2016年06月30日

【ミニレポ】16.06.26(日:夜) 到達点 @ 九龍フリーゲーム

Peace keeperの帰り道・・・時間が余ってしまったので久々に九龍にて延長ゲームです。



■全体感■

人数=16名ちょい
ゲーム内容=殲滅戦

久々に顔を出しましたが、生憎顔見知りはいなかったですね。
あと行く毎にゲーム回しが新人さんばかりで、行く毎に回しが遅くなってます。まぁ今回は代わりに休憩が少なかったのでトントンっちゃぁトントンでしたが。




■個人戦果■



19:00~=Hi-Cap5.1
20:00~=デリンジャー(10禁エアコキ)

「夏はガスブロ!」と珍しく普通の銃で挑むものの、こう滾るものがなくつとめて無感情。
これがデリンジャーに変えた途端に沸き上がってくる闘志は一体なんなのでしょう。

一度だけとは言え10禁デリンジャーで敵を壊滅させた時は、こう「長年追ってきた目標に辿りついた」かのような終末感を感じるました。ランダムさん、私は今、貴方にどれだけ近付けたのでしょうか・・・?




  

2016年06月30日

【ゲームレポ】16.06.26(日) 試練の日 @ PeaceKeeper定例会

久々の埼玉西部にて、PeaceKeeperに行きました。



■全体感■

人数=50名前後
ゲーム内容=殲滅戦多め

人数は日曜の定例会としては少なめで、まだまだ集客途中な感がありました。
この日はとにかく赤が強かったですね。とてもつよくて はがたちませんでした。





-簡易フィールドレビュー-

砂利地で割と細長な長方形型CQBフィールド、パッと見た雰囲気はSISTERに類似。
背丈以上の板バリケで道や部屋が作られており、近接する場所と長い射線・動線があったりと射程はエリアによってまちまち。

ただ細長な長方形ということもあり膠着地点は限られてしまうため、一度膠着してしまうと迂回出来ず結局は遠距離での正面戦闘が大半になってしまいます。
ただ膠着ポイントを抜け出せれば相手陣地に切り込めるので、その時点でボーナスタイムがほぼ確定。要はそこまでいかに我慢できるかどうか・・・と言ったところでしょうか。


またこのフィールドのルールとして「ダッシュ禁止」と「撃ちこみ推奨」とのこと。

「ダッシュ禁止」は概ねAGITO(後半)と同様で、「一歩で止まれる速度」を上限とした速度制限アリ。
理由は「ダッシュによるゾンビ対策のため」ということですが・・・個人的にはこれのせいでフィールドの良さを50%損失してる気がしました。これさえなければ膠着ポイントでも何とか低火力でも遊べるのですがねぇ。ナーフチャレンジは難しそうです。

あと「撃ちこみ推奨」ですが、要はこれもゾンビ対策で「死なないなら気付くまで撃ちこみましょう」という考え。
これ自体は納得は出来るのですが、若干これを強調し過ぎて「撃ちこまない方が悪い」的な雰囲気があるのは個人的に好きでは無いですね。
まぁこれは単に価値観の相違であり、フィールドが悪いわけではないのであしからず。


・フィールド内の様子(兼 徘徊死集)





-以上、簡易レビュー終了-





■この日の戦友■

・おっさん ども




■個人成果■




ガチ:MWS、MiniUZI
ユル:M9A1

この日も「最高気温29℃」との予報だったのに雲天で微妙な気温で、またM1911(ガスブロ)がしょんぼり。

上記レビューの通り、移動が徒歩なので思うように動けずただの的状態。痛みが完治するまで「絶対安静」しなければ。
しかしアレだ、屋外フィールドで徒歩だと全くと言っていいほどゲームに熱が上がりませんね。

そうそう、やんごとなき理由にてMWSを買ったのですが、性能はいいですね。性能は。
リコイルは強いし、弾道は素直だし、マガジンは軽いし。
が、やっぱM4ってつくづく合わないんだよなぁ。とりあえず各種サイトがすごい邪魔。あと射撃音がすごくとれぽんっぽくてすげー嫌。



  

2016年06月25日

【ゲームレポ】16.06.19(日) 初心者以下 @ OPS-無制限戦

体調がかなり優れなかったので、OPSに行きました。



■全体感■

人数=110名前後
ゲーム内容=AM:赤黄フラッグ戦 / PM:青白フラッグ戦、復活戦

黄軍がガンガンダッシュするも各個撃破され、赤軍は僅かに引き気味なもののダッシュ勢はおり、開幕である程度潰し終えたらきっちり連携を取って確実に上がる・・・というパターン。
おかげでこの日の黄軍は連戦連敗のワンサイドゲーム。ただ「サバゲを楽しむ」という心は最後まで持っていたので、テンションはむしろ後半になるほどアガってましたね。




■この日の戦友■

・836会



■個人成果■



長モノ=Mini UZI(WA)
短モノ=Hi-Cap 5.1(黒)


「最高気温29℃」という予報だったのに、着いてみれば梅雨らしくジメって蒸す微妙な気温。
おかげでお気にのM1911(ガスブロ)や各種バズーカはしょんぼり。

またフィールドのレイアウト変更に伴い交戦距離と見晴らしが遠くなりすぎたこともあって、まさかの丸一日でノーKILLでした。最早ここは「連射が効いて飛距離の出る得物」じゃないと楽しめないところになってしまいましたね、残念。




・即死集






  

Posted by F-03 at 02:11Comments(0)ゲームレポ OPS

2016年06月25日

【ゲームレポ】16.06.18(土) きたかぜとともに @ TSP定例会

某北の戦士が遠征してきたので、印西でランデヴー。



■全体感■

人数=80名前後
ゲーム内容=特殊戦モリモリ

前半は黄軍のワンサイドゲームでとにかく連戦連勝。
後半になってようやく赤軍が息を吹き返し、最終的にはトントンになりましたね。

懸念していた投擲物も適正な使い方でしたので、楽しく遊べました。




■この日の戦友■

・モス一派



■個人成果■



得物=とっかえ ひっかえ

最高気温30℃の真夏日とくれば、ガスガンを使わずにはいられないっ。
ゲームも特殊ゲームが多かったので、特に気張らずのんびり遊んでました。

しかし真夏日となると、モスカートの飛距離は一気に伸びますね。正にグレネード宜しく結構な距離を面制圧する勢いで弾が飛んでました。




・大砲くるくる






  

2016年06月23日

【ゲームレポ】16.06.12(日) ケガ悪化の一因 @ SEALs-300発会

紆余曲折ありながら、SEALsに行ってきました。



■全体感■

人数=90名前後
ゲーム内容=主にフラッグ戦、たまに復活戦

この日は至って普通の定例会。強いて言えば、赤の中で特定の一団さんがとてもノリが良かったですね。
あと、この300発会ってノマグなら無制限なんですね。なんだ、それならノマグ装備にすれば良かったなぁ。

展開的には「赤が攻め、黄が受・・・守り」。
序盤は赤がダッシュで前線を上げるも、各個撃破の後にカウンターのパターン。結果としては黄色が押してましたね。




■この日の戦友■

・Baby seals



■個人成果■



メイン1=タネガシマ
メイン2=試作型BR(通称:ぎょライ)
試験稼働=次世代MP5PDW

戦果はボチボチ。序盤は良かったものの後半になってジリ貧に。
あれだ。前半調子がいいと、つい開幕の到着ポイントを前に設定し過ぎてしまうんですよね。で、迎撃されると。




・「グキッ」の瞬間





ついまた地面の不安定なところを全力で突っ込んでしまいまして、足を捻りました。もう完全にクセになってしまってます。やばい。




■個人的MVP■

この日の個人的MVPは、黄軍の「子連れ父ちゃん勢」。
小中学生のお子さん(複数)を連れ、一小隊となって前進。声を出しながら子供達を前進させ、自分も離れすぎないように前進。
このお子さんも連携を取りながら前進し、一度前線で真横から撃たれました。多分10禁で。いやは、お見事。



■サバ麺's■



今回のサバ麺は、「貝塚IC-千葉駅 間」にある家系ラーメン屋「杉田屋」へ。
看板曰く、あの元祖家系ラーメン「吉村屋」の直系店だとか。








だいぶ走った&足を捻ったので、チャーシュー麺(大)を注文。ちなみに右が並サイズ。

さすが直系店を名乗るだけあって、味は本店の吉村屋にかなり近い。もしかしたらほとんど同じかもしれませんね。
ボリュームも大盛りということもあってかなり多め。ラガーマンクラスで無ければ十二分に満足出来ると思います。




  

2016年06月16日

【貸切レポ】16.06.11(土:夜) 選抜ガチ戦 @ Lamb Lamb貸切

ブーさん主催によるガチ戦に誘われました。



■全体感■

人数=20名前後
ゲーム内容=「3 on 3」 ⇒ 「5 on 5」

今回集められたメンバーは所謂「バリケ戦のTOP層」。ガチの中でもシャレにならないレベルの方々ばかり。
人数が少ない前半は「3 on 3」で動きのあるゲームを行い、人数が集まった後半からは「5 on 5」にて実施されました。




■個人成果■

ガチ銃=M1911(エアコキ)

無ー理ー。「見えない」・「当たらない」・「動けない」の三拍子。一番堪えたのはやはり「見えない」でしょうか。

今回はジョーカー役としてお呼ばれされたものの、到着が遅れて「5 on 5」からの参戦となったため動線がほぼなく身動き取れず。
結局2時間遊んで倒したのは「某宇宙タイツ」の一名一度のみ。マジしんどかったわー。
ただ終盤で前には出れるようになってきたので、あと少し・・・ってところでしょうか。





  

2016年06月16日

【ゲームレポ】16.06.11(土:昼) 熱血記録更新日 @ 湘南トスカ定例会

夜にガチ戦が控えていたので、湘南に寄ってきました。



■全体感■

人数=50名前後
ゲーム内容=色々

ゲーム回しは休憩7分程度と、市街フィールドとしては普通。
比較的特殊ゲームは多めで、アサルト1のようにおよそ2ゲーム1セット毎に特殊戦とフラッグ戦を行う感じ。PMになると特殊戦が連続することも。

この日はやたらと「最高記録」が出ていたようで、「最短ゲーム時間」・「最多死亡数」・「最多ゲーム数」とかあったとかなかったとか。




-簡易フィールドレビュー-

曰く「傾斜のついたアサルト1」
曰く「平和なバトルシティ」
曰く「ミニTSP」

神奈川では珍しく(そして待望の)屋外市街フィールド。
フィールド自体は縦長で狭めで「みんなの森」のように奥スタートが傾斜(登り)となっている。

フィールド内のオブジェクトは、、、
「アサルトのような塹壕」
「TSPのようなCQBエリア」
「バトルシティのような距離感のバリケ・車」
など、他の市街フィールドの構造を参考にされたものが各所に配置。
そのため気分によって性格の異なるエリアで戦うことが出来ます。



なお、近所の旅館と提携しているらしく昼食時に宿の宣伝をされてました。ここで二日連続の貸切をやるとするなら・・・リボ祭り?





■この日の戦友■

・関東厚木組
・九龍のUPIUPI族



■個人成果■



メイン1=M9A1
メイン2=試作型BR(通称:ぎょライ)
メイン3=5-7(Co2)


動画を見て納得。
なんかこの日は遊んでてもイマイチ自身が盛り上がらないなぁと思っていたら、「こちらの死亡を確認してから相手もヒット」とか、「バリカタ」とかが多かったんですね。



・最短ゲーム時間







■個人的MVP■

この日の個人的MVPは「デカの人」。
スーツ姿にシャッガン(多分マルイ870ウッド)&リボルバーでとにかく圧倒的連凸攻撃。
何度か本陣を強襲されることもあり、私も何度かやられました。あれはお見事。



  

2016年06月09日

【ゲームレポ】16.06.05(日) 可もあり、不可もあり @ AGITO定例会

UZIのマガジンを仕入れに、AGITOに行きました。



■全体感■

人数=60名前後
ゲーム内容
 AM:殲滅戦
 PM前半:フラッグ戦
 PM後半:攻防戦

いつもの平和なAGITO。最早AGITOは私にとって、以前の九龍(夜)と同様に憩いの場となりました。



■この日の戦友■

・AGITOの天敵
・HCC遠征派
・隠舞69式



■個人成果■

(写真撮り忘れ)

AM(殲滅戦):ポジトロンライフル
PM(フラッグ戦):アナコンダ(8mm)
PM(攻防戦):Wガバ


印象に残った活躍は無いものの、戦果自体はボチボチ。
地下潜入時にライトを上手く使えたのが印象的でした。




・素通りしていく敵たち







■サバ麺's■




恐らく大抵の人は寄るであろう、AGITOから大月ICへ行く途中の「駐車場の広いセブンイレブン」。
その隣にある北海道ラーメン屋「新源」へ、ついに突入しました。





「正解!」

ベースは看板の通り、北海道特有の甘い白濁系味噌ラーメン。
甘めのスープの中にわずかな辛み成分があり旨し。

また私は頼みませんでしたが、他のメンバーが頼んでいたサイドメニューの「ネギライス」がとても美味しそうでした(現地にて「超旨ぇ!」の声多数)。くそぅ、やっぱ頼めばよかった。




  

2016年06月04日

【イベントレポ】16.05.28-29(土日) ぬるま湯の代償 @ SPLASH-24時間耐久戦

知人のお誘いを受け、久々に24耐に参加してきました。





行きの道中はこればっかり流しまくりんぐ。



■入場前■

人数=165名(HP事前エントリーより)
天候=曇天⇒晴天

改めて思ったのは、24耐については客層がかなり違うなぁ、ということ。
服装のせいだからかもしれませんが、立ち振る舞いや装備、その他荷物など、明らかに普段定例会で見かける人とは違う雰囲気の人ばかり。
一言で言えば「野良時代からのきってのベテランゲーマー」という感じがしました。








「24耐=食事も全て持参でしょうJK」と思っていたのですが、今回は有料で支給してくれるようです。なんだ、それなら食糧は要らなかったなぁ。




■全体感■

まず、以前参加した時と比べてゲームルールが色々とアップデートされてました。


1.「弾数・生存制限ルール」の追加

⇒開始から2時間は「1マグ戦」を実施。
ルールは字の通り「1マグのみ」での戦闘で、箱マグは禁止。なので、最大でもAK多弾(600発)が上限。

⇒17:00あたりより「30分 NO復活戦」
30分を一区切りとして、一度ヒットされたらしばらく復活できず自陣で待機。30分ごとに設定された復活可能タイミングの時が来てようやく再出撃出来る、というもの。


これらのルールが追加されたことで単調だったバラ撒き・膠着が抑制され、より動きのあるゲーム展開が出来るようになってました。
これはとてもいいですね。これにより、弾数より参加者のスキルによる優劣の影響が出やすいようになりました。



2.「ブロークンアロー」の明確な定義化

⇒過去参加した時は、ブロークンアローの成立条件が「本陣強襲によるリスキル状態」(スタッフ判断)という結構曖昧な状態だったのですが、これが今回は「自軍全フラッグが取られる⇒自陣近くに最終フラッグを設置、それが取られたらブロークンアロー」というルールに変更されておりました。
これによりブロークンアローの成立条件が明確になったため、やるべきこと・本陣強襲のトラブルが軽減出来たと思われます。



これらのルール変更は個人的には大歓迎。これならゲーム展開にメリハリが出てきますし、それぞれが得意とする戦法を活かせるタイミングが出てきますからね。





今回は黄軍に所属。
基本的には劣勢で、前半戦の中盤(19:00頃)で一度ブロークンアローされてしまいました。
その後、夜の時間は黄軍が盛り返して明け方近くまで優勢でしたが、すんでのところでブロークンアロー返しまでは出来ず。
翌朝明け方より再度劣勢になり、そのまま押され切ってしまった、という感じでした。





■今回の戦友■

・LLボーンズ




■個人戦果■




メイン飯アイテム:はんごう(セラコート済み)。ようやく使えた。





メイン:MP5A4

基本的にはこれ一本。
途中G3A3も持ち出しましたが、SPLASHの地形には全然合わせられませんでした。


主に夜の時間を中心に活動してましたが、活躍の出番は終始無し。
戦線を上げることも出来ず、囮になることも出来ず、ポイント追加になる戦果も無し。最多戦死賞ですら他の方に取られてしまいました。

反省としては、普段通りの「ノーガード戦法」で体力ばかり取られ、いつも通りの孤独死を繰り返した感じですね。遂に体力でカバー出来る限界を知りました。
同じ行動でもせめて仲間と一緒に動いていればまた違ったのかもしれないので、せめて足並みは揃えよう、と言ったところですね。

しかし、ここ数年ブッシュフィールドで遊んでいなかったので、随分バリケフィールドでラクしていたんだなぁ、と痛感しました。
今一度、昔ながらの匍匐戦闘もやり直さなきゃなぁ。でも、ブッシュフィールドってもうあまり無いんだよなぁ。関東圏でも、V1とかルアナ(森)くらいでしょうか。





今回、バッテリーはこれ一本で済みました。
Ni-cdもまだまだ捨てたもんじゃないですね。レスポンスも十分ですし。


  

Posted by F-03 at 19:49Comments(0)イベントレポ

2016年06月02日

【ゲームレポ】16.05.22(日) グレネーダー @ AGITO定例会

翌週に24耐が控えていたので、大人しくAGITOで療養しました。





■全体感■

人数=50名前後
ゲーム内容
AM:殲滅戦
PM前半:フラッグ戦
PM後半:攻防戦

どうやら4月に入ってスタッフがいなくなってしまったらしく、ジョーさん一人で運営。
そのためゲーム内容も変更され、4ポジ戦が無くなり攻防戦に変わりました。
また定例会の上限人数も半分にカット。でもこの人数が適正人数ジャストだし、ジョーさんもそれを理解しての判断とのことです。NICE!

そんなワケで、「適正人数&顔の見えるセーフティ=アタリデー」の法則により、終日平和&ノリのいい楽しい一日でした。やべぇ、もう毎週通いたい。




■個人成果■



昼休みの時間に、自作ストップターゲット台のテストプレイ。
当ててもズレることなく、しっかり保持してくれました。よし、あとは量産だ。





メイン:M9A1(ハンドガンとは言ってない)
サブ:偽パズー砲(M320)
ガチ:SVI HYBRID

M9A1がさすがに長すぎるのでルートが限定されますが、なんかこう担いでると不思議と落ち着くんです。
あと偽パズー砲が使ってて全然面白くない。派手さが足りないんですよね。



・即死集





・バズゲット







■サバ麺■



今回は富士吉田にあるR139沿いのラーメン屋「吉田のらーめんや」へ。





入店早々目に入る海鮮丼のメニュー。ラーメン屋に海鮮丼とは珍しい。





ここのウリは「シルクパウダー」とのこと。さて、どんな味がすることやら。





今回頼んだのは「ミニカマトロ丼&シルク入りしおラーメン」。

カマトロ丼は、値段相応の量ながら味は意外に新鮮でとても旨し。

シルク入りしおラーメンは、シルクの味自体は分からないものの、ラーメン自体がとても上手し。
アッサリながらもとてもコクのある出汁が効いており、深みのあるスープに中ストレート麺がとても合う。
トッピングもシンプルながら丁寧に作られ、良いアクセントになってます。個人的にアタリ店。ここは毎回寄ってもいいなぁ。





■NK工房■



某福岡に飛んだシューターから、面白そうな装置の情報が入ったので早速TRY。
若干予算はかかりましたが、概ね理想通りのが出来ました。次の機会にもう片方作ろう。