2014年07月31日

【ゲームレポ】14.07.30(水:夜) 事実上貸切会 @ ASOBIBA板橋

F-03 です。
へんたい一味より「ASOBIBAでエアコキハンドガン限定戦」、「予約人数がHCC勢のみ」との連絡が入りました。

…これは行かねばなるまいて。



■全体の状況■

人数=15名程度+たまにスタッフが数名混ざる
気候= 暑さも忘れる熱さ

今回集まった面子がほぼ全員HCC勢。ええ、完全に事実上HCCによる貸切状態でした。
おかげで19:50にゲームを開始して以降、HCC名物のほぼ無休憩によるガン回しが炸裂。
スタッフさんも頑張って回してくれてましたが、如何せん運営が参加者のやる気と動きについてこれず逆にスタッフの案内がゲーム回転のブレーキとなってました。まだまだ遅ーいっ。

またあまりにこちら側が主導でゲームを回してしまったせいか、21:00あたりからついに別のスタッフがおかんむり。
「まだフィールドに入らないで下さい!」(勿論ゲームは既に終わってる)
「怪我するので休憩入れます!」
等々の怒号が出始め、参加者のやる気ノリ気に急ブレーキを掛けることに。


最終的にはこの約二時間半で、計40ゲームを実施。
正直、ブレーキが無ければ50ゲームは出来たでしょうが、あくまで「オープン戦」であることを考慮すると致し方無しですね。



-ゲームの展開-

もはや語るまい。
全員猛烈なアタッカーなので、とにかく動くわ当てるわ声出すわで「超楽しい!」

ゲーム時間が三分と短いのに、ほぼ8割方は決着がついている。
スタッフ曰く「概ね一分半くらいで決着がついている」とのこと。そりゃ回転が早いわけだ。



■今回の戦友■

・「へんたい」(EXPERT) 勢



PHOTO:ASOBIBA スタッフ 様



九龍の魂、ASOBIBAまで忘れず。



■個人的な動き■

メインアームは「M1911」。当然エアコキ。監督さん、有難う御座います。

某イベントの鬱憤を晴らすべく、ここぞとばかりに大はしゃぎ。だからスタッフにキレられるんですよ。足の怪我?そんなん知らんね。

前半は人数と他のメンツの特攻が少なかったせいか、ぼちぼちの戦果。
が、人数とカンが戻ってきたあたりの21:00事件以降、何故か一気に不調に。メンタルの問題?相変わらず弱い。

あれだ。へんたい相手に真正面での戦いは私には無理。そのため、なんとか側面に回り込むように動いてました。
あとあれだ。銃身の長い銃の方が個人的によく当たる気がします。



~所感~

やはりASOBIBAはエアコキハンドガンまでにするべきですね。
ガスブロは勿論、下手したらBOYs電動の時点でゲーム性が崩壊しますね、この狭さは。フルサイズの電動なんてもっての他。
仮にそんなことばかり続けているようでは、初心者がリピーターになることはないでしょう。特にライトゲーマーは。痛いばかりで何も楽しくないこと必然。

その点、エアコキハンドガンはサバゲーの能力の良し悪しがモロに影響するので、「狙う難しさと楽しさ」・「動くことの優位性」・「弾数による理不尽さの回避」など、サバゲーの楽しさを引き出してくれる要素が多く含まれています。きっとこの時参加してくれた若いスタッフも気付いてくれたハズ。
今はまだ参加人数は全然少ないでしょうが、是非このゲームは週一で続けて欲しいところですね。




次回は2日(土:夜)に、知人主催の貸切を予定。
3日(日)の行き先はかなり悩んでます。  

2014年07月31日

【イベントレポ】14.07.27(日) 割高を超えて @ PEACE COMBAT主催イベント

F-03 です。
巡り合わせにより、PEACE COMBAT主催のイベントに参加しました。



■全体の状況■

人数=プレイヤーは150名前後
気候=融ける暑さ with ゲリラ雷雨



-良かった点-

・予め、予約者の席を指定。スペースも広めで過ごしやすい。
・DJによる常時BGM。特に終盤のガンダムメドレーはGJ!
・ゲリラ雷雨にも心折れる事無くゲームを再開した点。
・無制限復活ルール多めによるズンドコ対策。フィールドの広さも考慮すると、これもGJ。
・MET装置による的当てが割と面白い。タネガシマによる「18秒ちょい」が一つの指標にされる。
・「じゃんけん大会」「抽選会」などの余計なイベントが無かったこと。これなら純粋に沢山ゲームが(以後は後述)



-もう一歩な点-

・「硬い人」の噂がチラホラ。甲冑より硬いとはこれ如何に。
ただ、こういったイベントゲームではある程度は仕方無いのでしょう。個人的には予想より少なめでむしろ好印象。

・セーフティ内での空撃ちがごく一部で発生。これも予想よりは少なめで、再三再四のスタッフの努力によりなんとか改善。



-泣きたくなる点-(長文失礼)

・参加賞が某「ホップ調整を誤ると銃を壊す可能性のある弾」とカタログ2部。
・定刻になっても始まらない弾速チェック。
計測に使用するのは配布されたものと同じ弾で、事前に告知が無いので詰めていた弾は計測直前で破棄することに。
しかも当初は弾速計一台のみで実施しているので時間がかかり過ぎて一向に終わらない。
・定刻より30分ほど遅れた段階で演説が開始。勿論弾速計測中。
朝礼かと思いきや、業界人の挨拶のみで終了。
・さらに定刻より遅れること約20分程度。結局朝礼は実施されないまま、いきなりゲーム開始の案内。

・スタッフとゲスト(アイドル側の意)で終始雑談。身内感パネェ。

・昼飯は小盛りのかき揚げうどん。唐揚げやおにぎりは別料金と非常にぼっ…割高感満載。
・結局、ショップ関係の出店はほぼゼロ。
あったのはアルファさんで靴数足と、バトンさんでバッテリーや某弾などの小物程度。
・METターゲットブースに某社長が参上。
ガチシューティングマッチ仕様の自前のガン(外部ソース付)で景品をかっさらう。
普通、関係者ってこういうイベントの対象から外れるものでないかと。
・ちなみに、METターゲットで景品が貰えること自体の案内が無し。それを知ってたら本気で狙いにいったわ!

・ゲリラ雷雨が止んだ後のゲーム再開までの時間が遅過ぎる。
「あとXX分でゲーム開始」と告知するものの、その告知した「XX分」を大幅に超過してようやく次の案内に移る。
・結局、トータルのゲーム数は6ゲーム。

・終礼も参加者への案内が無いまま勝手に開始。
私が受賞式に出るのが遅かったのは、単純に終礼の案内が無かったのでやっていたことを知らなかっただけ。



-某サイトの記事で事実と違う点-

・アイドルがゲームに参加したのは「ゲストを守れ」の表裏2ゲームのみ。
参加と言っても、ほとんどはスタート位置からほぼ動かずその場に固まってるだけ。しかも一部はその場で撮影を開始。

・アイドルへ直接確認したところ、「本当はゲームしたいんだけどー」と言いながらマネージャーらしき方を見る。
その言葉の真偽はともかくとしても、このことからアイドルのゲーム参加は基本考慮していないことが判明。

・雨が降って実際にはしゃいでいたのはASOBIBA周辺の方々。
が、実は大降りの雨の中をOP4はガチでハンドガン戦を実施。事実上このメンツが一番はしゃいでいた。

・SVGMAPは基本ずっと閑散。





とりあえず私が現場で体験した内容だけ掲載しておきます。
この他、溢れ出る感情を載せてしまうと単なるグチでしか無くなってしまうので。



-ゲームの展開-

橙軍に所属。
自軍にかなりの大部隊だったOP4がいたこともあり、橙は基本ガン攻めで青軍はガチ守り。しかし地形の特性か、なんだかんだで押し切れず戦況はトントン。

復活戦多めなこともあり、基本的にはただ遠くで撃ち合うだけで終了。イベントなので致し方無いでしょう。
ただ、ラストだけは「無制限復活」ルールなのにフラッグゲット。事実上のリスキルによるコールドゲームでした。
主犯はOP4、共犯は某SFアーマーの人w





■今回の戦友■

・U 会
・某「げ」の住人



■個人的な動き■



メインアームは「タネガシマ with 甲冑(時々 祭りハッピ)」。

が、肝心のタネガシマがまたもホップ不調。前回同様、ホップ位置が斜め下方向にズレてかかってしまうように。

それでもなんとかすべくひたすら前進。
復活無しゲームではずっと出落ちばかりでしたが、代わりに復活有りのゲームでは戦線を上げる役に少しは立てられたかと。
「甲冑に足止めされた」と言われた時はとても嬉しかったなぁ。



ちなみに、余興の「METマッチ」では上述の通り18秒代。
初回がもっとも成績が良く、回を追う毎にタイムが落ちたのはきっと張り切り過ぎが原因。肩の力が入っていたのはきっと兜のせいw



・METマッチ(@タネガシマ使用時)







■所感■

そもそも、今回のイベントがどういった趣旨なのかがイマイチ不明でしたね。
アイドルはこぞってゲームをプレイしない上、イベントをやるようなわけでもプレイヤーと絡む事も無くただセーフティにいるだけの存在。

PEACE COMBATスタッフの「ゲーム運営の修業」と考えるにはあまりに運営がお粗末だったのでこれも違いますし。

ではゲームの撮影かと思えば、前線にカメラマンの姿は無く自陣付近でのヤラセくらい。
見栄え的には仕方ないのでしょうが、あれで「サバゲーしてます」と豪語されると「流石に違うんでないかなぁ」と思ってしまいますね。

各メーカーなどのブースも特別な出展はほぼ無く、珍しいものと言えばSVGMAPとMETマッチくらい。



総合すると、
「ゲームは数少なく進行もグダグダ」
「ブースはほぼ無いに等しい」
「ゲストは基本スタッフと身内でワイワイ」
と、とても参加者をないがしろにしているとしか思えない内容でした。もう二度と参加したくないなぁ。



個人的に「こうしたら良くなるかも」と思う点をとりあえず羅列。
・「目的が何なのか」を定める。サバゲーを通した「アイドルとの交流」なのか、「撮影」なのか、「ゲーム」なのか。
その上で、趣旨に沿ったゲームなりイベントなりをきちんと実施するべき。
・参加者への告知は全体にきちんと伝わるように。良い例は、私が知る限りでは「OPS定例会の朝礼」と「御殿場SVGNETGの朝礼」。


ちなみに、ALPHAさんが私の一団の女子へ取材。さすがにゲームを普段されない方のせいか、質問内容がありきたりなものばかり。
軽く宣伝になりますが、本気でサバゲー女子の取材のされるようであれば8/11(月)の私主催のゲームに来られるといいかもしれません。
普段から純粋にサバゲーを楽しまれている女子が遊びに来る予定なので。





溜まった鬱憤は、30日(水)にASOBIBAで大方晴らしました。  

Posted by F-03 at 01:37Comments(0)イベントレポ

2014年07月29日

【貸切レポ】14.07.26(土:PM) HCC夏祭り @ CKF

F-03 です。
OPSよりCKFへ急行。首都高永福より首都高経由にて、計2時間弱で着きました。調布から乗れば・・・。



■全体の状況■

人数=15名前後
気候=夏は夜。夜風ウマー。



-イベントの流れ-

午後より途中参戦。
無制限復活型センターフラッグ戦を挟むも、基本は通常のフラッグ戦を適度に回転。
おかげで午後からの参戦でも十分満足出来るゲーム数をこなせました。毎度ながら、HCCのコスパ・満足感はパネェっす。


恒例のウォーターバトルは15時に第一次が、17時に第二次が勃発。
今回のバラマキ担当はこちらのお方。





そしてひとしきり楽しんだ後は恒例のBBQと夜の語らい。
今回の(結果的な)テーマは「勝敗論と満足度の関連性・ゲーマー主導によるサバゲー協会の存在意義」について。
やはり考えることは皆同じ、と言ったところでしょうか。





■個人的な動き■

メインアームは銀ガバこと「M1911 ニッケルフィニッシュ」。
とても元気があって大変よろしい。

倉庫中央出口あたりを中心にあちこちでブッシュが生えていたので、射線を遮りやすく潜伏がしやすい。
そのためあちこちへ移動出来、狭いながらも市街戦とブッシュ戦の両方をバランス良く楽しめました。





翌日27日は、「PEACE COMBAT」主催のイベントに行きました。
満足感が半端無ぇ(ズンドコな意味で)。  

Posted by F-03 at 21:54Comments(0)貸切レポ

2014年07月29日

【ゲームレポ】 14.07.26(土:AM)甲冑散歩 @ OPS無制限

F-03 です。
当初はCKFの予定でしたが、ふと無性にOPSに行きたくなったので急遽進路変更。



■全体の状況■

人数=100名前後
気候=ガチ装備 ツライ


-ゲームの展開-

両軍共に動きのある展開。
開幕ダッシュからの丘確保や声掛け連携、空いた前線の穴を埋めるといった「攻め」の展開が見られ、結構白熱する展開だったように思えます。



■今回の戦友■

・昔から変わらない「無所属の有象無象」(甲冑体験中なごく一部)







■個人的な動き■



メインアーマーは「甲冑」。ゲーム毎に装備が外れていったのはココだけの話。

今回は黄軍に所属。
まだダッシュ出来ないので後方より上がりながら戦況を報告し、自軍内での情報共有を図りつつ前進。
それなりに攻めの勢い付けには役に立てたのかなぁ、と自画自賛しておきます。


それにしても毎度赤開始の場合はどうしたらいいか分からないですね。
ダッシュ出来ればなんとかポイントとなるバリケードへ移動出来るのですが、それでもかなりの博打。
言い換えればルーキーやダッシュしない・出来ない方はポイントのバリケへ移動することが出来ず、戦力を貯めておける場所も無いので丘上で上がってくる敵を迎撃するしか出来ないのが未だ変わらぬ現状。何か手は無いものか…。





昼より、本来の行き先であった「HCC夏祭り@CKF」へ急行しました。  

Posted by F-03 at 21:27Comments(0)ゲームレポ OPS

2014年07月24日

【ミニレポ】14.07.21(月:祝:夜) 九龍フリーゲーム

F-03 です。
懲りずにOPSからの延長戦です。



■全体の状況■

人数=20名前後

やたらと緑軍に圧倒された覚えしかねぇ。



■個人的な動き■



メインアームは昨日同様「M1911 マルイガスブロ」。

この日は敵の速攻に翻弄され、戦果はぼちぼち。
昨日調子が良かったためか、AIMも雑になってきているのでワンチャンを逃す場面もちらほら。マズい傾向です。






次の出撃は以下の通り。
26日(土)=HCCの夏祭り
27日(日)=ぴーこんvol.2  暇つぶし道具は何にしようかな。  

2014年07月24日

【ゲームレポ】14.07.21(月:祝:昼) 進軍の喜び(前日比) @ OPS無制限戦

F-03 です。
懲りずにOPSへ散歩しに行きました。



■全体の状況■

人数=100名超
気候=ほぼ昨日と変わらずちょい蒸し

珍しく昼前にチームデスマッチを実施。きっと勢い付けが目的だったのでしょう。
・・・勢い良すぎてコールド勝ちしてしまいましたがw



-ゲームの展開-

昨日とは様子ががらりと変わって非常に流動的。
開幕でダッシュする人数もそうですが、拠点確保後に後衛から上がってくる人数も非常に多く声出し連携もあちこちで発生。
当然決着がつくことも多く、押され始めたら止まらないパターンが多く感じましたね。

結果的には赤軍が優勢でしたが、どちらも攻めの姿勢がよく見え非常に楽しめました。





■今回の戦友■

・「コロンビア」群(360°カメラ)

本日の戦友。 「ゲーマー」の多い、アタリデー。 - Spherical Image - RICOH THETA





・平日の同志






・連戦の指揮官(後衛型)







■個人的な動き■





メインアームは「AK-74M」。オート9はどっちもダメだ。


「声が返ってくるって素晴らしい!」(歓喜)

序盤は黄軍に所属、声を出し合って前進していたら快勝連勝。
その後スタッフ命令により赤軍に移っても、やはり声を出し合っていたら快勝連勝。

つまるところ、この日は「アタッカー・ゲーマー」の数がどちらにも多かったということでしょう。私は単に声を出してそのきっかけを作ったに過ぎませんでしたね。


声と言えば、最近は内容についても一工夫入れてますね。特攻出来無いので。
「どこそこに敵数名!(何番、1!等)」と言ったことは当然として、他に「敵の最前線はどこなのか」、「自軍の前線がどこまで上がっているのか」、「それぞれの戦力はどの程度厚いのか」などを報告するようにしました。
それさえ伝えられれば、戦況が分からないために前に出れない方々も安心して前に出られるようになるでしょうからね。



・我々が恋した戦場郷







■補給地点■

「丸亀製麺 相模原中央店」。連日トンカツばかり(昼夜両方)だったので、さすがに飽きる。





またも、九龍にて延長戦です。  

Posted by F-03 at 21:56Comments(2)ゲームレポ OPS

2014年07月24日

【ミニレポ】14.07.20(日:夜) 九龍フリーゲーム

F-03 です。
OPSからの延長戦です。



■全体の状況■

人数=15名前後



■今回の戦友■

・チーム「TADAO」(360°カメラ)

本日の延長戦。 ミリガバが好調でした。 - Spherical Image - RICOH THETA





■個人的な動き■



メインアームは「M1911(マルイ ガスブロ)」。
珍しく戦果はホクホク気味。そしてそんな時ほど動画が撮れていないという「マーフィーの法則」。

九龍は急がない方がいいのかもしれませんね。




翌日の21日(月)もOPSへ行きました。  

2014年07月23日

【ゲームレポ】14.07.20(日:昼) 静寂なる戦場(翌日比) @ OPS-300発戦

F-03 です。
久々に300発制限戦に参加してきました。



■全体の状況■

人数=100名前後
気候=ちょい蒸し

ぱっと見はほぼサバゲー経験者ばかり。
やはり300発制限では若干敷居が高いようです。

実施したゲームは300発制限戦なこともあってか、終始復活無しのフラッグ戦。スタートだけショートにしたり青白にしたり。



-ゲームの展開-

展開は全体的には重めで、両軍共に数名のみ開幕ダッシュし残りは後衛にて待機。
そのまま最前線が孤軍奮闘するも中々後続が続けず、しかし戦力自体は均衡しているので両軍共に大きな動きが無いまま消耗戦を繰り返す状況。

昼過ぎに何度か赤軍が盛り上がったので、その時は調子良かったですね。





■今回の戦友■

・奮闘中のツナ吉(360°カメラ)

待望のゲーム中の撮影。 吉とツナ氏が大奮闘。 - Spherical Image - RICOH THETA





・久々の前線兵





・指揮官(後衛型)







■個人的な動き■

こちらは自分自身のゲーム中。 味方の援護が非常に有難い。 (まぁその後すぐに死んだけど) - Spherical Image - RICOH THETA



メインアームは「AK-74M(KSC)」。 梅雨明け前ですが、一足先に「ガスブロの夏」モード突入。

昨日の通り「左足の骨に亀裂」な状態のため、基本的には終始徒歩で移動し走れない分は声でカバー。
突撃する人数が少ないながらも戦友のおかげでなんとか丘は確保してくれたものの、後続との連携が上手く取れなかったので以後が中々詰められませんでした。出待ちはツラい。



・「俄然有利」と言われる青白フラッグ戦の青スタート







■補給地点■



「かつや 町田鶴川店」。肉体疲労時の栄養補給に(以下略)。
今回は衣のトゲが頬を刺す事は無し。あれが結構痛いんだ。





その後は九龍にて延長戦でした。  

Posted by F-03 at 22:47Comments(2)ゲームレポ OPS

2014年07月23日

【ミニレポ】14.07.19(土:夜) 九龍フリーゲーム

F-03 です。


■前段■

週を追う毎に左足首の痛みが悪化しており、そんな中での「HCC主催」による「降雨後の戦」はあまりに危険と判断。
泣く泣くHCC参加をキャンセルして病院で診察してもらった結果は「骨に亀裂」とのこと。

なのでしばらくは陸上での「スポーツ」は不可。ただ水泳や「通常の歩行」なら問題無いようです。



■全体の状況■

人数=25名前後

速攻するものは少なく、電動多め。



■今回の戦友■

・九龍 連戦組

本日の集合写真。 中々戦場で撮れるタイミングが無い。 - Spherical Image - RICOH THETA





■個人的な動き■



メインアームは「タネガシマ」。

この日の戦果はぼちぼち。
基本は1Fを左回りで徘徊し、真正直の敵のみ意識した行動。
せめて真正直での撃ち合いに自信を持てるくらいまで、薄くなりたいところですね。





翌日(20日)はOPS(300発)・九龍でした。  

2014年07月14日

【ゲームレポ】14.07.13(日) 全軍凸撃 @ OPS無制限

F-03 です。
昨日の貸切で疲れたので、近場のOPSで済ませました。



■全体の状況■

人数=180名前後
気候=ガスブロが動きゃしねぇ!



-ゲームの展開-

両軍共に序盤はほぼ知人程度しかダッシュしなかったものの、回を追う毎に展開速度は上昇。
また中盤以降も継続して前線に兵が送られたので、ありがちな中盤以降の中だるみもさほどなく終始勢いのある展開でした。





■今回の戦友■

自席の人ら

本日の戦友。 やはりひとつはこういった集合写真が一番分かりやすい使い方か。 だがもっといい使い道があるはず。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA





Baby Seals 等







■個人的な動き■





メインアームは「各 友軍」。この日の最も重要な戦力は、物では無く人でした。

基本的には黄軍に所属し、中盤だけ赤軍に転籍。
ただしやってたことはどちらも同じメガホンを使った「前線への水先案内人」役。
いつもの拠点確保役は今回知人やOPSのベテランに任せ、拠点が確保出来次第メガホンを使って味方をとにかく拠点へ送り込む。

拠点が確保出来なかった時も敵の位置・戦力数・勢いなどを観察し、抑えるべき時は迎撃に徹底。そして穴を抜けた時にはすかさず友軍を送り込み、数をもって押し込む。

有難いことにこの日はどちらの軍も指示をするとその通りに動いてくれ、しかもその後は周りが自然と声を出しながら連携して前進していたので非常に楽しいゲーム展開を味わうことが出来ました。

いやはや、私自身での戦果はクソしょっぼいものでしたが、そんなことは気にもならないくらい満足感がありますね。タネガシマはもはや指揮棒w



ガンガン行こうZE☆







◼︎孤独にグルメ◼︎




PHOTO:HPより抜粋。

壱発ラーメン 相模原店。
ここも「毎度頼んでから後悔する」系の店。とにかく量がすげぇんだ。



来週の予定は以下で予定。
・19日(土)=HCC定例会 @ 戦(甲冑 出陣予定)。夜は個人的に中止。
・20日(日)=OPS 300発(一人ガスブロ祭り)  

Posted by F-03 at 22:33Comments(2)ゲームレポ OPS

2014年07月14日

【貸切レポ】14.07.12(土) 3Fのガス祭り @ oasis貸切

F-03 です。
この度は「3Fのガスブロ祭り 2014」にご参加頂き、誠に有難う御座いました&大変お疲れ様でした。
無事に…。本当に無事にコトを終えることが出来ました。



■全体の状況■

人数=23名(夜は18名)
気候=まさに台風一過



連日の梅雨・台風から一転して35℃と一気に気温が跳ね上がったこの日。
体が全然暑さに慣れていない中、昼夜累計で約30名ほどのへんたいが集まりました。

実施したゲーム内容は、基本的には「フラッグ戦x4 + リボルバー・エアコキリアカン戦x2」を1セットとし、これを無休憩で延々と回し続ける。
昼食時間の時には「リボルバー タイマン」及び「二人だけのタネガシマ頂上決戦」を挟み、また一番暑い14:00には「水鉄砲戦」を一度だけ実施。

夜は単純に「フラッグ戦」に絞って、これも延々と無休憩でブン回す。

累計ゲーム数は、余興ゲーム抜きで考えても最低で日中に50ゲーム以上、夜は10ゲーム以上実施していた様です(ばびさん情報)。
流石に全ゲーム参加してしまうと熱中症は確実でしたので、各自で休憩を取ってもらいながらゲームに参加して頂きました。



-ゲームの展開-

こんなにクソ暑いのに。
次々と魂が抜けていくのに。
どうしてみんな「スタート!」の声が掛かるとダッシュするの?w


さすがはへんたいの一団。
セーフティで次々とノびてるにも関わらず、ゲーム開始のコールと同時に開幕ダッシュ、からの声出し。そしてベテラン特有の持つ阿吽の連携で前進するなどの飽くなきフラッグゲットへの執念。
こんな姿が、もう体力も残って無いハズの15:00以降でもずっと見ることが出来、つくづく「サバゲーの真の楽しさ」を実感させられました。やっぱサバゲーは姿形の問題じゃないね。



360°カメラによる当時の様子

昨日の様子。 気温が高いのと場所の電波状況のため当日はアップ出来ませんでした。 撮影距離が至近距離でないと雰囲気が中々つかめないかも。 - Spherical Image - RICOH THETA





■今回の戦友■

OPSからの挑戦者





NON K +α





KO組 +「元」水没王子





各地方所属 組





「元祖 へんたい集団」





ずっと「煙」分補給 者







■個人的な動き(兼 所感)■

今回はほぼ運営に徹底。って言うか単純に体力が続きゃしねぇ。



今回の貸切における実験的要素は三つ。

「まだ見ぬ新しい仲間の募兵」
⇒ 僅かに成功。ごく数名ですが、新しい戦友が集まって頂きました。

「無休憩でどこまでゲームを回せるか」
⇒ 成功。各々が体調管理を調節出来ていれば、20人程度でも無休憩ゲームは十分実施可能。


「フラッグ戦は果たして飽きるのか」
⇒ 成功。スタート位置の変更程度は必要なものの、フラッグ戦なら何度やっても飽きない。多分100戦やっても平気。



数少ない課題としては以下の通り。

・運営の仕事をほぼ一人で全て行っていたため体力が続かず、自分自身があまりゲームに参加出来なかったこと。
・余興として取り入れた「リボルバー・エアコキリアカン戦」が現場での思い付きだったため、アラが目立ったところ。
・こんなに動きまくるへんたい一団をもってしても、「明かりの無い屋外夜戦では動きが止まること」。



とりあえず、屋外の夜戦を面白くするには非常にレベルが高いことを身をもって実感しました。
ライトやサイリウムを付けては単なる劣化デイゲームになるので、夜戦ならではの暗闇ドキドキを活かしつつ「動いたもの勝ち」なルール・・・か。

真っ先に思い付いたゲームは、御殿場で一度だけ行った「セミオート センターフラッグ戦」。
誘蛾灯の如く集まる人。これしかない。これに得物を「エアコキ限定」にすれば多分完璧。さすがはスミさんだなぁ(←発案者)。





何はともあれ、とりあえず全員倒れもせず無事に当日を終えれたので良かったです。
(一部、翌日以降「ヒィヒィ」言っているとの報告がありますがw)。
色々と「良い結果」が得られたので、「喜々」として「次」に生かしたいと思います。





反省会=「南京亭 瑞穂店」。「頼みすぎて後悔する」店、ベスト1位。

肝心の「次」の3Fの集いは、8/11(月)の「OPS貸切 無制限&リアカン 戦」になります。
なんか150人くらいなら回せそうな気がしてきた。  

Posted by F-03 at 21:54Comments(2)貸切レポ

2014年07月09日

【ゲームレポ】14.07.06(日) 武者修行 時々偽業界人 @ HEADSHOT

F-03 です。
戦友からのお誘いにより、ヘッドショット定例会に参加しました。



■全体の状況■

人数=100名前後
気候=日差しが無くて命拾い


久々に千葉フィールドでの通常定例会に参加。
珍しく人が少ないとのことで密かに「アタリデー」を期待しておりましたが、生憎噂通りに「硬い」「空撃ち」の報告が多数。
何故か妙に安心しました。

ただゲームの回転は早いのでいいですね。10分ゲームで計16ゲーム。
疲れた身体ではついていくのがやっとでした。



-ゲームの展開-

この日はほぼ終日赤軍(敵軍)が圧倒的に優勢。
展開速度は全体的には遅めなものの、ゲームによっては早い時もちらほらあり、しかし遅くとも早くとも赤軍が連戦連勝。

内容としては両軍共に「特にどこのチームが強い」とかはさほど見受けられず、単に総合的なバランスが赤軍に傾いていただけと見受けられます。赤側にアレの報告は多めでしたが。

ただ、終盤では黄軍(自軍)が盛り返して勝利を収めることもあり、それからは開幕ダッシュしたり声を出し合って連携する様子が見られましたので、一体感については黄軍の方が上だったことでしょう。





■今回の戦友■

・開始前から疲労困憊の男性陣





■個人的な動き■







メインアームは「甲冑&タネガシマ」、時々「トラメガ&ストーナー」。

基本的には甲冑装備と寝不足のために行動は遅め。
ただそれがいいのか不思議と戦果はほどほどに良く、いくつかはフラッグまで肉薄することも。

時々トラメガとストーナー(6000発装備)を持ち込むものの、他のフィールドと違い弾幕の必要無いフィールドなので全く役に立たず。
しまいには建物の中からトラメガで叫んだために味方がびっくりしてしまったようで、まさかのトラメガ禁止令が発動。これはレギュレーションに書かれてしまうなぁ。



・甲冑、フラッグに迫る。





・黄軍、ノリノリ







・・・で、当日UPで有名なHEADSHOTさんの写真はまだでしょうかねぇ。



反省会=「ガスト 酒々井店」

さ、いよいよ待ちに待った「ガスブロ祭り」だ!
台風?金曜の間に通り過ぎるさ。  

2014年07月08日

【イベントレポ】14.07.05(土) (自主規制) @ BH主催AGITOガス会

F-03 です。
バーストヘッド様主催の「ガスブロ野郎祭り」に、部外者ですがお邪魔させて頂きました。



■全体の状況■

人数=120名前後。おかしい、確か定員が(自粛)。


実施したゲームは、最初が「復活30カウント付殲滅戦」で他は通常の定例会と全く同じ内容。
この他、昼にこういったイベント恒例の抽選会(20分)が実施された以外は、極々普通の定例会でした。



-ゲームの展開-

赤軍に所属。
展開速度は両軍ともに非常に遅く、苦労せずに要所を確保出来る状況。
が、自軍の足も非常に遅いためいくら先手で要所を抑えても状況に変化は無し。

ゲームの回転もイベント回しとのことで、終始ゆったりしたゲームでした。





■今回の戦友■

・いわゆる「へんたい」一族





・同じ境遇の「一般公募」 勢







■個人的な動き■

メインアームは銀ガバこと「M1911 マークⅣ ニッケルフィニッシュ」。
雨で気温が下がっているハズなのに、これがまたすげぇ快調に動くこと動くんです。こいつぁとても気持ちいいぜ。

良くも悪くも全体的に動きが非常に遅いため、単独で速攻するのが非常に楽。
序盤で声出しがほぼ無意味なことを悟ったので、中盤以降はひたすら単独速攻しかけてました。いや~、久々に調子良かった。



・序盤の自軍の様子

見所=復活1回目の時の人数・声出し後の自軍の反応





・銀ガバの猛攻

見所=銀ガバの作動性







~所感~

(自主規制)





二次会=九龍 戦闘市街区(満員欠場)
三次会=某 近所のキャンプ場

翌日はHEADSHOT定例会に行きました。睡眠時間は1時間。  

Posted by F-03 at 23:44Comments(0)イベントレポ

2014年07月04日

【ミニレポ】14.07.04(金) 刻まれた痛み @ 九龍フリーゲーム

F-03 です。
会社帰りにまた一戦。


■全体の状況■

人数=12名前後
実施内容=殲滅戦



■個人的な動き■

九龍パック(デリンジャー+USPエアコキ)でプレイ。Wegener(つっきゃげ)氏も参戦。

半袖薄着での電動ガン弾をモロに被弾して以降、被弾の痛みを記憶してしまい身動き出来ず。
所々ではなんとかKILLを取れたものの、交差点や曲がり角より先には進めず戻れずで立ち往生。そして結局どこからか撃たれる。

不思議なもので、こんな時に限って何故か電動長物で連射するタイプとばかりかち合ってしまったので余計に硬直してました。せめて足さえ元気であれば・・・。



さて、明日の7/5(土)はバーストヘッド様主催の「ガスブロ野郎祭り」・・・。
選択を誤った感しかしねぇ。  

2014年07月03日

【ミニレポ】14.07.01(火) 平日は強し @ 九龍フリーゲーム

F-03 です。
会社帰りに、軽く一戦交えてきました。意外に平日に遊びに行けないもんだなぁ。


■全体の状況■

人数=15名前後
実施内容=殲滅戦



■個人的な動き■

メインアームは「USP(エアコキ)」。

序盤はデリンジャーを使用していたものの途中でガス切れで使用不可に。
その後はUSPで頑張るものの、まさかの0KILL。

やってみて実感。平日の方は上手い。
きっと「適正な人数」・「休みが変則的だからこその真剣勝負」・「群れない。けど歩調は合わせる」など、週末組とは色々と違う環境ならではの遊び方による影響なのでしょう。



デリンジャーとか使ってる場合じゃなさそうだ。  

2014年07月02日

【ミニレポ】14.06.29(日:夜) 気分は城攻め @ 九龍フリーゲーム

F-03 です。
晩飯「からの」三次会突入です。

■全体の状況■

人数=満員御礼
実施内容=いつもの殲滅戦



■今回の戦友■



PHOTO:九龍スタッフ



■個人的な動き■

メインアーマーは引き続き「甲冑 with タネガシマ」。入場からまさか5分で甲冑着込めるとは思わなんだ。

ルート選びさえ間違わなければ、こんな装備でもなんとかヒットは取れました。やはりどれだけ慎重になれるかどうかが全てですね。動画が無いのが悔やまれる。





次の予定は以下です。
5日(土:昼)=AGITO ガスブロ野郎祭り
5日(土:夜)=九龍 戦闘市街区 フリーゲーム
6日(日)=HEADSHOT 定例会  

2014年07月02日

【ゲームレポ】14.06.29(日) 仮装大将 @ OPS-無制限

F-03 です。
知人一派が集結とのことで、OPSに行ってきました。



■全体の状況■

人数=約80名
気候=ラスト以外は奇跡的に晴れ



-ゲームの展開-

実施ゲームはほぼフラッグ戦。
特殊ゲームは多分久々の大将戦くらい。

まずチーム分けの段階で知人一派が概ね両軍に分割。
そのためか開幕から丘で知人一派での潰し合いになることが多く、そこから生き残った側(ほぼ黄色開始側)がOPS王道パターンで押し切る…と言う図式が主。

そんな中、この日はどうやら前線まで上がれないルーキーが多かったようで、前線確保からの押しの一手が弱かったのがこの日の印象です。



■今回の戦友■

ある意味、某大尉より付き合いは長いかもしれません





毎度心にリサ(ry) PET





業界用語的には「一般人」





巨(ry)





痛銃士





EX-Stage 組





意外と無い組み合わせ





諸々大集合






・・・ホントに勢揃いw



■個人的な動き■







PHOTO:ちゅんty・・・すぱろー さん。
いや~、いつも見事に当時の姿を「切り取ったかの如く」綺麗に撮ってくれますよ。



メインアーマーは「甲冑 with タネガシマ」。
遂に行くところまで行ってしまった感満載。全部日清○品のせいだ。

肝心の動きとしては、ほぼ徘徊乙。捻挫はさて置き、兜がとにかくツラい。
帷子(かたびら)部があちこちに干渉してしまうので首の稼働範囲が非常に狭く、特に首を上向きにすることがほぼ出来ないために屈みながらの移動が出来ず、ほぼ棒立ち。

逆に兜さえ脱いでしまえば意外に動けるので、とにかく頭だけどうするかが今後の課題。
まぁその前に先ずは足の完治ですが。



・何の変哲も無い「2KILL⇒DEATH」の様子(ゲーム開始3分後より)







・・・某日○食品のCMには限りなく遠い。





■コスプレ レビュー■ (以下、長文)

元々「ガチ装備」について全く興味が無かった私ですが、今回初めてそんな装備をしてみたので感想を。

一言で言えば「動けない」。
装備の重さもそうですが、各装備の装着による可動範囲の狭さと瞬発力において非常に制限がかかってしまいます。具体的に言えば「顔が動かせない」・「腕が回らない」・「ダッシュが遅くなりすぎる」等。
装備によってはむしろ、下手に転倒すると「装備品が体に刺さる・めり込むなどの危険もあるでしょう。
ともなれば、戦い方も必然的に「動かない」スタイルが基本となり、動き方もほぼほぼ「型にハマった動き方」を取らざるを得ません。

「装備品の性能」によって大きくアドバンテージが取れる実物と違って、どうしても「ゴッコ遊びの一環」でしかないサバゲーでは文字通り「自己満」だけが全て。
ともなれば、それを補うために「得物の火力」と「連携によるカバーリング」が必要となるので、そういった意味ではコスプレ重視の方が「電動ガンを基軸にした遅延戦闘」を取るのはごくごく自然な流れなのでしょう。


あと個人的に怖いのが「被弾の感覚」。
甲冑の場合は被弾したらいい音が鳴るのですが、当然感触は体には全く伝わってきません。
ともなれば、全力で動いている時やフルオートで一斉射撃している時はそれらが一気に鈍くなるので、被弾に気付かないということも多分に出てくるのではないかと思ってしまいます。

今のところ、知人の大半が敵だった今回においてゾンビの指摘が無いので大丈夫かと思っていますが、今後も普段以上に細心の注意を払う必要がありそうですね。





まぁ、イカレ甲冑野郎と最新米兵装備を一緒にするなって話ですが。





二次会=「千年の宴 新百合ケ丘店」
三次会=「九龍 戦闘市街区」  

Posted by F-03 at 00:11Comments(0)ゲームレポ OPS