2013年12月31日

【イベントレポ】13.12.30(月) 3FのWDG @ OPS貸切

F-03 です。
年末に何とかOPSを貸切することができましたので、撃ち納めとして「3Fの集い 無制限&リアカン戦 ツインドライブゲーム」を実施しました。



■今回の戦友■

・(多忙にて把握し切れなかったので割愛)



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

今回の人数は約50名程度か。
前々から楽しみにされた方を始め、つい数日(前日)に連絡をくれた方、前日夜に急遽決められた方、飛び入りで参加された方、普段思い切りゲーム出来ないOPSスタッフなど、実に色んな方にご参加頂けました。本当に有難う御座います。

基本は10℃声くらい。晴天かつ風もほぼ無く、この時期としてはベストなサバゲー日和。
地面はセーフティからの通路で最初霜が降りており、昼からは泥に。但し戦場内には大きな影響は無し。



-実施内容-

今年のGWの時と同じ様に、弾数無制限戦と電動リアカン戦を無休憩で実施。
ゲーム内容は、本戦としては復活無しの純正フラッグ戦(10分)のみで、計20ゲーム。
昼前には時間調整も兼ねてASAP(SAS式Wセンターポスト)戦を、計8ゲーム。
合計すると28ゲームを実施。



-ゲームの展開-

チーム分けはGW同様、「主に無制限勢」・「主にリアカン勢」、そしてアホの極みの「NONSTOP勢」に分類し、それぞれで赤・黄に分割。
中休み以外で休憩のタイミングが個人の任意になる関係で若干黄軍が少なめになることが多いものの、展開事態は一方的になることは少ない。

そして何よりも展開速度が恐ろしくスピーディー。
少人数ということもあるが、開幕と同時にほぼ全員がダッシュ。フラッグの守りは基本ゼロ。
それでいて一箇所へ固まることも無く各方面へと展開し、隙があれば一気に攻め、攻められないところは頭を下げさせつつ撤退若しくは他の場所から援護。
守るところはしっかり守り、フラッグが危なければ前線から急いで引き返し防衛する・・・などなど。すげぇ・・・今のOPSでもこんなゲーム展開って出来るんだね。

おかげでゲーム時間10分のうち、タイムアップになったのは後半数戦のみ。それ以外は決着がつき、しかも半分くらい(概ね午前)はものの5分と経たずに終了。おかげでゲームが回る回る。





-本日のメインディッシュ-



とろけるハンバーグを丸々一個使った、贅沢の極みな逸品「Combat Burger」。そう、前回御殿場で食した、あの逸品。
今回は前回と違って通常価格(それでも市場価格からは割引して頂けている)ということで一個1000円という高価なものにも関わらず、お代わり希望者が続出。畜生、俺もお代わり食いたかった!次回は人数の倍を用意しましょうか。

ちなみにこのバーガーの本体となるとろハンこと「とろけるハンバーガー」は、この名称で検索すれば一発で出てきます「福よし」にて販売中。
店舗にて直接食事も出来ますし、ギフトセットも各百貨店を中心に販売中とのことです。


食べた人だけが分るこの旨さ。ぁぁ、相模原に住んでて本当に良かった・・・。





■個人的な動き■

メインアームは「G36CV」と「家宝タネガシマ」時々「M3ショーティー(+固定ストック)」。

今回運営なので開幕ダッシュは不可だなぁ・・・と思っていたら、意外にダッシュが可能。どうやら運営無線は首から下げていれば大丈夫な模様。

開幕速攻や中盤からの攻め上がりやルート変更など、少人数と言うことで色々と動き回りました。
このメンツなので特にボーナスゲームはありませんが、読み合い・動きによる駆け引き・高精度の射撃戦、そしてほぼクリーンなゲームにハイサクル運営による非常に多いゲーム数と意を同じくする同志。一体これ以上に何を望めと言うのか。





~所感~

今回もハイサイクルでゲームを回し、休憩も中休み以外特に挟まなかったので「GWの時よりも多いでしょう」と思いきや・・・GW貸切の記事を見返すと、当時本戦は24ゲーム実施していた模様(今回は20ゲーム)。嘘でしょ!?


今回で気付いたのは、ゲームを回す上で一番ネックなのは恐らく「移動時間」であるということ。
どうしても声を掛け始めてから全員が配置に着くまで、個人差もあり時間がかかってしまいます。
かといって耐久戦をするには広さもありませんし、何より基本的には面白くない。
そのためには、出来る限り移動時間や待ちの時間を少なくするか。そのためにはいかにしてに早めのアナウンスを実施し、全体の行動速度を上げるか。

良かった点としては、ゲームに参加しそびれた方が居なかった点。
前回はセーフティへのアナウンスが「受信用無線付拡声器」だったので聞き漏らしがあり、結果ゲームへの参加が出来なかったということがあったこと。
これについてはゲーマーの方(まちゃ(男)さん)は勿論、OPSのスタッフにも協力を頂けた結果なので非常に感謝。


その他については、現時点では悪い報告は上がっていないのでとりあえずは成功かな?と言ったところ。
あとは詳細、個人の意見を随時吸い上げて次回への糧にします。


最後に、赤軍のスタートアナウンサー役の「つ氏」・「まちゃさん」、抜けた点への指摘役の「Mojya氏」、昼食係とASAP運営約の「スミさん」、セーフティへの告知役の「OPSスタッフ Sさん」、そして参加された皆様方へ。本当に有難う御座いました。
この様なゲームは中々実施出来ませんが、また機会がありましたら是非ご参加下さい。今度はどこがいいかなぁ・・・。





今回の反省会は、「スエヒロ館 新百合ヶ丘店」にて行われました。sotaさん、アノ方は私の手には負えませんっ。

さて、これでキレイに撃ち納めたことなので、次の出撃は・・・うわなにをするやめ(ザー・・・)。  

Posted by F-03 at 23:32Comments(0)貸切レポ

2013年12月31日

【イベントレポ】13.12.29(日) HCC忘年会 @ CKF

F-03 です。
何やら「へんたいなコッキング集団」が千葉北の倉庫にて「へんたいチックな集会」を行うとの情報が入ったので、現場(CKF)へ張り込みに急行しました。



■今回の戦友■





「もっと」危なくないデカ



PHOTO:相棒 コードネーム「さつまあげ」



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

今回の人数は計18名。今回はHITCOOL倶楽部の中でも概ねCoreとなるメンバーが集まったような印象。
天候は晴天。但しほとんどインドアに近いフィールドなので影響は少ない。



-実施内容-

今回の主旨は「ショットガン戦」。
普段日の出を浴びにくいショットガンを、心(腕が)逝くまで思いっきりコッキングしちゃおう・・・と言う、なんともへんたいな内容。
一応HITCOOL倶楽部デフォレギュの「エアコキハンドガン&リボルバー」も適用ですが・・・全員ショットガンを所持していたことには主催のきんだいさんも予想外。いやいや、まさか本当に「ショットガンオンリー戦」なんてゲームが実施されるなんて。


実施したゲームは主に殲滅戦とフラッグ戦。得物を色々と制限かけたりスタート位置を変えたりと飽きないように工夫。
そして時々爆弾設置戦・センターポスト制圧戦。腱鞘炎マッチはまたごく一部だけが被害に遭いそうなので今回は未実施。

また余興として昼には
「タイマントーナメント ~仁義無きへんたいのおいかけっこ~」
「多分7m精密チャレンジ ~豪華アパレル景品争奪戦~」
を実施。タイマンが何故「へんたい」なのかは、きっとごく一名の参加者のせい。





また、夜は夜戦(私は不参加)を18:00まで数戦した後、食事をしながら夜の語らいへ突入。
今回が忘年会初参加でしたが、夏のような悪夢が起こるわけでもなくごくごく平和で楽しかったです・・・が、今回の忘年会はとても「平和」らしい。一体去年まで何があったというのか・・・そして墓まで持っていきたい話とは一体?

ちなみに何故かきんだいさんに多大なツッコミを入れまくったような気がする。



-ゲームの展開-

今回は赤チームに所属。
・・・連携の取らないHCCの中でも、最も連携を取らない人が赤に集まった模様。全員が好き好きに動き、見事なまでに各個撃破。
特にsotaさんの端攻め速攻とHOMERさんの外部ソースリボルバーは脅威。






■個人的な動き■

今回のメインアームはコレ。





・・・チガウ、コレハタダノヒルメシダ。





M3ショーティー(固定ストック)・M629(8+3/8インチ)。

M629は何気に昼過ぎくらいまで元気に稼動。どうやら6mm弾であればなんとか使用できそうな感じ。



午前の序盤だけは気を確かにもつものの、ほとんどは不注意な動きばかり。
いつものような突撃ガン攻めでもなく、かといってフラッグを守るでもなくフラフラと放蕩してました。一日目からこれでは、後が大変だ・・・。



今回の反省会は、
一次会⇒「HCC忘年会@CKF」
二次会⇒「とんこつラーメン よかろうもん」
にて行われました。よかろうもん、ウマー。





次の出撃は、翌日12/30(月)の「3Fの非定例会 ~2013年を撃ち納めるYO!~」が無事開催出来ました。  

Posted by F-03 at 21:45Comments(0)貸切レポ

2013年12月26日

【イベントレポ】13.12.23(月:祝) HCC定例会 @ SEALs

F-03 です。
今度のHITCOOL定例会はSEALsで行われました。



■今回の戦友■

主に声を掛けたらホイホイ釣r・・・集まってくれた知人 勢





主にHCC(ハイスピード コッキング クラブ) 勢





PHOTO:女まちゃ 氏





■全体の状況■

-フィールドコンディション-

今回の人数は計44名とのこと。特に今回知人勢の集まり方がハンパ無い。
一昨日のOPS定例会から声を掛け始め、当初4名だった知人勢が膨れに膨れて計10名になりました。マジ有難ぇ。

天候は曇天。気温はさほど上がらず。ただし風は穏やか。



チームは「主にHITCOOL倶楽部レギュラー陣」 vs 「主に私の知人一派」と言う図式。
序盤だけ無限復活戦を実施し、以後フラッグ戦をフルOKとセミのみのルールで交互に実施。

レギュレーションは準リアカン制(電動ならリアカン or 総弾数300発)。
更に全ゲーム「エアコキハンドガンに持ち替えなら1回復活アリ」を適用。

本来なら戦力が低下するハズなのだが・・・元々がリアカンで、かつこのメンバーなので復活前後で戦力に影響は少ない。
むしろ、下手したら復活後の方が戦力が高くなっている可能性もアリ。だってHCCは「へんたいコッキングくらぶ」でもあるんですものw



-展開-

さすが私の知人勢。開幕速攻でどんどん散ってゆくw

全体的に開幕から動きのある展開ではあるものの、勢いは私の知人一派がトータル的には一枚上手だった模様。
ただし知人一派は独立愚連隊でもあるので各個撃破されやすく、気が付けばカウンターで押し返されていたり。

あとは推測ですが、復活による戦力の影響はHITCOOL倶楽部勢の方が少なかったのかもしれません。何度エアコキハンドガンの弾で殺されたことか。





■個人的な動き■

・今回のメインアームは「家宝 タネガシマ」。





今回ゲームの進行係り補佐として開始アナウンサーをしていたので、開幕ダッシュは出来ず。
なので開幕であらかた人が掃けてから行動することばかりだったので、一応慎重なつもりで微速前進。

タネガシマでは今回「リアカン」と「77発フルロードの通常エアコキ」と二種類の戦い方を試してみました。


中二病・ミサワと言われようと、敢えて言おう。「リアカンの方がKILL取れる・・・」。


やはりと言うか当然と言うか、こちらが「落ち着いて一方的にor先に撃てる」状況にならないと無理ゲーなのですが、
何故かリアカン状態の方が戦績が良い。
恐らく、「初弾必中」が否応無しに要求されるため、自然と「確実に仕留められる状況」を作り出そうと動くのでしょう。

「電動なら倒せた」という場面はいくつもありますが、ことエアコキについては「弾数があれば倒せた」という場面はありませんでしたね。つまり「エアコキは初弾が全て」ということでしょう。





なお、今回もスポンジソードを持って行きましたが、あまり盛り上がらず。まぁ今回は場所が場所でしたので、純粋にサバゲーしたい人が多かったのでしょう。



・余興の近接戦闘





・・・銭無氏の本気を垣間見た!







今回の反省会は、「ハングリータイガー 若葉台店」にて行われました。肉肉しいっ。

次の出撃は、12/29(日)のHCC忘年会「年の瀬!CKF!!忘年会だー! ~AR&シャッガンッ(チャキッ)戦~」に行きます。
いい加減、本気で盾を作ろうか悩んできた・・・。  

Posted by F-03 at 23:37Comments(0)貸切レポ

2013年12月25日

【ゲームレポ】13.12.22(日) 安全第一 @ Oasis定例会

F-03 です。
今度は友好チーム「Babyseals」が集まると言うので、Oasisに集合しました。



■今回の戦友■

ドレスコードは「黒上着・紺ジーパン」 Babyseals 勢



PHOTO:Babyseals



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数は130人程度と完全な定員オーバー。恐らくDSKがこの週定例会を実施していなかったことが一因。
気温は変わらず10℃前後。天候も快晴だが風が暴風。後に大きな影響を受ける。



ゲーム内容はシンプル。
・純正フラッグ戦
・殲滅戦

もっとも、本来ならもっと色々何かやりたかったんでしょう。ここからが今回の本筋。

実はこの日、昼食後に定例会が中止となりました。原因は強風。
元々ゲーム開始段階でそれなりの風が吹いており、時間の経過と共に風速が上昇。
昼にはいよいよフィールド内・セーフティの両方のテントが風で倒壊したり文字通り飛んで行ったりと割と大荒れ。





結局、スタッフよりゲームの継続は危険との判断により、この日の定例会は敢え無く中止。この日の参加者については無期限参加無料券(貸切の使用は不可)の後日配布とのこと。



当時非常に不完全燃焼で不平不満の垂れ流し。気力も完全に消え失せ、片付けてからフィールドを出るまでに1時間もの時間を費やしたり。多分過去最上の脱力感(悪い意味で)。

が、「理性的に」考えればこれもしょうがないのかと。
なんせ「テント」が乱れ舞うような状況、かつこのフィールドの運営方針が比較的初心者やライトゲーマーを主眼に置いているので、怪我の可能性を考えると致し方無いのでしょう。





まぁ「個人的な感情」で言うと、「風が強いから中止するなんて、サバゲーも随分お上品な遊びになったもんだなぁ」と。



-展開-

Babyseals一団は黄軍に所属。
概ね、開幕ダッシュで真ん中までは早々に到達し戦闘。
しかしそこから徐々に数を減らされ、前線の人数が捌けたところへカウンターを食らう。



(※ゲーム開始から5分経過後の敵陣の様子)



それもそうだ。こんなに敵軍が集中していれば、否応無しに前線アタッカーが淘汰されるのは必然です。



■今回のメインディッシュ■







時期的に華やかに。勿論Oasisカレーは健在。





■個人的な動き■

今回のメインアームは「G36CV」と「ストーナーMK-23」。
今日に限らず、今後Babysealsと共闘する場合はガチで行こうかと。

で、動きはと言うと基本真ん中の白コンテナ・車へ開幕ダッシュ。そこで足止め・数減らしするか開幕死亡のどちらか。







以前来た時より若干レイアウトや設置物が変わっていたものの、それでも中央の重要度は変わらず。ここさえ確保してれば、そうそう負けは無いでしょう。





それにしても、今回はなんだか妙に「謎弾」で死ぬことが多かった。主にあらぬ(後方)方向からのポロ弾。
ブッシュフィールドでも無く、見晴らしもいいし進行方向も間違うことの無いハズなのにねぇ。





なお、午後はしょうがないのでストーナー用の無くなった部品の代用品と、G36用のノマグ・・・のつもりが何故かオート9用の新素体となる「M93R(電動ハンドガン)」を購入。あとは電ハン用のリポバッテリーと少し長いインナーバレルを用意せな。





次回も予告通り、翌日23日(月:祝)の「HCC定例会 @ SEALs」へ行ってきました。  

2013年12月25日

【ゲームレポ】13.12.21(土) ココロツナガル @ OPS-600発

F-03 です。
気が付いたら戦友が集まるらしいので、OPS-600発に行ってきました。



■今回の戦友■

・下手なチームよりも圧倒的に絆の強い「ピン」 勢








■今回のMVT■

・DSK土曜 勢
(撮影タイミング逃し)



今回のメインパワー。この団体が動くと戦況・戦力が変わる。
リーダーはキバマスクのベレーさん。その正体(w)は以前DSK土曜定例で良く見かけたミドルアタッカー。
開幕はじっくり、中盤から相手の戦力の薄いところへ仲間を集めて一点突破。これで何度かフラッグを取られました。しかも進軍ルートはキツいハズの坂下ロープ沿い。





■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数は恐らく80人程度。想定よりもかなり少なく、ここ最近の週末では珍しい適正人数。
気温は10℃前後か、完全に真冬。但し天候は快晴で風も穏やか。
唯一、前日の雨のせいでここ最近では珍しくズルズルの泥道。スパイクじゃなければまともに走れない。



ゲーム内容は趣向変え多め。
・純正フラッグ戦
・殲滅戦

・ハンドガン戦

・V字型ポリタンク押し込み戦
・メディック&洗脳戦
・ダイエット(キルカウント)戦


ゲームの回転は、今回の人数と先週の人数を比較すれば遅め。せっかく人数が少なくフラッグゲットも多めだったのでもっと多く回せたはず。
やはり「赤い人」がいないとスタッフの気がシマらないのでしょうかねぇ。


ただ、午後一発目の「V字型ポリタンク押し込み戦」は今回初のゲームで、しかも非常に面白い。

開始位置は白と赤。所謂ハンドガン戦のポジション。
その間あたりにポリタンクを置き、それを奪って黄色フラッグへ持って行ったチームの勝利・・・と言うもの。
先に黄色フラッグを取るか、それとも戦力を集中させ敵の数を減らしつつポリタンクを先に取るかが悩むところ。

・・・まぁ、実際には黄色フラッグへ多めに行かせて芋ってた方が圧倒的に強いんだけど。それが出来ないうちらピン勢。



-展開-

基本的には、うちらピン勢を中心に丘上へダッシュ。が、電動使いが少なく若干戦力不足。
そして膠着しているところを、今回のMVTの「DSK土曜勢」が中盤以降速軍で短期決戦で戦線を抜ける。

前半はまだ丘上の重要性を分っていなかったから優勢だったものの、後半は丘上もしっかり押さえられ劣性に。
終日のトータルで五分・・・といったところでした。





■個人的な動き■

■今回のメインディッシュ■






宅配ピザおいしいれす(今月2回目)。早速連続で利用させて頂いてます。
やばい。もうOPSで弁当なんて頼めない体になってしまいそうだ・・・(何かのフラグ)。



今回のメインアームは「AK74M」(KSC-GBB)。ようやく、GBB冬季運用試験を実施出来ました。





ちなみに今回、こいつも本格的に実験投入。







・・・イヤ、ソウジャナクテ。





某ガスブロ吉g(ry)の愛用している「湯たんぽ」と、そのお湯を精製するための発熱剤に発熱用の水筒(飲用不可)。
これらによって、フィールドでお湯の貰えない・沸かせない場所でも手軽にお湯を精製出来るように。



が、結論から言うと「効果はイマイチのようだ」。

500mlのマグでは発熱剤で沸騰させると出る特有の泡の増加と駄々漏れの水蒸気により、水量が2/3まで減少。
量が少ないので湯たんぽに投入しても温度復活の効果があまり得られず、ほんのり熱を持ったかな?程度。

ただ、仮にこれがもう少し大きいマグでもう少し水量が確保出来れば状況は変わってくるかもしれません。まだまだ可能性は十分に残っているでしょう。



そして使っていた銃が「KSCのAK74」と言うのも相性が悪い。
結局マグの外装が樹脂なので外部接触による温度の影響を受けにくい。
そのため、いくら必死になって外から暖めても他のGBBと比べて効果が出ません。

ちなみにその「KSC製AK74M」、さすが「冬でも撃てる」という情報通り、この季節でも十分稼動。飛距離も0.25g弾でフラット弾道は30m弱くらいと十分戦闘可能なレベル。
但し連射性能についてはやはり夏場と同様とまでには至らず、セミなら0.5秒くらいに感覚を空ける、もしくは5発くらいで一度小休止を。
フルの場合は3点バーストくらいに留めてから小休止を入れるくらいが戦闘出来るギリギリの範囲。連続発射で5発目くらいからサイクル低下が分るくらい。

今回動画の撮影をし忘れたので、次回またどこかで試したいですね。



戦闘行動としては、得物の特性上開幕でトップは他に任せて少し遅れてからの戦線上げ係。
が、途中までは「動きで」前へ出れるものの、やはり今のOPSのフィールド構成ではガスブロの飛距離と精度で電動相手には太刀打ちできず。

ってか、そう言えば序盤4戦くらいはM1911(エアコキ)でやってたんだっけ。今思うと、あっちの方がKILL取ってた気がする・・・。





反省会は以下の通りです。
一次会⇒スエヒロ館 新百合ヶ丘店にて「冬のステーキ&パン祭り」
二次会⇒珈琲屋OB 新百合ヶ丘店にて「JK的サテンで駄弁ろう会」





次回は予告通り、翌日22日(日)のBabysealsミーティングに顔を出しに、Oasisへ行ってきました(皮肉)。  

Posted by F-03 at 00:01Comments(0)ゲームレポ OPS

2013年12月19日

【ゲームレポ】13.12.15(日) 神の采配 @ OPS無制限戦

F-03 です。
戦友が久々にサバゲーしにOPSへ来るというので、昨晩泊まった漫画喫茶から歓迎撃会へと直行しました。



■今回の戦友■

今回の主賓(帰り間際の撮影でスミマセン)





CREATORs(一部撮影漏れ)





縁の下にはスペシャリスト





超人数定例会を支える、最もゲーマーに近いスタッフ







■今回のMVT■

TEAM 「PET」





間違いなく黄軍の主力として活躍した、最前線で指揮を執りながら友軍を導くツワモノな方々。
開幕早々に丘の上へ向かい、敵を足止めしながら敵の配置を自軍へ報告。その後敵の戦力が削れたと判ればすかさず前進してラインを上げる。

その姿は味方にすれば非常に安心且つ頼もしく、ひとたび敵にすればこの上なく厄介極まりない。全く、何度と狩られたことか(褒め言葉)。





■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数は恐らく200人超。普通に考えるなら、ゲームとして全く成立しない「お祭りデー」となるような超過人数。
ルーキーも目算40名ほどと、割合としてはここ最近のOPS定例会と同じ状況。但し総数が総数なのでさすがに多過ぎ。





気温は10℃前後か。最早復活無し戦ではいくら動き回ってもほとんど汗をかかない。
天候は快晴で風も穏やか。ゲーム環境としては良好。



ゲーム内容は特に変わり映えのしない、OPSお馴染みのゲームばかり。
・純正フラッグ戦
・4x4復活型 フラッグ戦
・殲滅戦

・ハンドガン戦

・ポリタンク押し込み戦
・ダイエット(キルカウント)戦


ただ、通常と同じくらいのゲーム数を実施出来ていたので、
今回の参加人数から考えると非常にスタッフも頑張ってゲームを回してくれた印象です。



-展開-

200人超えなので例に漏れず有象無象の遠距離バラマキ戦・・・になるかと思いきや、驚くことにちゃんとゲームとして成立。

黄軍・赤軍共に開幕から丘の取り合いに始まり、確保出来たらその後のライン上げもしっかりと出来ており、最終的にフラッグを取るまで至る。
これが決して片方のチームに偏ることも無く両軍共にほぼイーブンの割合で決着が付き、その内容も「特定の誰か(ら)」が特別無双するワケでも無く「チーム全体」として攻め上がり勝利することが多かったですね。
おお神よ、この参加人数で誰がこんな良いゲーム展開になると予想できたでしょうか。





■今回のメインディッシュ■



宅配ピザおいしいれす。
困惑しながらもここまで届けてくれた某将棋倒しっぽいピザ屋さん、有難う。是非今後も利用させていただきますよ。
某「ピザー等」さんはどうやらやる気が無いらしいですからね。配達エリア外とか、ガッカリやわー。あそこは持ち帰りサービスも魅力無いですしね。



■個人的な動き■

・今回のメインアームは、「G3A3」(多マグx6本)の超バラマキ仕様。「ナイフアタックはNGでーす」(ごく冷静な対応有難う御座います畜生め)。





前半3ゲームは知人一派で黄軍に所属。そして予想通り赤軍を蹂躙し尽くしてしまったので、相棒「wegener」と共に早々に赤軍へ転籍。
その後は赤軍の司令塔煽り屋として、開幕特攻したり制圧した丘への案内役になったりと東奔西走してました。





~所感~(長文)

結論から言えば、参加人数を鑑みると結構神掛かった「アタリデー」だったかと。
細かいところを見ればやはりそれなりの「バラマキ」気味ではあり多少のアレもありましたが、「約200名での無制限戦」と言う状況を鑑みるとかなり上出来だったかと思います。


で、成功の原因を探るといくつかポイントが浮かびます。

1.司令塔の存在

⇒場所柄、丘の上の確保が必須事項となっているOPSにおいて、いかにしてその重要性をゲーム前やゲーム中(特に序盤)に友軍へ喚起できるか。
そのためにはOPSの戦い方を熟知して、かつそれを見知らぬ不特定多数の人を相手に発言できるだけの度胸のある人が必要なのですが、それが今回両軍に備わっていたのが大きいですね。



2.判りやすい「攻略方法」とアタッカーの存在

⇒今のフィールド状況では、下(黄色フラッグ)開始の方が攻め方が圧倒的に判り易い。
丘を確保してしまえばそこまで友軍を流し込むことが圧倒的にラクなので、ルーキーやOPSに不慣れな方でも容易にそこまで連れて戦力を集めることが出来ます。
しかもその後は自然と扇状に相手フラッグへ攻め込む形となりますので、後は戦線を上げることの出来るアタッカーが継続して生きていれば、程なくしてフラッグを落とすことが出来ます。

逆に上(赤フラッグ)から開始の場合、制圧すべきポイントが複数ある上、かなりの速度と火力を持たないと制圧が難しい。
しかもその後も相手はブッシュに潜れてしまうのにこちらは隠れられる場所が無いので、ここから更に戦闘スキルが必要となってしまいます。
そのため、上開始で勝つにはOPSを熟知した方が多く生存し、かつ相手を完全に制圧しなければなりません。

確か今回も、勝利する時は確か全て下開始側の場合だったかと記憶しております。



3.良識あり、ノってくれるゲーマーの数

いくらフィールドの攻略方が判って且つそれを周りに広めていても、一緒に参加されたゲーマーがそれにノってくれなければ意味がありません。
その点、今回参加された方々は司令塔の声に耳を傾けながら一緒になって動いて下さっていたので、それがかなり功を奏したようです。



4.回転の早いゲーム回し

今回のゲームにおいて、休憩時間が今までと比べて短かったように思います。
今までですと「ゲーム最終退場者が席についてから10分」くらいだった休憩時間が、今回は5分くらいだったかと。
しかもゲーム参加までの締め切り時間も短めにしていたので、移動時間の短縮にも工夫が見られたため、その結果としてこの人数でも普段と変わらないくらいのゲームが出来たのでしょう。





こんなところでしょうか。
ホント、よくもまぁこんな人数なのに動きがあってかつ戦力バランスの良いゲームが出来たもんです。
恐らく、今年のOPS定例会の中では最も成功した日ではないかと思います。

・・・まぁ、個人的な主目的はあまり達成出来ませんでしたけどね。まぁ仕方無い。



次回の出撃は以下の感じです。
21日(土)⇒「OPS-600発 ~勝手にガスエア祭り~」。
22日(日)⇒「Oasis定例会 with Babyseals共闘 ~あの○○な人達がなんかスゲェんだけど・・・と言わしめ隊~」
23日(月)⇒「HITCOOL倶楽部定例会@SEALs ~火縄道、再び~」  

Posted by F-03 at 00:47Comments(0)ゲームレポ OPS

2013年12月17日

【イベントレポ】13.12.14(土:夜) HCC貸切 AR戦 @ ASOBIBA-大門

F-03 です。
新しいASOBIBAをHITCOOL倶楽部がAR(エアコキハンドガン&リボルバー)で貸し切ると言うので、会社の強制ボランティアから直行しました。



■今回の戦友■

お馴染みのスキモノ 勢





集うHCC(へんたい コッキング くらぶw)






PHOTO:総長ユウスケ 氏





■全体の状況■

-フィールドコンディション-

今回集まった「へんたい」は計12人名。確かに、前回の八重洲は一体何だったんだ。
とは言え、後述しますが人数はこれで丁度良い。もう数人は入れる余裕はあるものの、貸切の最低人数=適正人数と思うべし。



以下、いつもの簡易フィールドレビューです。

・「銀行跡地」と思うなかれ。中身は只のオフィスビル。
⇒前噂で「銀行跡地」という情報があったのでwktkしながら着いてみれば、中は普通のオフィスフロア。カウンター窓口や金庫やATMなんて全く無く、防犯用ボールも監視カメラも振込み用紙も何も無い。くそぅ、脅され役のねーちゃんはどこだっw

逆に言えば、前回の八重洲のようにバリケードなんかはちゃんとフィールドらしく設置されております。


・戦場内は部屋同士での撃ち合いがメイン。
⇒前回の八重洲と違って今回は部屋が広いので、廊下ではなく部屋対部屋での撃ち合いとなる。
但し廊下もありバリケードも設置されているので、頑張れば裏取りも可能。

2Fが主戦場で、1Fも1部屋のみですがフィールドとして利用可能。


・セーフティは狭い。
⇒廊下の端に机が並べられ、通路は一人ずつすれ違えるくらいしか余裕は無い。
一応電源はあるので充電は可能なものの・・・ここで電動を使うのは色々とやめた方が吉。



-展開-

実施したゲームは主に殲滅戦で、時々キルカウント戦。
このメンバー且つAR(エアコキハンドガン&リボルバー)戦・・・もう展開が早いの何の。
ゲーム開始早々から超ハイサイクルでゲームが回りに回り、もう十分楽しんだと思って戻ってみればまだ開始から2時間程度・・・。この時既に20ゲームくらいやったつもりでいたので、まさかの長めな中休み。

中休み明けにキルカウント戦を往復で実施してまた中休み。この頃から数名が頭痛を訴え始める。原因は後で「酸欠」と言うことが判明・・・どんだけ動きまくったんだ俺らw。


終盤でローライトコンディションでゲームをしてこの日は終了。ゲーム数は計40ゲーム弱くらいとのこと。多分やろうと思えば50ゲームいけた。





■個人的な動き■

・今回のメインアームは「スポンジs・・・G17L」。




やはりHCCの面々の前に苦戦。
ほんの僅かな隙間や一瞬の隙を逃さず撃たれて敢え無く撃沈。
特に今回はエアコキと言うことで自慢のコッキング速度にかまけて撃ちまくるも全く当たらず。以下にしっかり狙うことが重要なのかを再認識させられました。



珍プレー集(主に近接戦闘メイン)







~所感~

先ず、今回は未だかつて無いほどの「お腹一杯」感を得られたゲーム会でした。
適正過ぎる人数と低めな戦力、そしてその得物を通常の200%以上の戦力に発揮するメンツ、そして10ゲーム/hまで行きそうなほどのハイサイクルなゲーム回し。あんちゃん、俺もう食いきれへんわー。



そして今回人数が定員割れしてしまいましたが、ゲームをやって思ったのが「この人数がほぼ適正」と言うこと。

今回ほぼ2Fのみの使用でしたが、フェアなゲームをやろうとするならこれが今のところベスト。
階段周辺には隠れられる場所が無くフロアの広さも均等でないし、そうでなくても階段での膠着は必至なのでゲーム性も低下するのが目に見える。
しかも八重洲の時ほどで無いにしろ、フィールド的にはかなり狭いので電動はおろかガスガンですらオーバースペック。純粋に楽しいゲームをしたいのならエアコキハンドガンまでが限界ですね。BOYsですら脅威となります。


もし仮にここでガスブロハンドガンや電動を使いたいのであれば、「3on3」形式でゲームを回せば非常に楽しめるでしょう。
逆に、こんなところで他の定例会と同様に無尽蔵に人と弾をつぎ込むようなゲームをするのであれば、私は絶対に行きたくないですね。最早そんなのはゲームではない(ゲームにならない)。






今回の反省会は、「はなの舞 浜松町大門店」にて行われました。ごく普通のサバゲー後に酒が飲めるってイイネ!

次の出撃は、翌日の12/15(日)に「OPS-無制限戦 ~M氏歓迎撃会~」へ漫画喫茶から直行しました。にもつおもかった。  

Posted by F-03 at 23:12Comments(0)貸切レポ

2013年12月08日

【ゲームレポ】13.12.08(日) 速度低下のお知らせ @ SEALsリアカン定例会

F-03 です。
どうしても「タネガシマ-リアカン」をやりたかったので、SEALsリアカン定例会に行ってきました。



■今回の戦友■

・ノンケ旅団





・無敵のWガンナー







■全体の状況■

-フィールドコンディション-

人数は最終的に50人超。いくらリアカン定例会とは言え、ちょっと少な過ぎない?
気温は恐らく13℃超あたりか。日があるとは言えやはり動かないと冷えてくる。



-展開-

今回は赤軍に所属。
結論から言うと、圧倒的敗北。もう何をやっても手も足も出せず。

唯一の取り柄だと自負していた開幕ダッシュが毎ゲーム先を取られ、
旅団でまとまって行動しても端から削られ、
ガン待ちしても大勢で一斉に襲い掛かられる。
おかげでゲームは連戦連敗、午後に至っては敵軍の動きが急激に遅延したり
フラッグ周辺を制圧しているのにフラッグを取らなかったりといった行動がちらほらと見えたり見えなかったり。


主な原因は各軍における開幕の挙動の違い。
黄軍(敵軍)は恐ろしいまでのスピードと展開力で各拠点を早々に制圧し、そこから綺麗に横一列でラインを組み掃討。
逆に自軍(赤軍)は開幕に走る者と前線を上げられるアタッカーが極僅かであり、その極僅かも敵軍の圧倒的な戦力の前にはせいぜいガン待ちで遅延戦闘を行うのが精一杯。
残りはゲーム開始後に微速前進した後に自陣付近のバリケードで停滞し、以後じっと動かず。

有り体に言ってしまえば、なんかあちこちの定例会でよく見る光景。もっと・・・もっと前に出ないt(ヒットー)。





■個人的な動き■

・今回のメインアームは、AMは「G36CV」、PMは「タネガシマ」。

AMはさすがに電動+知人での団体行動と言うこともあってそれなりの戦果はあったものの、やはり敵の総力の前には焼け石に水。
PMにはいつも(?)の「タネガシマ-リアカン」という浪漫プレイなのでほぼ戦果は無し。

一応、終日通して開幕ダッシュから前線をそれなりに抑えたり殿から最前線まで上がったりと頑張ってはみるものの、あまりにも相手との戦力・練度の差があり過ぎて全く太刀打ち出来ず。
自慢の開幕ダッシュも予想していたポイントより遥か手前まで先に進軍されてしまい、あえなく迎撃されてしまうことも多数。



対処法としては、先ず自軍内で同志を集い攻めどころをあらかじめ共有した上で一点突破を狙うべきだったのでしょう。タネガシマでの浪漫プレイなんて、ほどほどにしとけば良かった・・・。



なお、ゲーム中の動画はあまりに見所が無かったので「タネガシマのリロー動画集」をお送りします。要するに、単なるお茶濁しです。







今回の反省会は、「とんこつラーメン よかろうもん」でした。角煮は別に頼んだほうが良い。

次回の出撃は、12/14(土:夕)に「HCC主催 ASOBIBA(大門) 低火力戦」へ。
翌12/15(日)に「OPS-無制限戦 ~某氏 歓迎撃会~」を予定しております。  

2013年12月01日

【イベントレポ】13.11.30(土) エアコキ限定戦 @ fff

F-03 です。
今時稀な特殊ゲーム、エアコキ限定戦「エアマスターズ コンペティション2013  ~一撃の美学~」が無事開催されました。
本来フィールド閉鎖中であるところを快く貸して下さったfffのスタッフの方、そして本件について口利きしてくださったAGITOのキング・ジョーさん、本当に、本当に有難う御座いました!



■今回の戦友■

・エアマスターズ 各位



PHOTO:Sumison 大尉



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

今回参加された「エアマスター」は計14人名。こんな特殊なゲームなのによくもまぁ集まったもんだ。
天候は見事に快晴。しかし気温はおそらく10℃前後でしょう。北富士の麓かつスキー場なので、そりゃ寒いわ。

スキー場には積雪があったので一瞬ヒヤっとするものの、どうやらそれは人口雪で
肝心のセーフティ・戦場には積雪は無し。戦場内もブッシュは健在。



-展開-

実施したゲームは「フラッグ狙撃戦」。簡単に言えば、スタート位置にある自軍の200mlペットボトルを落とされたら負け。当然狙撃もOK。
これがまたムズいのなんの。フラッグをしっかり目視できているのに、意外と当たらない。
しかもフラッグダウンは「銃撃のみ」としたので、結局狙撃せずにゼロ距離射撃する者も多数。こいつぁ面白いぜw。



昼には精密射撃イベント「XX mチャレンジ」を実施。
内容は「的(200mlペットボトル)へ、規定弾数内に当てた人の勝ち」というもの。




規定弾数は以下の通り。

・光学サイト(スコープ・ダット)搭載銃=一発
・ショットガン=一射(弾は三発でOK)
・それ以外(光学サイト無し、アイアンサイトOK)=三発


最初20mで設置したもののこれが非常に難しく、20mで当てられた人はゼロ。
次に18mで再チャレンジ、これでようやく三名がヒットし、19mでヒット出来た人が一名となり決着。KOMAさん、チャンピオン獲得おめでとう御座います。
(こう考えると、本場の「30mチャレンジ」をやってる人達って怪物だらけだなぁ・・・w)。





また、昼後にこのメンバーでは御馴染みの「SAS式ハンドガン戦」も実施。
それにしても、この「Wポスト制」の汎用性はヤバい。ちょっとした起伏や障害物があればどこでもフィールドに出来てしまう・・・。







■個人的な動き■

・今回のメインアイテムは「200mlペットボトル」(写真は上部に掲載)。

メインのフラッグ戦・余興の20mチャレンジと大活躍。カス当たりだと倒れず、けれどしっかり当てればチャント倒れるその微妙な重量バランスがピッタリ。

動き自体は様々。大外を開幕ダッシュしたりディフェンダー(と言う名の自陣療養)に回ったり、微速前進したり。
メインアームはタネガシマ。しかし戦績としては微妙。





~所感~

先ずはこんな珍妙なイベントにお集まり頂いた皆様方、本当に有難う御座いました。
今回は普段一緒に遊んでいる戦友ばかりとは言え、こんなコアなゲームにここまで集まるなんて思っていませんでした。
また、その得物とフィールドの特性から静かなゲームになるかと思いきや全然そんなことはなく、むしろ下手な通常ゲームよりも動きのあるゲームとなってました。開始数分で「お互いに」決着がつくゲームとか、そうそう無いぜ。



また、今回のゲームにて得られたもので密かに大きかったことは、「被弾の感触」について。

あくまで今回のゲームにおける私自身での体験になりますが、極々少数ですが被弾に「気付かなかったこと」及び「気付いてもらえなかったこと」の両方がありました。
ここで大事なのは、やれ「ゾンビだ何だ」と騒ぐことではなく、「全員がそうなる場面がある可能性がある」ということ。

どうしても距離や当たり所、本人の精神状態などにより僅かな被弾感触については気付かない場合がある。
当たり前のことですが、時としてベテランですらそれを忘れてしまうことがあるのも事実。

今回のゲームの参加者は全員、戦友であると同時に「信頼出来る人」であり、恐らくは参加者の皆様もそう思って頂けていると思います。
だからこそ、トラブルにならずに「あの時当たってたっぽいけど、距離もあったから気付かないんだろうな、って思ってたよ」と笑顔で言って頂けたのでしょう。ちなみにこの時、二発目で被弾に気付きヒットコールしてます。つまり、「じっとしていれば距離があって厚着していても被弾に気付ける」ということ。


つくづく、サバゲーという遊びの根底はやはり「信頼」の上に成り立っているのだとつくづく感じます。だからこそ、サバゲーマーの急増と反して「良識あるベテランの定例会離れ」という現象も発生しているのだと思います。悲しいねぇ・・・。



あと、もしまたエアコキ限定戦をやるとしたら場所はブッシュフィールドの方が良いですね。次は千葉あたりで開催しようかな・・・。





今回の反省会は、いつも通り「焼肉ホルモン 福吉 相模原店」にて行われました。そう言えば最近「味ん味ん」行ってないなぁ・・・。

次の出撃は、12/8(日)の「SEALs リアカン定例会」を予定してます。やはりタネガシマを存分に味わうならリアカン戦だよね~。  

Posted by F-03 at 21:43Comments(2)貸切レポ