬称略、失礼)」を開催してくれることに期待するしかありませんね。



・・・それにしても、「フラッグ戦・エアコキハンドガン戦・耐久戦」に「HITCOOL制度」、「ガン回し」。なんてHITCOOLじみた運営なんだw俺得w





■今回の戦友■

・本質的には自由人 勢





・NON K の観測士っぽい何か





・TEAM 「Takuzo-」一派 様 (撮れば良かった)

・曰く「オリジナル」らしいSFっぽい何か (撮ればry)

・埼玉のウェスタン(撮ry)





■個人的な動き■



メインアームは「M14」、時々「戦国式トレポン:タネガシマ with ぷれぃときゃりあ~」。

個人的に戦は二回目。見晴らしのいいフィールドだったことは覚えていたので、久々にM14を引っ張り出してきました。
で、狙撃をしようと前半はスコープを付けていたものの、あまりに使い物にならず昼で解除。修理上がりでもあったので、これで完全なる箱出し状態へ逆戻り。
その途端に使用感が飛躍的に向上し、0.28g弾との相性もバッチリでそこそこ当てられるように。やはりM14にスコープは要らなかったやな(暫定6年使用の末の結論)。

また、ほぼ一年ぶりに迷彩服を着こむことに。
やはりまともなブッシュフィールドであれば迷彩の効果はあったように思えます。やっぱTPOに合わせた衣装って大事ですね。
勿論、せっかくの「戦」なので甲冑もお披露目。これでも数人は倒せたのでそこそこ満足。



・つ氏 げっとー





■博多ラーメンを愛でる 会■



帰りはいつもの「よかろうもん」。たまには紅と胡麻を和えてみました。ん~、旨い!





~所感~

ただ一言。
「是非また次回開催を熱望!このゲームは非常に面白い!」。





次の出撃は「23日(土)」の某貸切に参加予定です。   

Posted by F-03 at 23:56Comments(0)貸切レポ

2014年08月18日

【ミニレポ】14.08.15(金) 年一のラッキーデー @ 九龍フリー

F-03 です。
戦友よりまた無言の圧力がかかったので、九龍に吸い寄せられました。


■全体の状況■

人数=30名前後
気候=そこまで蒸しはせず

なんか赤軍の猛攻がすごかった。



■今回の召喚士■

・「サバゲ上がりのアイスは格別だぜ!」 団





■個人的な動き■



メインアームは「デリンジャーx2」。(序盤は「銀ガバ」)。
今回は「年に一度のボーナスデー」だった模様で、とにかくどんな得物でもバッチリ上手くハマったようです。
まさか、両手デリンジャーでここまで戦えるなんて・・・これはもう一丁買うしかあるめぇ。



・「貴方が持つのは銀のデリですか?黒のデリですか?それとも両(ry)」










翌日16日(土)は、色々と久々に「戦」へ行きました。  

2014年08月15日

【ゲームレポ】14.08.14(木) リハビリは驚嘆の声と共に @ HEAD SHOT定例会

F-03 です。
「へんたい」の囁きに誘われるまま、HEAD SHOTに行ってきました。



■全体の状況■

人数=目算100名程度
気候=午後から土砂降り


ここ最近評判のユニオン回し。
蒸し暑かったり雨が降ったりで若干サイクルが落ちるものの、キチンと最後まで回して頂けました。

実施したゲームは復活無しのフラッグ戦。
変更点はセミ・フルと開始位置だけと、シンプルかつストイックで俺に良し。



-ゲームの展開-

午前は黄軍が勝ち気味。開幕から瞬く間に赤軍を包囲し、そのまま押し込む形。
が、午後からは赤軍が勢いを盛り返す。特に降雨後の勢いはこの上無く厄介ww

結局その後も赤軍の勢いを「全く止められず」、なすがまま。一体午後から赤軍に何があったのでしょう…。



■今回の戦友■

・土砂降りでもはしゃぐ「へんたい」 一団 (撮り忘れ)



■個人的な動き■



メインアームは「AK74M」(KSCガスブロ)時々「家宝:タネガシマ」。
相変わらずAKは動作は絶好調。そして肝心の射手は相変わらず無防備の相手しか倒せず。

前々回のOPSにてほぼ足の痛みが引いたのが分かったので、リハビリがてら試しに全力疾走してみました。





無事、痛みはほとんど無くなったのでこれからまた各地で全力疾走出来そうです。え?戦績?全力疾走出来ればそれで満足ですよ。
(一応「甲冑はただのコスプレ野郎」と思われないよう、密かにガチ戦闘してたつもりではありますが)。





次の出撃は未定。  

2014年08月15日

【ミニレポ】14.08.13(水) 腐乱防止に @ 九龍フリー

F-03 です。
OPS貸切までの三連戦でグッタリしてましたが、家にいても腐るだけなので九龍に行きました。


■全体の状況■

人数=30名前後
気候=そこまで蒸しはせず

赤軍(敵軍)がやたらと3Fに突入する展開でしたね。



■個人的な動き■

メインアームは「デリンジャー」。サイドアームに「USP」(エアコキ)。

デリンジャーの主な用法は、主に通路の角での遭遇戦。やはり距離があると狙えませんね。
で、サイドのUSPでも初弾を中々当てられずに四苦八苦。今一度、ちゃんとサイトを使って弾道を覚えなければ。



急遽、翌日の「14日」(木)に、HEADSHOTへ行ってきました。  

2014年08月15日

【貸切レポ】14.08.11(月) 3FのDSG @ OPS貸切

F-03 です。
3Fの集い第二弾「3FのDSG(Dual Selective Game)」が無事開催されました。


■全体の状況■

人数=最終は60名
天候=台風一過 ktkr!

前日までの私自身の予測では、いいとこ30名くらいだろう・・・なんて思ってみましたが、蓋を開ければ60名もの参加者が。
特に新旧の知人関係だけで無く、知人からのお誘いや過去数回程度ゲームをご一緒した方。はたまたネット越しにうっすらと伺った方や完全に初めての方など、ありとあらゆる方にご参加頂きました。本当に有難う御座います。
(いや、別に私自身が商売をしてるワケではないので、来てくれたから「有難う」と言うのも厳密には違いますがねw)


備忘録がてら、実施内容は以下。

・基本的な流れは、純正フラッグ戦を「無制限戦 表裏 ⇒ リアカン戦 表裏」でブン回す。1ゲーム10分間でタイムアップは両軍負け。

・12:00から昼飯到着までの時間調整は「ASAP」(SAS式ハンドガン戦)を実施。

・16:00直前の〆のゲームは「無制限勢 vs リアカン勢」。



-ゲームの展開-

第一幕=開幕ダッシュからの拠点確保のための壮絶なる潰し合い
第二幕=膠着状態からの声出し連携による前線の攻防
第三幕=戦力が傾いてからの前線の移動
第四幕=フラッグアタックへの怒涛の攻め


別に事前に何を示し合わせたわけでも無ければ強要したわけでも無い。
それこそ参加者はお互いに名も性格も知らない「赤の他人」同士。
なのに、各地で声を上げての敵位置や戦局などの情報のやりとり、そして移動する際の無言の連携。

・・・これだよ。正にこれが理想のサバゲーのスタイルだよ。こういうゲーム展開を私はやりたかったですよ(超歓喜)。


  


  


  


  



PHOTO:NABE&スパロー さん + Sumison さん

いつも素晴らしい写真を有難う御座います!




■個人的な動き■






PHOTO:スパロー さん


メインアームは「AK-74M」と「タネガシマ」。運営しながら完全に全ゲームフル出場を見越した装備。

同じ戦い方を求める仲間に、変な考えなんて必要ありません。
ただその場その時に思いつくまま閃くまま、ただただその時の流れに身を委ねるように・あるいは流れを更に作るかのように衝動的に身体を声を動かすのみ。

これがこんなにも気持ちいいなんて・・・正にサバゲ天国。やってよかった・・・。





~所感~

今回は無制限かリアカンの片方しか出ない方の移動や休憩を考慮し、「無制限戦 表裏 ⇒ リアカン戦 表裏」の流れで実施しました。こうすることで、たとえば無制限派の方は「リアカン表」の時は十分に休むことが出来、「リアカン裏」が開始すると同時に支度・移動を開始することで急がずに準備が出来ますからね。
これで休憩の時間をある程度は確保出来たかと思います。

また「タイムアップはどちらも負け」とすることでタイムアップさせないような意識を作りだし、更にゲーム時間を短くすることで「時間が経ってから行動を開始」するようなことも防止。
もっとも、これらは今回の参加者に限っては不要でしたでしょうが。


あと今回もフィールドのスタッフの方や参加者数名の方には、ゲーム運営のために色々とお手伝い頂きました。
「楽しいゲームを作るには運営と参加者の相互協力が必要」という思想を持っているため、これには非常に助けられました。本当に有難う御座いました。





数名の方からは好評の声を頂いておりますので、是非また次回も開催したいですね。いや、なんとかして開催しましょう。
人が最低人数集まるのであれば、千葉とか埼玉とかで「出張版」を行ってみたいですね。  

Posted by F-03 at 16:29Comments(0)貸切レポ

2014年08月15日

【貸切レポ】14.08.09-10(土日) 避暑過ぎた夏合宿 @ HCC主催エステート貸切

F-03 です。
昨年から恒例の「HITCOOL倶楽部主催 夏のエステート避暑合宿」に今年も参加しました。



■全体の状況■

人数=20名前後
気候=涼しいを通り越して「寒い」


今年もやってきました「廃旅館フィールド エステート」。今回は連日HITCOOL倶楽部のみの貸切なので色々安心。
天候的には雨が降ったり止んだりの微妙な天気でしたが、なんとか二日間ともゲームが実施できました。


主なゲームは以下の通り。



-一日目-

AM:無制限復活式チームデスマッチ
昼休み後:4on4 エアコキ
PM:本館3F vs 別館2F フラッグ戦(得物縛りを「エアコキハンドガン⇒ガスガンまで⇒電動まで全て」(いずれもセミ)で回転)



-二日目-

AM:本館3F vs 別館2F フラッグ戦
昼休み後:4on4 エアコキ
PM:無制限復活型 三か所センターフラッグ耐久戦・屋内戦(嵐のため、戦略的撤退)


さすがはHCC、「フィールド」と「ゲーム」の両面で楽しめるゲームルールを起用してくれます。



-ゲームの展開-

HCCの中でもとりわけ「へんたい」の部類のメンツが集まったため、やることなすことがいちいち半端無い。
真正面での「薄い」対決は勿論、障害物を挟んでの読み合いやドッグファイト、奇襲作戦にアクロバティック侵入・乗り出し射撃など、どこまで変態道を突き進めば気が済むのやら(当然褒め言葉w)




■個人的な動き■

メインアームは「銀ガバ・アナコンダ」時々「タネガシマ」。

個人的には特に目立ったこともせず、至って普通の人のようなプレイ。
ダッシュをするわけでも防衛にいるわけでも無く、ただフラフラと前に出ては撃たれての繰り返し。
せいぜい、真正面での戦闘を出来るだけ避けて迂回したり射線を切りながら移動したりを心掛けてた程度ですね。



・別館への突入作戦







■夜中のある意味本戦■

・ばびさん改め「天我」さん。さすがNEWリーダー、名前がえらくカッコイイw
・同時になすびーさんも「RED・BULLマー」さんへ。あの写真はさすがに一般公開は出来ねぇw
・からにんさんのサバゲー談義がアツイ
・当然の如くアツくなる一同。ただしもっともアツくなるべき面子はこぞって夢の中。
・濃霧だ何だで夜中に外へ飛び出すもの数名。畜生、やはり甲冑は持ってくるべきだった。
・日付も変わる頃にようやく就寝。この時既に「イビキ サラウンド」は2.1ch。
・そこから始まる「ミリタリー限定しりとり」@消灯後。この時点で「イビキ サラウンド」は5.1ch。
・あの日本酒はいい酒だ。全く悪酔いしなかったのがその証明。





~所感~

このメンツの合宿は本当に面白い!是非毎年実施しましょう。

フィールドについては非常に面白い反面、非常に使い辛い。
AGITOと同じく非常に入り組んでおり、広さもかなりあるので並大抵のルールでは楽しみ切れずに終わってしまうでしょう。
その点はさすがHCC。出来る限りフィールド全体を活用しつつ電動使いも楽しめるようなルールを作ってくれました。このノウハウ・・・是非盗まねばっ。





■戦略的補給■






エステートより北上すること20分。割と大き目な駐車場に佇むそば処。
値段は標準的。
見た目は店舗も料理も綺麗。
味、旨!旨!旨!

食べやすく小分けにされた見事な戸隠そばにしっかりと味付けされた鴨つゆ&鴨肉。
別途頼んだ天ぷらはさらっと軽い衣に中身はふんわりモチモチ。
テーブルに並ぶはそば茶・そばふりかけとそば尽くしな上、止めと言わんばかりに長野名物「八幡屋蟻五郎」製の七味がかけ放題。

・・・来年も寄るしかあるめぇ。





翌日「11日(月)」、遂に(俺が)待望の「3FのDSG」が開催!  

Posted by F-03 at 13:25Comments(0)貸切レポ

2014年08月08日

【ゲームレポ】14.08.03(日) 一種の夢遊病 @ OPS-600発戦

F-03 です。
諸条件が整わなかったので、OPSに予定を変更しました。



■全体の状況■

人数=120名前後
気候=うなだれる暑さ


-ゲームの展開-

序盤は黄軍が猛攻。何故か俄然不利な赤開始で圧倒的に勝利。
途中からは赤軍が盛り返し、概ね戦力は五分に。

やはり決定的な差は、相手が弱っているタイミングで平押し出来ているかどうか。これが出来ているか否かで前線の上がり具合が大きく違ってきますね。



■今回の戦友■

・THE 残党's











・OPS 歴戦勢













・(360°版)

8/3の戦友。 ブログ掲載用。 - Spherical Image - RICOH THETA







■個人的な動き■



メインアームは「KSC製 AK74M」(ガスブロ)。

「ガスブロのフルオート ヒャッハー!」するハズでしたが、日頃の不摂生が一気にきたのか集中力がゼロ。徘徊しているところをスコンと撃たれるばかりで、ほぼ何もしていないも同然でした。
こんな状態なら、いっそ前線に出ないで後ろで状況を見ていれば良かったなぁ。



・ガスブロ ヒャッハー







次の出撃はイベント目白押し。
9-10日(土日)=HCC主催 廃旅館遠征 @ エステート
11日(月)=3FのDSG(OPS貸切)
身体、いつ休めるかな・・・。では、行ってきます。  

Posted by F-03 at 22:19Comments(2)ゲームレポ OPS

2014年08月05日

【貸切レポ】14.08.02(土:夜)名前負け @ ASOBEZU

F-03 です。
知人が貸切をするとのことで、ホイホイ某板橋へ釣られました。


■全体の状況■

人数=15名前後
気候=空調って素敵



■前段■

某「余程でない限り」は「あぶなくない 相棒」の記事の通り、ゲーム開始前の段階にて根本的なトラブルが発生。詳細は相棒の記事に一任。

このトラブルによる変更点は「得物が10禁から18禁に。初心者はBDUで保護」。そしてプレイ時間が約一時間程度損失。
せっかくの「ASOBIBA」なのに、こちらの想定していた内容では全くASOBEZU。危うくスタッフへ怒鳴り散らす寸前だった私を止めてくれた相棒に感謝。



-ゲームの展開-

まずは「初心者vs経験者」に分け、セミ限定の無制限復活戦。初心者は18禁電動ハンドガンなのに対し、経験者は10禁や18禁のエアコキハンドガンで応戦。
その後はチームを変えてからフラッグ戦の他に爆弾解除戦、ターミネーター戦などの特殊戦を多めに実施。

経験者勢の得物が「人に優しいもの」多めだったためか、経験者が前に出ると初心者も続いてきてくれ、終いには自らドンドン先に進むようになってました。





■今回の戦友■

・ サバゲーを楽しむ 会







■個人的な動き■



メインアームは「G26」(リアルフィニッシュ)。いわゆる「銀ダン」 ですね。

得物がとても人に優しいので、超至近戦となる「ASOBEZU 1F」でも躊躇せずに全力プレイが可能。おかげで初心者相手でも変に気を抜くことなく全力で楽しめました。



■本日のディナー■





ピザは笑顔の素 - Spherical Image - RICOH THETA





「みんなだいすき、宅配ピザ。笑顔があふれる、魔法の食べ物だよ」(CM的なノリで言うのがミソw)
トラブルでもにょった雰囲気を一気に打開したのは、ある意味コレかもしれませんw
今後も荒れた日の対策兵器として、記憶に留めておこう。





~所感~

-戦友 各位-

先ずは幹事の「TB8」及び交渉人「さつま」、大変お疲れ様でした。
特に幹事の「TB8」については、この日のために入念なゲームルールと小道具、その他諸々の準備に大変だったことでしょう。

内容的には、サバイバルゲームと言うよりは「エアソフト・レクレーション」的な内容でしたが、得物の半分が優しさで構成されたこともあり、初心者の方も怖がることも無く終始存分に楽しめたかと思います。私としてもいい勉強になりました。

また、もにょった雰囲気を特殊戦で騒いで打開してくれた「おゼニ」「しじ」両名にも感謝。あのバカ騒ぎは間違い無くこちらにも伝染していたよ(良い意味で)。

また「7嬢」もガンガン前に出てくれたので、きっと「自由の女神」の如く初心者の導き役になっていたと思います。



-フィールドレビュー-

1Fで遊んでみた感想としては「10禁推奨」。最大でも18禁はエアコキハンドガンまでが限界ですね。
こんな狭くて入り組んでいるところで18禁銃では、ハンドガンですら恐怖を感じるのと同時にゲーム性を完全に奪うことになりますね。
ましてやこんなところでフルサイズの電動ガンを撃ちまくるなんて、相手の痛みを感じられないとしか思えません。

これが「サバゲー上級者」を対象にしているのであればまだいいのでしょうが、「誰でも手軽に遊べる」ことをコンセプトとしているのであればもっと初心者の目線にたって物事を考えるべきでしょう。
こんなところでフルサイズ電動ガン(場合によっては規制超過銃:過去発生した怪我報告事案より推測)で撃たれた日には、誰もリピートで来たいとは思わないでしょう。私も怖くて行きたくありません。


最近の定例会の現場や伝聞による様子から「ゲーマー人口の減少」の気配が見えるので、フィールドとしては今後「いかにリピーターの数を多くするか」を考慮しなければ、今後起こりうる「フィールド戦国時代 -まさにサバイバル 編-」を勝ち残れないような、そんな気がしました。

まぁ、余計な取り越し苦労かもしれませんが。











TB8、乙!!





翌日「3日(日)」は、結局いつもの稲城某所でした。  

Posted by F-03 at 19:04Comments(0)貸切レポ

2014年08月05日

【貸切レポ】14.08.02(土:昼) 流しがブン回す @ DSK-FB様主催交流戦

F-03 です。
埼玉の友好チーム「FlyingBeans」様より交流戦に誘われたので、ホイホイ参加してきました。
場所は「デザートストーム川越」です。


■全体の状況■

人数=7名 vs 7名
気候=ガスブロAK74Mが歓喜乱舞


実は「チーム対抗戦」の雰囲気が漂っていたのでかなり警戒してました(具体的には前日夕方より6時間悩むくらい)。チーム対抗戦にロクな思い出が無かったので。
が、結果は取り越し苦労。今回の相手方の皆さんは全然問題無く素晴らしいゲーマーさんばかりでした。

ゲームの運営は「FlyingBeans」さんのいつものスタイルで回すことに。
が、リーダーのsandさんがヘバリ気味だったので、運営を「ちょこっとだけ」補佐しました。



-ゲームの展開-

戦力的にも展開的にも一進一退で、その内容もゲーム毎に様々。
一点突破をすることもあればジリジリ攻めることもあり、序盤から優勢のまま押し切ることもあればカウンターされることも。こうまで戦い方も戦力も均衡になるのは珍しいですね。
弾数制限のおかげでばら撒きになることもなく、適度な緊張感と遊び心の丁度良いバランスで一日を楽しめました。





■個人的な動き■



メインアームは「KSC AK74M」(ガスブロ)。ちょwフルオート時のリコイルと弾道の性能が高性能過ぎるww
これなら地獄の埼玉炎天下も許せてしまうなぁ。

まだまだ徒歩による遅延プレイ。足の痛みはだいぶ引いたものの、まだ僅かに痛みが残るので油断は禁物。
基本は大外からの囲い込み。徒歩移動のみでは、建物を間に挟むような射線を切る戦い方しか出来ず(ハンドガン一丁で速攻して建物に入れば良かった、と言うのは後の祭り)。

AK74Mの美味しいフルオートの味に気付いたのはゲーム後半だったため、もっと早く気付いていればもっとはしゃげました。これは翌日に持ち越しだ。





その後は早引きし、某板橋へ向かいました。  

Posted by F-03 at 18:27Comments(0)貸切レポ