2013年10月27日

【イベントレポ】13.10.27(日) 初・合同ユニット参戦 @ 戦国

F-03 です。
SPF定例会を涙を飲んで振り切り、待望の「+5n1t0iu+ (合同ユニット)」様の定例会(@戦国)に参加してきました。





■今回の戦友■



PHOTO:+5n1t0iu+ 様



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

天候は快晴。朝方は寒かったものの、日差しによって徐々に気温は上昇。
気温は概ね20℃超といったところか。思ったよりは上がったものの、時間と共に風も強くなりじっとしていると寒い。



以下、ごく簡単なフィールドレポ。

・フィールド的には縦型バナナ状の小型森林(竹林型)フィールド。片方は坂下で片方は坂上、傾斜はキツめ。
戦(いくさ)との姉妹フィールドと言う事で、中身もほとんど戦(いくさ)と同じ人口バリケードが極力排除された昔ながらの天然風味。

・適正人数は概ね40人程度。

・フィールド中央は割と開けているものの、太い竹が無数に高くそびえているので意外に射線は通り辛い。また竹からの兆段は下手なインドアフィールドより強く跳ねるので、慎重に撃たないとラッキーヒットやFFが多発しゲーム性が崩壊してしまう。いつも以上にバラマキ厳禁。





-展開-

初の 「+5n1t0iu+」 (合同ユニット)様の定例会。メンバーはいかにもな歴戦のベテランばかり。

今回「戦国」でのゲームは合同ユニット様も初であり、かつ傾斜のキツいフィールドであるためゲームの回転は遅め。
復活無しの30分戦(純正フラッグや変則フラッグ戦、潜伏戦など)を実施。よっていつもの様に早く死んでしまうと長時間待つ羽目に。

展開としては基本的には微速前進。ゲーム時間が長いこともあり、開幕速攻でどうこうするより集団でじっくり索敵しながらラインを上げる戦い方。
恐るべきはその戦闘力で、こちらがじっと待ち伏せているのにどこからとも無くセミ一発で被弾。
「600発制限」かつ「フルオートOK」のルールなのにも関わらず、下手なリアカン戦よりも射撃弾数が少ない。射撃音が聞こえると大抵は誰かがヒットされる・・・と言った状況。合同ユニット、マジパネェっす。





■個人的な動き■

・今回のメインアームは「次世代 G36C」。BDUもウッドランドを着用し、靴はスパイクを履いての本気モード。

にも関わらず、戦績としては燦々たるもの。ガン待ちや開幕速攻でなんとか数人はゲット出来たものの、総KILLレシオは約0.3と1ゲームに時々1人倒せるか倒せないか・・・程度。こうも圧倒的なんて・・・。



・開幕速攻





「相手がベテランばかりで歯が立たない」かつ「ゲームの回転は遅め」ということで、さながらサバゲーをやり始めた当初と同じ感覚を受けました。

思えば、サバゲーをやりたての頃にこう言った苦い経験を繰り返したおかげであれこれ自分なりに戦術や技術、マナーなどを身に付けていった気がします。
下手なプレイを繰り返せばいつまでたっても敵を倒せませんし、早々に倒されてしまうと長時間暇を持て余してしまいます。
マナー面についても、ゾンビすれば直接怒鳴られるでしょうし(経験はありませんが)、ヒットコールが小さければ問答無用に撃たれまくる。セーフティ内で万が一他の方に被弾してしまえば、それこそ怖い大人から何をされるか・・・なんてヒヤヒヤして自然と丁重に扱ったものです。
つまり、こう言った事って本来は自然と身に付くハズなんですよね。そう思うと、今のサバゲー環境は非常にゆt・・・優しすぎるなぁ、なんて思ったりします。





脱線しましたが、合同ユニットの皆様、今回は有難う御座いました。また腕を磨き直し、再度お邪魔します。


次回の出撃は、、、
11/2(土) AGITO x fff コラボゲーム会 @ fff(「エアコン」の下見)
11/3(日) RCG @ バトルシティユニオン
11/4(月:祝) HITCOOL倶楽部 突発貸切 「エアコキハンドガン戦」 @ ASOBIBA  

Posted by F-03 at 22:46Comments(3)貸切レポ

2013年10月27日

【ミニレポ】13.10.26(土) Wポケットガン @ 九龍夕方フリー

F-03 です。
うっかり衝動買いしてしまった新兵器の試運転をすべく、九龍フリーゲームに行ってきました。



■今回の戦友■



PHOTO:九龍スタッフ 様



■全体の展開■

参加人数はMAX 27名。
実施ゲームは殲滅戦とラストに復活戦。
ライトも20:00以降にLED点滅のみまで低下。

いつも通り長物使いが多く、九龍に慣れた方も若干名。しかも組織的に動かれ速攻で要所を押さえられてしまう。
また、今回敵(青軍)が3Fを確保することも多かったのが特徴。いやはや、久々に3Fの恐怖を味わいました。



■個人的な動き■

メインアームは「デリンジャー」 with 「G26(銀ダン:リアルフィニッシュ)」。





「どうせ何にも出来ずにヒットされるんだろう」なんて思いながらいそいそとDE50AEに切り替える「ハズ」だったのに・・・何故HITを取れてしまうの!?
おかげで初戦から早々にデリンジャーの虜に憑かれてしまい、最後までデリンジャーをメインアームとして使用する羽目に。しかも「ゲーム中にリロード」&「サイドアームの銀ダンでもゲット」と言うオマケ付。



・デリンジャーで2ゲット





リボルバーもそうですが、やはり弾数の少ない銃についてはこちらが完全に先手を取れている状況でないと勝てませんね。
そして九龍においてそれを実現させるためには入り組んだ場所(1F中央の各階段付近)で無いと非常に厳しいですね。あとは角で芋るか。





次回の出撃は、翌日の10/27(日)に「+5n1t0iu+ (合同ユニット)様 定例会 @ 戦国」に行ってきました。  

2013年10月21日

【イベントレポ】13.10.19(土) HITCOOL倶楽部定例会 @ RAID

F-03 です。
「HITCOOL倶楽部」定例会@RAIDに参加してきました。





■今回の戦友■

・ズンドコ & RAIDの猛者 勢(撮影怠慢につき、赤の一部のみ)





PHOTO:まちゃ 嬢



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

天候は曇り時々小雨。午後から小雨が降り出すものの、何とかゲームは継続。
気温は概ね20℃超といったところか。ガスブロがなんとかギリギリ稼動する程度。



以下、ごく簡単なフィールドレポ。

・フィールド的には小型の市街地フィールド。イメージ的にはOasisにAGITO中央部くらいの密度でバリケードなんかを固めたような感じ。

・適正人数は30人弱。35人で既に人数過多気味。

・遊び方としてはタクトレ練習場。特にセーフティからみて右側が確定バリケが多いのでそこからが攻めやすい。



-展開-

赤軍(自軍)にゲテモノ好きとUMAの一団。黄軍(黄軍)に概ね電動派が集まったようなイメージ。

てっきりこの日は「UMAの一団」によるフルボッコタイム・・・かと想像していたが、意外にそうでもなく逆に黄軍に押され気味。
展開を見る限り、黄軍(敵軍)が割とキッチリライン管理と連携を密に取っていた模様。





■個人的な動き■

・今回のメインアームは特に無し。「RPG-7」・「タネガシマ」・「アナコンダ(8mm)」・「AK74M」を適宜使用。

今回は前日に会社の飲み会でつぶされたため、安全と健康の観点から敢えて遅刻。それにしても下道は遠い・・・結局茨城へ飛びに行くのとほぼ使用時間は変わらず。OH、ナンテコッタイ。



午後からの参戦と言うことで、参戦出来たのはセミ戦と復活戦が半々。
もっぱらセミ戦でアナコンダを、復活戦でそれ以外を・・・と言ったところ。
特に今回は「RPG-7」の使用率が高い。勿論開幕ぶっ放用。
ここまで使ってくると、おぼろげながらにモスカートの使用方法が見えてくるから不思議。そしてそれと共にこみ上げる「グレラン付SCAR(ガスブロ)」への興味・・・アカン。せめて来年の夏まで待つんや。





今回の慰労会は、九龍出撃組と合同で、いつものサロン「焼肉ホルモン 福よし 相模原店」にて実施しました。YOU、炙っちゃいなYO!







次回の「HITCOOL倶楽部 定例会」は、11/4(月:祝)に「ASOBIBA貸切」を。11/10(日)にVillage・1を。
個人の出撃は10/27(日)に「合同ユニット 定例会 @ 戦国」を目論んでます。ダメならSPF-2定例会。  

Posted by F-03 at 21:32Comments(2)貸切レポ

2013年10月15日

【ミニレポ】13.10.14(月:祝) 読みと隙の間 @ 九龍夕方フリー

F-03 です。
また平凡な新兵器の試運転をすべく、九龍フリーゲームに行ってきました。



■今回の戦友■



PHOTO:九龍スタッフ 様



■全体の展開■

参加人数はMAX7名。
実施ゲームはバトルロイヤルと殲滅戦(時々ワンフロア限定)。
ライトは最近定番の20:00以降はLED点滅。

今回も九龍に慣れた方が多め。おかげで3Fにも2Fの外周にも芋られず動きのあるゲームが展開。



■個人的な動き■

メインアームは「M629 ブラックHW(4インチ)」、時々「G34」。





先日のキャンプで手に入れたG34の試運転。
冷静に見てみると、リコイルがおとなしめで鬼HOPとモデルの古さが目立つ。
またガスルートの閉鎖も甘めなのか、戦闘前にスライドを引くと時々ガスルートが閉鎖しきれずガスが抜けてしまい、慌ててリボルバーに持ち直すことも。まさかエアガンでリボルバーの方が安心してしまう日が来るなんて。



一応今回は動きとしては終始真面目にプレイしたつもりだが、前半はどうもアラが目立つ。目線を外した一瞬の隙を付かれたり物音をオトリにされて横から撃たれたり。いやはや、アレにはお見事としか言えませんて。



・天晴れ!トビラオトリ





20:00より人が多少捌けてしまい、2vs2に。ライトはOFF気味。
今回味方だった方が長物かつ敵の位置を知らせてくれたことで側面回り込みが上手くハマり、運良く連戦連勝。相手も強敵だっただけに嬉しいですね。



インドアにおける長物使いの行動傾向ですが、気のせいか、通路や窓からの待ちとストロングハンド方向への移動ばかりな気がします。あんまり1Fの階段前広間とか通路の角とかで撃たれた気がしませんね。回り込みにも弱い気がします。まぁ気のせいでしょう。




次回の出撃は、10/19(土)の「HITCOOL倶楽部 定例会 @ RAID」を予定してます。どうしよう・・・持ってるエアコキハンドガンが軒並み不調だ。まぁリボルバーが二丁あるから平気だけど。  

2013年10月15日

【イベントレポ】13.10.12-13(土・日) 御殿場AutumnOperation 2013

F-03 です。
御殿場、秋のイベント「御殿場SVGNET主催 Autumn Operation 2013」が無事開催されました。





■今回の戦友■

・キャンプ スキー 勢









■全体の状況■

-フィールドコンディション-

先ず、行きの道中で国道138号が大渋滞。連休による観光渋滞か?ちなみに一歩逸れた県道23号はスカスカ。

両日の天候は晴れ。ここ最近の御殿場キャンプでは珍しい・・・ゴメンよつっちー。
気温もここ数日の通り30℃近くまで上昇、特に日差しは標高が高いこともあり強め。但し風は冷たく、夜も含めて日差しのある無しで気温差が激しい。

植生はまだまだ草木が青々と生い茂り、地面も程よい湿り気と火山灰の混合されているいつもの御殿場コンディション。



-展開-

概ね13:00に現地に到着、随時まったりしながら順次設営を開始。

















特に今回は勝手に「オクトーバーフェスト」と称してましたので、好きな人から「とりあえず一杯」頂いたり。







あれこれしゃべくりながら料理の準備をしながらおやつをつまみながらで、ようやく16:00頃にデイゲームを開始。実施ゲームは最近出張多めな「SAS式センターポスト戦」。
軽くデイゲーム終了後、若干時間を置きつつ19:00頃より今度は夜戦。今度は殲滅戦とバトルロイヤル。



そしてゲーム終了後は、楽しい楽しい夜の語らいへと突入。



ジェダイごっこにライトボールでのキャッチボールにグリーンレーザーぶん回し。大の大人がおおはしゃぎ。

特に今日はスミさんの誕生日ということで、kさんからのバースデーケーキで大盛り上がり。











そんなこんなで酒とたばこと夜中に響く「ナリモノ」の各ボリュームに少しだけ気をつけつつ、疲れた方から順次、おやすみなさい。





翌朝。
「朝練は?」と早起きしてしまった方とそんなことなどとんと忘れてしまってた言いだしっぺとの応酬がありつつ、随時起床。

9:45より恒例の「寸劇」付のミーティングが開催。人数は目測で80人程度と今までより少なめ。恐らく他のイベントとのバッティングによる分散が原因。

ミーティング終了後、いよいよ本戦の開始。今回はここ最近恒例になりつつある「40カウントエンド式フラッグ戦」を実施。
いつも通りに撃ちまくりたい人・特攻したい人は正面に突入し、シビアに戦いたい人・フラッグを狙う人は回りこみルートへ。
どうも今回回りこむ類の人は敵(赤軍)にはあまりいなかったようで、外回りでの戦闘はほぼ皆無。ほとんど正面とフラッグ周辺での撃ち合いとなりました。


昼にはスミさんによる「福よし(出張版) 御殿場限定とろハンバーガー」が販売。





早速、口にしたものから順次幸せに。









午後も同じルールで数ゲーム実施し、15:00にゲーム及びキャンプが全て終了。
各自、混みに混みまくる渋滞の中へダイブしながら帰宅しました。
(ちなみに私は色々ルートを回った挙句、箱根峠を経由して帰宅。走行時間8時間)。





■個人的な動き■

・今回のメインアームは「RPG-7」と「タネガシマ」。





一日目は戦闘の準備をするのが面倒だったのでゲームには参加せず。
二日目にて、最近特攻分の不足で体重がヤバいので、久々にインターバル特訓。

また、現地にて調達したウェアがかなり気に入ったということもあり電動は全く使いませんでした。ぁぁ、トンプソンの出番すらも奪うというのか、タネガシマよ・・・。





・タネガシマ インドアの構え






さすがに今年のキャンプはこれで終了でしょう。寒いし(終身時は真冬装備で寒さを感じなくちょうど良い感じ。相変わらず御殿場の夜は冷える)。
あとは今年の宿泊系イベントは年末の忘年会ですね。そろそろ宿を確保しなきゃ。



今回の慰労会は「長崎ちゃんぽん リンガーハット 田名店」にて実施しました。肉と油はもう要らんとです。

次回の「3Fの集い」イベントは、11/30(土)に「エアコキマスターズ コンペティション ~一撃の美学~」を。
12/21(土)-22(日)に「3Fの忘年会 ~フィールドは休ませたら負け~」を予定しております。



PHOTO:NABE  

Posted by F-03 at 00:57Comments(2)イベントレポ

2013年10月08日

【ミニレポ】13.10.06(日) リボ道と火縄道の共通点 @ 九龍夕方フリー

F-03 です。
平凡な新兵器の試運転をすべく、九龍フリーゲームに行ってきました。



■今回の戦友■



PHOTO:九龍スタッフ 様



■全体の展開■

参加人数は16名程度。
実施ゲームはほぼ殲滅戦、ラスト数回だけキルカウント戦。
ライトは20:00までON、以降はLED点滅。

今回は九龍に慣れた方が多く、開幕から速攻で2Fや3Fを確保。
その後の移動速度は概ね標準。常に動き回るでもなく、でも芋るでも無く。



■個人的な動き■

メインアームは「M629 ブラックHW(4インチ)」、時々「タネガシマ」。





M629での使い勝手 及び 戦績は良い感じ。シューティングレンジでは時々右に曲がったりするものの、戦闘中においては概ね直進。近距離ということもあり相手へのダメージもそこそこあるようなので、普通の人なら気付いてくれる模様。

また、改めてタネガシマを振り回してみた結果、「通路をただひたすら前進するなら使用可能」と言う結論。



・タネガシマ 先陣の舞





取り回しについては銃身のほぼマズル部を手で覆うように握ることでカバーが可能。
さすがにスイッチするには時間がかかり過ぎるので、ここぞというところ以外はしないほうが吉。

窓からの狙撃は、そこでずっと芋って無い限りはほぼ不可なので、戦い方としては「ストロングハンド方向でひたすら外を回り続ける」のが一番か。



また、リボルバーとタネガシマ(≒エアコキ)の使用時における極意は「不意打ちの徹底」と理解。
オートマチックが相手では弾数と連射力の関係でどう足掻いても立ち打ち出来ないので、ファーストコンタクト時に先手で倒せなければ大人しくルートを変更して別の敵を探した方がいいですね。





次回の出撃は、10/12(土)-13(日)の「御殿場SVGNET主催 Autumn Operation & 3Fのオクトーバーフェスト 2013」です。さ、浴びるほどビールを飲んで肉とチーズを食いまくってやるっ。  

2013年10月08日

【イベントレポ】13.10.05(土) 刑事祭り 2013 @ AGITO貸切

F-03 です。
某S氏の発案から始まった今年最大の前衛的イベント「刑事祭り 2013 ~陽気な刑事がAGITOを救う?~」が無事終わりました。





■今回の戦友■

・3Fの集い & スキモノ 達

(忘撮 割愛)



■全体の状況■

-フィールドコンディション-

今回集まった人数は15名。中にはツテにより若干無理矢理参加して頂いた方もいらっしゃり、本当に有難う御座いました。
気温は24℃くらいでしょうか。動けば厚いものの、扇風機に当たっているとものの数秒で体が冷えてしまうくらい。ガスブロのガバだと連射はキツいくらい。

雨天と言うこともあり、フィールド内部・鉄筋部が屋外部を中心に濡れており非常に滑りやすくなっておりました。




-展開-

高速道路での玉突き渋滞により一部の参加者が大幅に遅刻。事故車許すまじ。

そのため人数が揃うまでは通常のゲームを実施し、昼を挟んで午後から本戦を開始。
が、色々あって本戦も速攻で終わり、すぐに通常ゲームに戻りました。

まとめるとこんな感じ。


・ウォーミングアップがてらの「フラッグ戦」 x4
・「キルカウント戦」 x2
・往年の「SAS式センターポスト型ハンドガン戦」(AGITO即席出張版) x5
・2ヒット制度 練習がてらの「殲滅戦」 x1
・刑事祭り本戦 「2ヒット制 メディック搬送復活付 検挙戦」 x1
・「純正フラッグ戦」 x2
・「秘匿アイテム回収戦」 x1
・「公開アイテム奪取戦」 x4
・往年の「SAS式センターポスト型ハンドガン戦」(AGITO即席出張版) x2


ゲーム内容は多彩・・・と言うか、完全に迷走。
以下、所感に続く。



■主催としての所感■

先ず真っ先に言える事は「刑事祭りとしては大失敗」。

元々計画していた「2段階ヒット制度」・「メディックルール式搬送による復活・悪役の検挙」のルールが上手く説明出来ず、参加者への認知がされていない。
その上、実際に実施してみたところで面白味よりも手間の方が大きく上回ってしまい、ルールが無意味に。

結果、ほんの数戦で敢え無く予定変更、通常の「リアカン 貸切ゲーム」へと戻しました。


反省点としては「ルールの更なる単純化」と「お互いの勝利条件の明確化」。
通常のサバゲーとは違うルールを用いた場合は「やりたいことを一つだけに絞り、それを生かすことに徹底する」こと。
ちなみに、今回の目的は「2ヒット制を用いた、動けなくなっている犯人を検挙する行為」が一番実施して盛り上げたかったところでした。





唯一の成功?点と言えば、ゲーム崩壊寸前から参加者の力によってリカバーが出来たこと。
通常ならこのままゲームがグダグダになりながら一日を終えるのでしょうが、参加された方のとても手厚いフォローのおかげで「楽しい貸切ゲーム」として路線変更して楽しむことが出来ました。

当然私の「主催者としての力量不足」については目に余るものがありますが、それが「皆でゲームを作り上げる」ことに繋がったのでこれはこれで良かったかな、と。だってサバゲーは「みんなで作り上げて楽しむ遊び」なのですから・・・って言う負け惜しみ。





・振り向けば そこに君がいる





・出張 お宝ポスト団





・ここはセーフティですよっ







今回の慰労会は「貸ペンション ステップハウス」にて実施しました。こうしてハングのメンツと夜を明かすのも久々だな~。

次回の「3Fの集い」は、11/30(土)に「ガシャポンヒーローズ ~ECOロジカル☆シューターズ~」を予定しております。さ、早くタネガシマとM3をモノにしなければ。あとエアコキハンドガンも。  

Posted by F-03 at 01:01Comments(0)貸切レポ

2013年10月01日

【イベントレポ】13.09.29(日) 初・リボルバー戦Z @ DSK貸切

F-03 です。
伝統あるリボルバーのための年一のイベント「リボルバー戦Z ~続・夕日のガンマンか何か」に参加してきました。





■今回の変態 共■



PHOTO:はがね 氏



■全体の雰囲気■

-フィールドコンディション-

今回集まった人数は15名。リボルバー好きはもっと他にたくさんいると思うんだがなぁ・・・。
相変わらずDSKの地面はまだ草が青々と生い茂り、いまだ「砂漠」とはならず。
気温もなんだかんだで28℃前後まで上昇?密かに「リボルバー、動く?」という懸念は見事に外れ、現地では何故かドクターペッパーがバカ売れ。やっぱ変態ばかりw(←計3本購入者)



-展開-

・主催者不在での朝練がてら「殲滅戦 x4」
・フラッグ戦 x2
・ニョロニョロ戦 x2
・ゴールドラッシュ60 x2
・1 vs 1 トーナメント
・DSK牧場の決闘(チーム同士の決闘)
・金塊輸送 x2
・バトルロイヤル

ゲーム内容は非常に多彩。
基本的には勝敗に拘らず、リボルバーやオールドガンを持ってひたすらにバカ騒ぎする・・・というもの。まさにリボルバー祭り。
それにしてもゴールドラッシュはツラいぜ・・・(←当時風邪薬服用中)





■個人的な動き■



言うまでもなく、メインアームは「アナコンダ 8mm」。うん、アナコンダでした。・・・異論は受け付けますw

というのも、元々8mm弾の在庫が少なく、またゴールドラッシュでは弾の補給が面倒でもあったので、途中からタネガシマへシフト。以後、主役のアナコンダを置きざりにしてタネガシマ(リアカン)で戦いだす始末。



・1 vs 1 トーナメント ~ DSK牧場の決闘 まで





また、馬(自転車)を奪って戦場を駆け巡ってみたり、敵の旧日本軍から軍刀を奪って二人同時に辻斬りするなど、最早リボルバーからも縁遠いような遊びまで行い、正にカオス。いいんです。私の8mmの本当の戦場はインドアや市街地フィールドですから。

盛大にリボルバーが火を噴けるこのイベント。是非次回も参加したいですね。って言うか、もっとリボルバーを楽しめる機会を増やしたい。



今回の栄養補給ポイントは「中華そば 青葉 八王子店」。ここのつけ麺がまた美味いんだ。

さぁ、いよいよ来週は待ちに待った「刑事祭り 2013」です。・・・人、集まってくれ~。  

Posted by F-03 at 23:50Comments(0)イベントレポ

2013年10月01日

【ゲームレポ】13.09.28(土) 声を張り上げて・・・ @ OPS-無制限

F-03 です。
やんごと無き諸事情により、OPS-無制限戦へ出撃しました。



■今回の戦友■

・ いつものメンツ(撮影し忘れ)

・Baby seals



■全体の雰囲気■

-フィールドコンディション-

今回集まった人数は90-100名前後。内四分の一が初心者らしい。
気温は概ね28℃程度?。なんだかんだで動けば汗だく。朝夕の気温差がちょっとツラく、夕方にかけては冷えに弱いガスブロの稼動が厳しくなってくるくらい。
戦場内の地面は前回同様に少し湿り気があるくらいでちょうど良い感じ。



-展開-

黄軍に所属、前半二戦で圧倒的勝利を収めてしまったので早速三戦目からBabysealsが赤軍(敵軍)へ異動。
その後はBabysealsの開幕速攻に圧倒されてしまい、連敗。

開幕速攻はほぼ知人一派が行い、そこでの優劣がそのままその後の戦況を作る感じ。
両軍共に途中までは前進するため、丘を一度確保してしまえばそこに一気に流れ込む感じですね。





■個人的な動き■

メインアームは「メガホン」。





・監督スタイル?





・久々のFG





OPSではトラメガ(電子拡声器)の使用が禁止なので、ならばと無電力で使用。戦況の共有と戦略方針の伝達を狙いました。

結果、結論から言うと効果は微妙。

1.戦況の把握が中途半端。
⇒ フィールドの特性上、敵の位置がフラッグ位置からは分かり辛く、また重要拠点が開幕特攻・潜伏による確保となるので最前線の人間は大人しく無線で連絡をすることが難しく前線の情報が伝え辛い。

2.戦略方針が急展開過ぎた。
⇒ 一方面(左翼・右翼・中央など)での戦況が悪いとすぐにもう片方へ戦力を集中するよう指示してしまい、戦況の悪い方は半ば見捨てるような行動を促してしまいました。
後で振り返ってみても、自分自身が前線で行動しながら指示をしていたほうが最終的な戦果が上がっていたので、下手に生き残ることよりも今まで通り前線に居た方がいいですね。

3.前線や戦況の情報はなんだかんだで重要
⇒ これは数少ない良い点。
某SNSからの少数意見ですが、メガホンによる戦況報告は後方にいる人や経験の浅い方にとっては「あると助かる」とのこと。
実際、私も未だに少し遅れてから前線に上がっていたときはよく「戦況はどうでしょう?」と周りに聞いてますからね。



是非これは、もっと見晴らしの良いフィールドで検証してみたいですね。DSKとかユニオン系とか。





なお、今日の昼食は「宅配ピザ」でした。AR30だけどおめでとう、俺。食い過ぎなんて知らないさー。





次の出撃は、翌日9/29(日)の「はがねさん主催 リボルバー戦Z 続・夕日のガンマンか何か」に行ってきました。8mmィ・・・。  

Posted by F-03 at 22:58Comments(0)ゲームレポ OPS